« 胡麻のぐい呑み | トップページ | 酒盃-お酒を呑みたい気分です »

2016年5月 9日 (月)

擂鉢型小鉢

 日本列島に沿うように太平洋側に延びる前線の影響で梅雨の様な雨が降り続いています。ほとんど止み間が無いので雨量も多くなってきました。畑や田圃に水が浮いています。

 天気予報では明後日までこんな天気の様です。その後の晴天には否応なく草刈が待っています。

 今日は湿度が高くて轆轤挽きした素地が乾きませんが、ちょっと思うことがあってこんな丸い壺を挽きました。明日仕上げが出来るかな。

P1010989w800
 さて、話は変わりますが、このところの作品紹介は酒器が多かったので、この記事では料理を盛る器の紹介にしました。主の好きな形である擂鉢型の小鉢です。

 主は擂鉢の形が好きで良く造っています。かつて擂鉢は家庭の必需品でしたが今ではその需要はほとんどありません。お花を活ける水盤替わりになる程度です。

 台所では和え物造りに小さな擂鉢が今も活躍しますね。

 今日紹介する擂鉢型小鉢は和え物を入れたり煮物を入れたりするのに丁度良い器です。

 形に和の雰囲気がありますから和食の一品を盛る器にお使い頂くと良いでしょう。

 落柿窯作「備前擂鉢型小鉢」。

P1010987w800

|

« 胡麻のぐい呑み | トップページ | 酒盃-お酒を呑みたい気分です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。