« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

遊び心で―トトロの香炉

 今日は、昨日と違って汗ばむほどの初夏の陽気になりました。庭の緑が綺麗です。

P1010843w800


P1010842w800

 今朝、朝食時に突然前歯が折れました。嫌なことは続くものですね。行きつけの歯医者さんに駆け込んで応急処置をしてもらいましたが連休明けから本格的に治療です。これを最後に立ち直りたいですが、、、はたして、はたして、、、。

 さて、重い気分を変えるには遊びが一番です。、、、といっても何も出来ません、、、。

 そこで、遊び心がいっぱいのトトロの香炉を出してきました。

 主が好きな宮崎アニメの「隣のトトロ」が題材です。大口を開けたトトロの口に香を置きます。

 落柿窯作「備前トトロの香炉」。こんな楽しい遊び心もいいのでは、、、。

P1010832w800

| | コメント (0)

2016年4月29日 (金)

季節の茶埦

 今日は、午後からから青空が見えるようになりましたが冷たい北風が吹いて気温が上がりません。仕舞いかけていたダウンを引っ張り出して着ています。初夏にしては寒い日ですが明日からはこの季節らしい気温に戻るでしょう。でも、朝の気温は低めの様ですから体調管理に気を付けてください。

 朝の散歩も夕方の散歩もいろいろ思いが交錯して辛い状態が続いています。主の心がこんなに柔だったのかと改めて恥じ入るばかりです。

 先日から姉の助けを借りで家の中を片付けています。今日も昼食をはさんで作業でした。おかげで随分綺麗になって来ました。網戸を張り替え障子も張り替えました。後は畳を張り替えてエアコンを新しくすると使える部屋が一室生まれます。

 さて、今日から連休が始まりました。この連休は比較的晴天が続くようです。山が嗤いだしたこの季節、茶箱を持って緑の中に入るのもいいし庭での野点もいいですね。

P1010831w800

 そんな時にこんな茶埦は如何でしょう。

 落柿窯作「備前茶埦」。

P1010827w800


 

| | コメント (0)

2016年4月28日 (木)

備前丸鉢

 今日も雨が降ったり止んだりで肌寒い日になりました。昨日からの雨で轆轤挽きした素地が乾きません。天気のことなので仕方ないですね。

P1010819w800

 今日は轆轤挽きを控えて叩きで長方板皿を造りました。これなら仕上げが不要なのでゆっくり乾くのを待つだけです。

P1010818w800

 ところで、展示室にこんな丸鉢がありました。今回の春の窯でf出た作品です。ただ真ん丸で極めてシンプルです。実際に使うにはシンプルな形が一番使い易いです。

 サイズは18センチほど。多用途に使えるので便利でしょう。胡麻も綺麗だし緋襷もいいです。

 落柿窯作「備前丸鉢」。

P1010816w800


 叩き製作の合間にシンプルな丸鉢を一つ挽きました。この丸鉢も焼成後は六寸ほどになるはずです。

P1010817w800


 夕方、散歩の途中で雨にあいました。冷たい雨です。身も心も冷えました。

 明日は晴れるでしょうか。。。

P1010822w800

| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

雨の日

 冷たい雨が降っています。草木にとっては重要な育ちの雨です。

 主は今日もリハビリを続けていますが心の痛みがなかなか消えません。人の心って不可思議ですね。

 蹲のアヤメが綺麗です。

P1010813w800


 今朝も雨が降り出す前に草を刈りました。その後は轆轤挽きで心のリハビリを続けていました。集中して挽かないと造れないビールカップで。。。。。

 リハビリはまだ暫く必要になりそうです。

P1010807v800

 気分を変えます。

 今日の作品は丸板皿です。この皿は叩きではなく轆轤挽きで造っています。高台も付いています。サイズは27センチ。八寸に少し足りないサイズですがいろいろ使えますよ。

 落柿窯作「備前丸板皿」。

P1010778w800

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

割り木崩れる

 今日は暑い夏日になりました。夕方散歩から帰ってみると割り木の山が一部崩れていました。急遽積み直しましたが、車か人に被害が無ければ幸いです。特に何も言われていないので大丈夫だとは思うのですが、このところの地震のニュースを聞く度に展示室の作品棚や割り木の山が気になります。

