荒土の豪快さの中に優しさを感じさせる茶碗である。夕焼けの赤に少しは近づくことが出来たか?