« 秋霖 | トップページ | 9月30日 »

2016年9月29日 (木)

埦が好き

 埦は器の基本形であると同時に焼き物の基本であると思っています。

 そのシンプルな形に特に惹かれるのはなぜでしょう。なんのてらいもなく手のひらを合わせた形である埦の形が好きです。

 埦を手にした時の想いは、かつてよく訪ねた京都の北の端にある禅寺「正伝寺」の庭に向かった時の気持ちに似ています。

 白砂にサツキの植え込み、低い土塀の向こうに比叡山の借景。ただそれだけの単純な庭ですが心を無にして対峙すると自然に心が投影されていくのを幾度となく経験しました。

 シンプルな埦もまたそれを手にした時に人の想いや温もりが伝わって無機質な埦がいろんな表情を見せてくれます。

 造り手の想いはいろいろありますすがその想いは器に封じ込めて使い手の心が投影される器を造っていきたいと思っています。精進、精進。。。

P1030198w880

|

« 秋霖 | トップページ | 9月30日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。