P1010773w800


 ところで、今年は初夏の花がいいですね。咲き始めた庭のスズランを一輪摘んで工房の掛け花生けに活けました。スズランの香りが漂って危うい心を癒してくれます。

P1010781v800

| | コメント (2)

2016年4月25日 (月)

ただいまリハビリ中です

 ワンちゃんが去ってわかったことは、ワンちゃんが飼い主さんの顔が見えなくてが寂しかったように、主もワンちゃんの顔が無くなって寂しさがつのります。主がワンちゃんの面倒を見ていたというより主の方が随分癒されていたようです。

 動物の癒し効果というのは絶大なのですね。

 この2ヶ月間は朝、昼、夜とずっとワンちゃんと一緒でしたし、寝る時は主の布団にもぐりこんでいましたからワンちゃんの温もりが消えて一層寂しいのでしょう。

 でも、現実にワンちゃんはもういないわけですから早く日常に戻らねばなりません。

 今、そのためにリハビリ中です。

 草刈りしたり、畑を耕したり、陶芸仕事に集中したりして身体を動かしていますが少し時間がかかりそうです。

 茶室の前のコデマリがty丁度見頃です。茶室の風情と良く合っています。お近くの方は見においでください。

P1010745w800

 ところで、今年はいろんな花が早く咲いて花の状態も綺麗です。庭の緑も目にしみる季節。

 今日、障子の張り替えをお願いした親しい表具屋さんが、「こんな庭がいいね。庭にテーブルでも持ち出して美味しいコーヒーとお菓子を楽しみたいね」と言ってくれました。

P1010769w800

 今日は、その菓子を盛る菓子器を紹介します。

 落柿窯作「備前菓子器」。サイズは17センチほど。

P1010752w800

| | コメント (0)

2016年4月24日 (日)

スズランの季節

 気が付けば 早くもスズランの季節になっています。

P1010754w800


 気にかかるワンちゃんの思いを紛らわすには身体を動かすのが一番と、昨日も今日も草刈りしてました。

 その合間に、こんなお皿も造っています。

P1010760w800 春の窯から出たこのお皿も同じ型で造ったものです。

 落柿窯作「叩き四方皿」。

 サイズは15センチ×15センチ。

P1010751w800

| | コメント (0)

2016年4月23日 (土)

後悔しています

 今日、落柿窯のマスコット犬になっていたワンちゃんの飼い主さんが迎えに来て主とワンちゃんとの一人と一匹の暮らしが終わりました。

 ただ、お預かりした時の状況が改善されないままのお返しだったのでこれからのワンちゃんの暮らしをを考えるととても後悔しています。

 今日、お迎えに来ていただいたのはワンちゃんが飼い主さんと離れて元気が無くなり食事の量も従来の半分以下に減って心配になったからですが、これからのワンちゃんの生活を考えると果たしてお返しして良かったのかどうか心が痛みます。ワンちゃんとしては飼い主さんと一緒の暮らしが一番なのでしょうが、聞くとあまりに過酷になるようでとても心配です。

