« 窯変花生け―修業時代の作品? | トップページ | クチナシの花 »

2016年6月 1日 (水)

屋形舟香炉ーその2

 今日は、空気が入れ替わって爽やかな北風が吹き抜けています。

 散歩をしても草刈りしてもあまり汗をかきません。梅雨入り前の最後の爽やかさでしょうか???

P1020310v800P1020311w800

P1020313w800

 

 

 今日のテーマの屋形舟香炉は、先日紹介したものよりやや大きめです。

 こちらは船頭さんの竿も備前焼のオリジナル。屋根を外して香を置きます。

 テレビで時代劇ばかり見ているのでこんなイメージが出来てしまうのでしょうかね~。

 落柿窯作「備前屋形舟香炉」。

P1020300w800


 今日は、おまけとしてテーマとは別に展示室の湯呑みコーナーの写真をアップします。良い景色です。

 落柿窯作備前湯呑み」。

P1020305w800
P1020306w800

|

« 窯変花生け―修業時代の作品? | トップページ | クチナシの花 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。