正面は榎肌風のカセ胡麻。裏面は紫蘇色。胴が緩やかに張りながら立ち上がった碗形の茶碗である。