 ワンちゃんが帰った後のこの寂しさは何なんでしょう。

 とにもかくにも、今はワンちゃんの幸せな暮らしを祈るだけです。

小雨の中で咲くコデマリ、アヤメが心にしみます。

P1010745w800


P1010747w800

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

素敵な酒注

 今日は汗ばむほどの陽気でした。昨日の冷たい雨が嘘のようです。この季節は晴れると初夏の様ですね。

 今日の陶芸教室でメンバーのKさんが春の窯から出た酒注に手を付けてくれました。素敵な手のおかげでとても素敵な酒注になりましたよ。。これで価値が何倍にも上がります。

 落柿窯作「備前手付き酒注」。

P1010735w800


P1010740w800


 今日は何故かとても寂しい夕暮れになりました。

P1010742w800

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

村の行事―弘法の日のお接待

 今日、4月21日は弘法大師様の命日とされている日です。

 落柿窯のある村の大師堂は結構文化的価値の高いお堂でずっと村人の手で守ってきました。

 年間5回の行事を続けていますが、最近は村人の高齢化もあってこのまま行事を続けていけるかどうか検討することになっています。

 それはさておき、行事の内で今日の弘法の日は特に重要でお参りの方々にお接待をするのが習わしです。

 昨日の準備から始まって、今日は早朝6時から当番が待機しました。結局、3時間半ほどで数百人の方がお参りされ、お接待のお菓子やジュースが無くなったところで終了となりました。

 お参りして頂いた方々、ありがとうございました。これで大師堂の一番大きな行事が終わったことになります。当番の方々お疲れさまでした。

 今日は8時前から雨になり、お参りの方は足元が悪くて大変だったと思います。

 それにしても、地域に根付いた伝統行事の力強さには驚かされました。

P1010728v800P1010730w800

P1010732w800

P1010734w800


| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

新しい陶遊が届きました

 今日、新しい陶遊が届きました。

P1010723w800 今回の特集は「小皿、豆皿」。ちょっとしたお菓子をのせたり和え物を盛ったりするのに丁度良い大きさの皿達です。

 轆轤挽きや型造りや手造りで想いのままに造れるのでとても楽しいでしょう。

 今回の窯から出た落柿窯の輪花小皿もいいですよ。

 落柿窯作「備前輪花小皿」。

P1010725w800

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

素麺鉢ー夏が来る前に

P1010691w800


 コデマリの花の数が次第に増えて来ました。

 今日も初夏の様な爽やかな陽気でした。空は青く麦畑の上空では雲雀が囀って、畦道にはレンゲやクローバーが咲いて、白い菫も咲いて、、。何とも良い季節です。

 ちょっと動くと暑いほど、、、この時期に夏の素麺鉢を用意するのも良いのでは、、、ということで、今日の作品は素麺鉢を持ってきました。

素麺鉢といってもただの輪花鉢ですから多用途です。サラダでも煮物でも、もしくは菓子鉢としても使えますから一つあると重宝しますよ 

 落柿窯作「備前輪花鉢」。サイズは六寸(約20センチ)ほどです。

P1010688w800

| | コメント (0)

2016年4月18日 (月)

備前の酒器(徳利とぐい呑み)

 春から夏へ、、、。季節が変わっていきます。芽吹いた新緑が次第にその濃さを増してきました。人にはいろいろなことが起こっては消え、消えてはまた起こる繰り返しですが、自然は否応なく変わっていきます。自然と共に生きているとその都度いろんな心の動きがありますが時間は止められません。前を向いて進むしかありませんね。

 主は長年の怠惰な生活が一変して2か月が経とうとしています。この暮らしを楽しむことが一番なのでしょうが、まだ心と身体がそれについていきません。慣れるのにもう少し時間がかかりそうです。今はワンちゃんとの一人と一匹の暮らしを何んとかやっています。

 そんなこんなで、陶芸仕事が停滞気味ですが今までも怠惰な仕事ぶりだったのであまり変わったわけではありません。今まで同様ノンビリ遣ります。

 さて、今日の作品は、備前の酒器の代表である徳利とぐい呑みを持ってきました。特に、徳利は窖窯でしか出ない景色です。胡麻の表情が魅力的です。

 落柿窯作「備前徳利&ぐい呑み」。

P1010686w800

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

緑の風に吹かれて

 今日は雨上がりの良い天気になりましたが南風が強く吹いて新緑がまぶしいモミジの枝を揺らしています。この季節、新緑を抜けてくる風を緑の風と呼ぶのでしょうかね。

P1010674w800


 今日は午後から千客万来。友人夫妻が夏野菜の苗と手造りの草餅を届けてくれました。

P1010681w800P1010683w800

 入れ替わりに高校時代の友人が十数年ぶりにひょっこり訪ねてくれました。聞けば体調を崩していたということで、やっと落ち着いたから寄ってくれた由。健康を取り戻して何よりです。

