偶然、嗤いの抜けが出た。この不景気な時代を吹き飛ばす嗤いの酒を飲みたいものだ。