焚口の近くで焼成したため、強いこげが印象的。