 今日は強い南風で比較的涼しかったけれど、もし風が無かったらおそらく気温がぐんぐん上がっていたでしょう。そんな陽射しでした。初夏の様です。

 冷えたビールが恋しくなるのもこの季節から、、、。そんなこんなで今日の作品はビールカップを持ってきました。

 呑み口だけに緋色が付いて後は白地。とても爽やかなカップです。

 落柿窯作「備前ビールカップ」。

P1010678v800


 主が下戸で無かったらこんなカップでビールを呑みたいものです。下戸であることが悔やまれます。

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

備前大皿

 今回の春の窯で焼けた大皿の内の一枚です。全面に胡麻が掛かっていますが何故か黒い緋襷も見えています。面白い景色もさることながら、この大皿の特徴はその豪快さでしょうか。こんな大皿に一杯の料理を盛ると豪華でしょうね。

 落柿窯作「備前大皿」。サイズは38センチです。

P1010669w800


 今日も初夏の様な陽気でした。日に日に緑が美しくなっていくこの時期ですが九州地方の地震報道を聞くにつけ心が痛みます。

 熊本には従兄弟の家族が住んでいるし、九州には知人が何人もいるので心配が募ります。無事を祈るしかありません。

 ところで、茶室の前の小手毬が咲き始めました。加えてシロヤマブキが沢山の花を付けています。良い季節になりました。

P1010673w800

P1010672w800

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

山が嗤う季節

 昨夜の熊本県を震源とする大地震の発生で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

 一日も早い復興・復旧を祈ります。頑張ってください。

 この辺りは全く平穏で申し訳ないくらいです。季節も山嗤う時期になりました。近くの山が大きく盛りあがって見えるのもこの季節ならではです。

P1010655w800


P1010656w800

 今日は北からの少し強めの風はあるものの爽やか日和でした。

 金曜日は恒例の陶芸教室でしたが、Tさんの旦那様が体調を崩されて入院されたようでTさんは欠席でした。一日も早いご回復を祈ります。

 さて、今日の作品紹介は「どんぶり鉢」を持ってきました。今までもどんぶり鉢は幾度か紹介していますが、今日の作品は春の窯から出たばかりの新作で変わった景色をしています。サイズはどんぶりにしてはちょっと大きめなのでたっぷりの新鮮野菜を盛ってもいいと思いますが如何でしょうか???。

 落柿窯作「備前どんぶり鉢(サラダボールにも)」。

P1010660w800


P1010661w800


P1010662w800

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

流れ胡麻花生け

 今日は春の窯で出た豪快な流れ胡麻花生けを紹介します。

 落柿窯作「備前花生け」。豪快な胡麻が流れています。棚板にくっつくギリギリのところで出て来ました。

P1010648v800 反対側の景色はおとなしくてスッキリですが胡麻の表情が良いです。

P1010653v800

 こんな花生けに活ける花は何が良いのでしょう。

今、落柿窯の母屋の庭で咲いているのは紅白の椿、シロヤマブキ、ドウダンツツジです。どの花でも一枝活けると良いでしょうね。

P1010566w800


P1010564w800


P1010641w800


P1010638w800

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

一人と一匹

 今日は夕方から雨になりました。暖かい春雨です。。

 午後からいつもの病院で予約診療でした。結果は横ばい。少しずつ下り坂ではありますが気にせずいつもの通り元気です。

P1010633w800
 ところで、今日から我が家は主とアレ(お預かりしているワンちゃん・トイプードル7歳、名前はアレックス)との一人と一匹の暮らしが始まりました。今までは飼い主さんが一緒でしたが、これから当分不在のため一人と一匹の生活になります

 アレは今主の膝の上。少し寂しそうですが、それは主とて同じこと。仲良くしようね。

P1010635w800


 さて、今日の雨で芽吹いたばかり若葉の緑が一層綺麗になるでしょう。

 芽吹いたばかりの木の芽を添えて、、、こんな器を使っていただきたいと思います。、、、ということで、今日は24センチの皿を持ってきました。落ち着いた胡麻の表情が印象的です。。

P1010626w800

| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

柿の新緑

 落柿窯の次郎柿が芽吹きました。柔らかい黄緑色が初々しくて綺麗です。今秋も沢山の実を付けてくれると嬉しいですね。

P1010620w800

 今日も気温がやや低くてちょっと肌寒さを感じましたが、陽射しは強くて室内より外の方が良かったですね。

 今日は、一日中動いていたらちょっと疲れ気味です。事あるごとに歳を感じるこの頃ですが、気分はまだまだ青春の頃のまま。成長が止まったままです。このまま歳を重ねます。

 さて、今日の作品紹介は、、、芽吹いたばかりの新緑が良く合う輪花の皿を持ってきました。

 落柿窯作「備前輪花皿」。サイズは八寸ありますから、お料理を盛ると豪華ですよ。

P1010631w800

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

ッに工房の模様替え

い 昨日の初夏の陽気から一変して今日は冬に逆戻りです。冷たい北風が強く吹いて寒い日になりました。仕舞いかけていたダウンを引っ張り出して着ています。

 それでも散歩径の新緑は朝日に映えて眩しいし、川沿いの白い菫はいつもの春と同じく咲き誇っています。季節は確実に進んでいますね。

P1010612w800


P1010616w800


 今日は工房の模様替えをしました。このところ、主は右膝が悪くなって轆轤座に座れなくなっています。陶芸教室のメンバーも6人のうち4人までが座れません。そんなわけで、2基ある轆轤座の1基を外に出しました。今までもすでに1基は椅子用にしていましたからこれで椅子用が2基になります。落柿窯の轆轤は全部で3基あるので工房が少し狭くなりますが仕方ありません。

 早速、コンパネで泥避けの囲いをしました。

 落柿窯の窯も人も確実に歳をとっていきます。

P1010619w800_2

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

春の茶埦

 春が駆け足で過ぎていきます。それに伴って山が嗤い始めました。花に変わって新緑が美しい季節の到来です。

 この季節に生まれた主は四季の中で春が一番好きです。枯れ草の中から緑が芽吹く春は何物にも代えがたい力に満ちています。

 今日は主の誕生日。68歳になりました。26歳で病を得て以来、まさかこの年まで生きることが出来るとは思いもよらぬことです。生かされていることに感謝です。

 春も終わりになると決まって子規の歌が思い出されます。

 「いちはつの花咲き出でて 我目には 今年ばかりの春ゆかんとす」

 主もめぐり来る季節を精いっぱい生きたいと思います。

 茶室の前でシロヤマブキが咲きだしました。4弁の白い花です。すぐに散ってしまう儚さが何んとも言えない風情で好きな花の一つです。

P1010602w800


P1010604w800


 こんな花の季節に使いたい茶埦を紹介します。春の茶碗です。

 落柿窯作「備前茶埦」。

P1010608w800

 

| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

大島桜

 陶芸教室のみなさんが主の退職記念に植えてくれた大島桜が今年も満開です。白い一重の清楚な花が恥じらう乙女の様です。陶芸教室のみなさんに感謝です。

P1010590w800


P1010591w800


P1010593w800


 今日はとても温かくて、、、というより初夏の陽気でした。伸び始めた草を刈ったら汗びっしょりになりました。これからの草刈りが思いやられます。

 ホームセンターに行ったり草刈りしたりで今日は一日バタバタしてました。まあ、これも日常です。

 そんなこんなで、今日も作品紹介を。。。 

 今日の新作はコーヒーカップ&ソーサーを持ってきました。何の変哲もない普通のコーヒーカップです。それが特徴でしょうかね。肩ひじ張らずに普通に使えるのがいいですよ。

 落柿窯作「備前コーヒーカップ&ソーサー」。

P1010598w800

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

新しい飯埦

 春の嵐が去って、今日は時折曇るものの大方は爽やかな青空が広がりました。でも、昨日の嵐でソメイヨシノはほとんどが散ってしまったようです。後には遅咲きの八重桜と山桜が残りました。主はこれからの花見の方が楽しみです。

 春の花と言えば、和蘭の代表格である春蘭ですが、落柿窯の玄関の前で今年初めて花を付けてくれました。姉の所から小さな株をもらってきて初シーズンでの開花です。なんだか幸せ気分になりますね。

P1010582w800


P1010581w800


P1010580w800


 ところで、今日の新作紹介は飯埦です。ちょっと小振りですか白いご飯か良く似合う見込の色合いです。

 落柿窯作「備前飯埦」。

P1010586w800


P1010587w800

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

緋襷のカップ

 夕方から雨が上がって明日には晴れる予報です。それにしても春の嵐で結構な雨と風でしたね。春らしい天気と言えばそれまでですが桜の季節は晴れてほしいです。

 そんなこんなで日が過ぎていきます。主の廻りでも春の初めからいろいろあって楽しい日々が続いています。初めてのことばかりで戸惑いもありますが生きていて良かったというのが実感かな。

 ところで、連日作品を紹介していますが、展示室にはまだまだ紹介しきれないほど作品が溢れています。お近くの方は是非お立ち寄りください。宝探しの風情で楽しいですよ。

 、、、ということでまた作品の紹介です。今回は緋襷の湯呑みとバーボンカップです。白地に赤い緋襷が鮮やかに出ました。これも新作です。

 落柿窯作「備前緋襷カップ&湯呑み」。

P1010576w800

| | コメント (0)

茶埦-その2

 今日は終日強い雨。風も強くて春の嵐です。この雨でまた草が一気に伸びるでしょうね。晴れたら草刈り準備に入ります。

 さて、昨日紹介した茶埦と今日紹介する茶埦の2つが今回の窯の最大の成果です。この茶埦が取れただけでも落柿窯の可能性が広がりました。これからも精進あるのみです。

 落柿窯作「備前窯変茶碗」。

P1010570w800


P1010571w800_3


P1010573w800

 

| | コメント (0)

2016年4月 6日 (水)

茶埦

 この茶碗が出てきただけでも今回の窯焚きは大成功でした。多分、この胡麻の景色は2度と出ないでしょう。

 落柿窯作「備前茶埦」。

P1010495w800


P1010496w800


P1010498w800

| | コメント (0)

備前大鉢―用途は何?

 備前大鉢の用途はなんでしょう。大皿はいろいろ使えるけれど大鉢の用途が良くわかりません。造り手として情けない話です。

 メダカ鉢、花器以外に使い道がありますか??? 

 落柿窯作「備前大鉢」。

P1010549w800

| | コメント (0)

透かした菓子器

 春本番と言うより動くと暑いほどの陽気です。こんな日には爽やかな器を使いたいものです。

 春の菓子を盛る菓子器にこんな透かした器は如何ですか。

 落柿窯作「備前菓子器」。春の花を一輪添えていただくと一層引き立ちましうよ。

P1010551w800

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

備前焼の魅力ー壺と大皿

 備前焼の魅力は、今も昔も豪快な壺と大皿でしょう。落柿窯は小さな窯なのであまり大きな皿や壺は焼けません。勿論,大甕など論外です。今の主の力では精々こんなものかな。

 落柿窯作「備前壺」。

P1010554v800 落柿窯作「備前大皿」。

P1010547w800




| | コメント (0)

ぐい呑みいろいろ

 今回の窯で良かったものの一つにぐい呑みがあげられます。

 お花見に一升瓶をぶら下げて、懐にマイぐい呑みを忍ばせていくのも一興ですよ。

 落柿窯作「備前ぐい呑み」。

P1010512w800P1010515w800

P1010516w800





P1010517w800


P1010518w800


P1010519w800

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

輪花皿-花、花、花

 今日は雨上がりの曇り空。気温は高めでした。母屋の廻りをちょっと見廻すとあちらこちらで花盛りです。

 昨日の海棠に続いて、今日は茶室の横でドウダンツツジが一杯花を咲かせているのに気付きました。いつもより花の数が多いようです。

P1010529w800


 畑では矢車草がピンクとブルーの花を付けて綺麗です。

P1010533w800

P1010534w800


P1010535w800_2


 主の退職記念に陶芸教室のメンバーが植えてくれた大島桜が今年も開花しました。真っ白な花が清楚です。

P1010542w800


 畑の黄色い菜の花もいいですね。

P1010532w800


 今日の花の最後は、先日の窯から出た輪花皿。これも今日の花シリーズに加えました。

 サイズは21センチ×4.5センチ。菓子器に使うとお洒落ですよ。

 落柿窯作「備前輪花皿」。

P1010521w800


  何処もかしこも花盛り。主の誕生月ですが良い季節です。

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

庭の海棠

 暖かい日が続いています。今日は曇り空ですが、お山は桜色に染まっているのが分かります。春本番ですね。

P1010499w800

 我が家の庭の海棠桜が咲き始めました。この花も主が好きな花の一つです。年を追うごとに花の数が増えていくのが楽しみです。

P1010505w800


4月3日は主の子供のころには今日が雛祭りだったように思います。春休みの楽しみの一つでしたね。

 散歩をしていたら烏骨鶏が桃の木の下で遊んでいました。桃の木にも花が咲いて雛祭りらしい景色です。

P1010502w800


P1010503w800


 さて、今日は春の花が咲き揃ったところで一輪摘んで活けたい花生けを紹介します。

 野の花を一輪活けると最高でしょう。これも食卓に置きたい備前焼の一つです。

 落柿窯作「備前窯変一輪」。勿論、新作です。

P1010510v800

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

六寸輪花鉢ー菓子器にも

 今日は朝から抜けるような青空でしたが、午後から曇って天気は下り坂です。

 気温は高くて初夏の陽気。動くと汗ばんでしまいます。この陽気に誘われて近くの桜の名所(貴船山)に行って来ました。つい先日行った時は彼岸桜しか咲いて無かったのにいつの間にかソメイヨシノが満開になっていました。「3日見ぬまの桜かな」とはよく言ったものです。

P1010480w800


P1010488w800


P1010489w800


 ツツジも見頃でしたよ。お花に客が少なくて桜を独り占めでした。

P1010479w800


 桜を見てきたので桜餅を盛れる器が無いかと探したら、先日の窯から出たこんな輪花鉢がありました。サイズは六寸、上がりが二寸ほどです。

 何でも盛れる多用鉢ですが、特に、この季節は春の菓子を盛りたいですね。

 落柿窯作「備前輪花鉢」。

P1010491w800


P1010494w800

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

備前手付き鉢

 今日は終日雨模様。雨が降った止んだりを繰り返しています。外は少しばかり肌寒いのでせっかく咲き始めた桜もちょっと足踏みでしょうか。

 明日は天気が回復する予報ですが、その後はまた雨マークです。「春に3日の晴れ間なし」とか言われますが、3月の風と4月の雨が5月の花を咲かせるのですから自然の営みには自然のまま従いましょう。

P1010467w800
 

 今日は雨の中の陶芸教室でした。ちょっと肌寒かったのでストーブを付けると暑過ぎです。体調管理が微妙ですね。

 さて今日の新作紹介は「備前手付き鉢」です。どっしりした鉢なので花器(水盤)として使ってもいいでしょうね。

 落柿窯作「備前手付き鉢」。

P1010470w800

 

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »