« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

オリーブ園は春

 今日は、曇り空でしたが温かくて海辺の町の丘から眺める日本のエーゲ海は穏やかでした。P1010461w800


P1010466w800

 久しぶりのオリーブ園は春本番。桜が咲いて鶯が鳴いて爽やかな風がそよいで、、、何んとも気持ちの良い場所でしたよ。

P1010444w800


P1010447w800


P1010454w800

 その前に、、、いつものお店でいつものお料理を頂きました。いつもながらお刺身の美味しさに感動です。

P1010448w800

 今日は、3月の晦日。良い一日になりました。明日から新しい月の始まり。新しい年度の始まりでもあります。気持ちを新たにして頑張ります。

 さて、恒例の作品紹介は、、、今日は灰被りのぐい呑みです。灰に埋もれて全面に胡麻が付きました。ちょっと良い雰囲気です。

P1010468w800

| | コメント (0)

2016年3月30日 (水)

窯変ぐい呑み―窖窯の窯変

 今日は曇り空です。昼間は南風が強く吹いていましたが気温は高めでした。

 天気予報では、今週末から雨マークになっているのでその前に畑を耕しました。冬野菜が終わって2回目耕耘です。そろそろ夏野菜の苗を植える計画を立てる時期ですが遅霜の恐れがあるので実際の植え付けはもう少し先になります。

 庭の黄色い水仙が次々咲き、ようやく良い季節になりました。

P1010440w800


 さて、今日も話題は窖窯の窯変で、今日の作品はぐい呑みです。

 このぐい呑みも今回の窯から出た窯変の一つです。小さな作品ですが力強い胡麻と窯変の景色が良いですね。

 落柿窯作「備前窯変ぐい呑み」。

P1010435w800

| | コメント (0)

2016年3月29日 (火)

窯変掛け花生け

 今日は、薄雲りから曇り空へと変わりましたが気温は高めで穏やかな天気でした。

 川沿いの散歩径の白い菫が見頃です。

P1010410w800

 畑に残された冬野菜があちこちで花を咲かせています。黄色い菜の花が綺麗です。ただ、大根の花は何故か白いですね。

P1010419w800


 さて、今回の窯で何点かの窯変が出ました。登り窯でも窯変は貴重ですが窖窯に比べると窯変が出るのはさほど珍しいことではありません。

 しかし、酸化焼成で焼く窖窯では窯変はとても珍しい現象です。

 今日の掛け花生けは見事に窯変が出ています。ただ、残念なことに胴の下部に亀裂があります。落柿窯でこんなに見事な窯変か出たのは初めてなので亀裂を埋めて主が使います。

 今回の窯で落柿窯の可能性がまた少し広がりました。当分止められそうにありません。

P1010417v800

| | コメント (0)

草刈りの季節が来ました

 今日は薄雲り。春霞でしょうか。温かい日和です。

P1010413w800

 先日来不調だった草刈り機がようやく復活しました。どうやら濃すぎる燃料を入れたのが原因のようです。

 燃料を抜き、フラグを変え、キャブレターを調節して数日置いていたら今朝上手く指導しました。

 畑の廻りの草刈で試運転したところ全く問題がありませんでした。ひと安心です。

 これから草刈りの季節が始まるので草刈り機が潰れたら痛手でした。復活して良かったです。

P1010415w800


 気が付けばお隣の畑でユキヤナギが満開。春本番ですね~。

P1010414w800

| | コメント (0)

2016年3月28日 (月)

新作から―輪花鉢

 今日は、気温も高くて穏やかな春日和でしたが午後の急な雨いは驚かされました。でも、その後は穏やか天気が戻って夕方のワンちゃんとの散歩は爽やかでしたよ。

 ところで、今日も展示室でごそごそしていたらこんな輪花鉢がありました。勿論、今回の窯から出てきた新作です。備前らしい雰囲気が一杯の鉢です。

 多分、中に徳利が転がっていたのでしょう。力強い胡麻と鮮やかな緋襷が好印象です。サイズは八寸ほど。

 落柿窯作「備前輪花鉢」。

P1010406w800P1010408w800_2





| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

展示室

 整理できない展示室の様子です。落柿窯の展示室は宝探しの場所ですね。びっくりするほどのお宝が埋もれています。これが本当の掘り出し物ですよ。

P1010372w800


P1010374w800


P1010375w800

| | コメント (0)

スミレの季節

 今日は薄雲が広がってはいたものの時折差す陽射しは温かくて寒さは感じませんでした。

 散歩径に野生のスミレが咲いています。紫もあり白もあり。散歩が楽しくなりました。

P1010396w800


P1010394w800


P1010398w800


 ところで、展示室の作品群を整理しようと思っているのですが、何せ部屋に収納庫が無くて全ての作品を展示しているため雑然として上手く整理出来ません。整理能力の欠如を思い知らされています。

 それはともかく、展示室からこんな菓子器を持ってきました。六寸ほどの大きさです。胡麻と緋襷の景色が綺麗です。どんなお菓子を乗せましょうか。。。

 落柿窯作「備前菓子器」。

P1010403w800

| | コメント (0)

2016年3月26日 (土)

冬の名残り

 今朝は大霜でした。車の窓ガラスもカチカチに凍ってお湯をかけて溶かしたほどです。その代わり終日の青空で気持ちの良い日になりましたが気温は相変わらず低めで一日中寒かったですね。  

 でも、この寒さもそろそろ終わりでしょうか。明日の雨を境の春の陽気が戻るようです。ほっと一息です。

 庭ののサンシュユが黄色い花を付けています。青空に映えて何んとも清々しい春の絵です。

P1010388w800

 椿も次々咲いては落下して庭のあちこちはいろんな椿の落花で賑やかになりました。

P1010391w800


 昨日、今回の窯の作品の仕上げを完了して、今日はホット一息ついています。展示室はまだ雑然としていて、みなさんにご披露するには少し整理が要りますね。

 今回の窯では泡瓶、急須がいくつか焼けました。片手急須、逆手急須などいろいろです。

P1010376w800

| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

仕上げ完了

 今日はとても寒い日になりました。冷たい北風がビュービューです。工房ではストーブを焚いて陶芸教室でしたが、主は外で最後の仕上げ作業でした。磨いて水洗いです。水はさほど冷たくは無かったのですが、北風が冷たくて思わず首をすくめてしまいましたよ。

 それでも頑張った甲斐あって仕上げが完了です。その上、仕上げた作品は教室メンバーが全て展示室に運んで並べてくれました。教室のメンバーに感謝、感謝です。

 今日、最後に仕上げたのは大皿を含む皿類でした。どれも窖窯の酸化焼成のお手本のような綺麗な景色が出ています。

 今日仕上げた皿たちです。

P1010387w800


P1010384w800

| | コメント (0)

2016年3月24日 (木)

皿、鉢の景色

 今日は、寒の戻りでとても寒い日になりました。冷たい北風が強くて余計に体感温度は下がっています。気温は13度程度のようですから寒いはずです。この週末はもっと寒くなりそう。そして、月末になると気温は一気に20度を超えるようですから身体が付いていきません。みなさん気を付けましょう。

 ところで、iPhone紛失から一日たって少しずつあきらめ感が出て来ました。AppleからiPhoneSEが発売されるまで様子見です。

 さて、今日のように寒い日でも仕上げは続けています。随分遅れ気味ですからね。おかげ様で仕上げも後少しになりました。

 今日は、急須、泡瓶、皿、鉢類の仕上げでした。 磨いて水洗いすると綺麗な景色が現れたワクワク、ドキドキです。これだから窖窯は止められません。

P1010363w800P1010364w800






P1010365w800

| | コメント (0)

2016年3月23日 (水)

iPhone 紛失

 今日は、午後のお買いもの中にiPhone 紛失。夕方まで大慌てで対処しました。その為、午後は全滅。落ち込んでいます。まあ、自分の不注意ですからあきらめるしかないですが。。。

 警察には遺失物届を出しましたが帰ってくることは無いでしょう。当分携帯なしの生活です。従って、連絡は固定電話にお願いします。勿論、Eメールもショートメール(メッセージ)も受けられませんので悪しからずご了承のほどよろしくです。

 それでも、午前中はぐい呑みの仕上げが出来ました。ぐい呑みも景色は千差万別で仕上げていてもたのしいです。特に窯変らしき景色が出たのは嬉しかったですね。

P1010361v800


P1010362w800

| | コメント (0)

2016年3月22日 (火)

茶箱用菓子器(振出)

 今日は、少し気温が上がって過ごし易い春の日でした。陽射しが眩しくてサングラスが手放せません。

 今日も仕上げを続けていました。その中に備前焼では珍しい(?)茶箱用の菓子器~振出~がありました。

 お茶を楽しんでいる人にはすぐにわかると思いますが、これから気候が良くなって野山に茶道具を持ち出す時に重宝するのが茶箱です。この中に茶碗から帛紗、棗、茶杓、茶筅、茶巾、菓子器など全てが小振りで入っています。この中の菓子器が振出です。普通、小粒の金平糖を入れます。

 落柿窯では今回の窯で初めて焼ました。

 落柿窯作「備前振出」。

P1010359v800

| | コメント (0)

2016年3月21日 (月)

新作からー建水

 今日、仕上げた中に建水がいくつかありました。みんな良い景色でした。

 建水は茶道具の中でも一番格が下です。何せゴミ入れですから。。。でも建水が無いと茶の作法は成り立ちません。所謂、報われない縁の下の力持ちです。

 主は、そんな建水が好きで良く造ります。今回の窯にも当然入っていました。

 落柿窯作「備前建水」。抹茶用と言うより煎茶用です。

P1010354w800

| | コメント (0)

ただいま仕上げ中

 今日も冷たい北風が吹いていますが陽だまりは暑いくらいの春の陽気でした。

 今日も仕上げ作業が続いています。今日はカップ類が中心の仕上げ作業でした。

 落柿窯は小さな窯なので作品の数はそんなに多くはありませんが、独りでの作業はやはり大変です。それでも今日は驚くほど進みました。

P1010351w800

 仕上げが一段落したところで近くの桜公園へ。。。早咲きの彼岸桜は5分咲き程度。ソメイヨシノは蕾は膨らんでいるものの開花はまだ先のようです。

P1010348w800


| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

ワインカップ

い 今日は、冷たい北風が強く吹いて寒い日になりました。油断すると風邪をひきそうです。

 今日は彼岸の中日。こんなに寒いとやはり子規の句が思い出されます。

 「毎年よ 彼岸の入りに寒いのは」。子規の母上の口癖が元のようですが、まことに言い得て妙ですね。

 そんなこんなで、今日は帰省していた甥夫婦を送りがてら一緒に昼食を取り後は夕方までノンビリしていました。

夕方には村の行事である「春の中日看経」があり参加してきました。それ以外はもっぱらワンちゃんとの遊びでしたよ。

 というわけで、今日はワインカップを数本仕上げただけです。その中の一本がこれ。結構上品な景色ですよ。

 落柿窯作「備前ワインカップ」。

P1010345v800

| | コメント (0)

wine

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

緋色が綺麗です

 夜明け前の激しい雨が上がって今日はとても温かな晴天になっています。

 福岡からは桜の開花が聞こえて来ました。春まっ盛りの様相です。

 今日は、お昼前に京都の753さん夫妻が来窯されました。お逢いするのは昨年末の個展以来。お二人ともお元気そうでなによりです。

 落柿窯の後は小豆島に渡られるそうで春の小豆島を満喫していただきたいですね。それにしても、連休初日は車の渋滞が凄いようで随分時間がかかったそうです。

 その後、午後からは陶芸を熱心にやられていたNさんが急に転勤が決まったとかで転勤前の挨拶にみえられました。

 春は別れと出合いの季節。寂しくもあり、嬉しくもあり、、、ですね。

 そんなこんなで、今日の仕上げはビールカップを少しでした。その中から緋色が美しいカップを紹介します。

 落柿窯作「備前ビールカップ」。口辺部の下から鎬いでいます。

P1010343w800

| | コメント (0)

2016年3月18日 (金)

春の雨

 今日は、天気予報の通り午後から雨になりました。温かい春の雨です。

 近くにある道路脇のサクランボの花が満開になりました。今日は生憎の雨で日本ミツバチの姿を見ませんでしたが、いつもならワンワンと羽音が聞こえます。

P1010339w800


P1010341w800

 

 さて、今日の新作紹介は「マグカップ」。明るく焼けています。

落柿窯作「備前マグカップ」。

P1010335v800

| | コメント (0)

2016年3月17日 (木)

新作からー定番のビールカップ

 今日仕上げた作品の中に落柿窯定番のビールカップもありました。

 正面の胡麻が良い景色です。これから夏に向けて備前のビールカップは無敵です。

落柿窯作「備前ビールカップ」。

P1010317w800

| | コメント (0)

春爛漫

 今日は、終日、雲ひとつない快晴に恵まれました。温かい南風の影響もあって気温がグングン上がっていたように思います。

 サクランボの花が咲いて椿が咲いて黄色い水仙が咲いて、畦道にはハコベやオオイヌノフグリが咲いて、まさに春爛漫です。ちょっと動くと汗ばむほど。部屋の中より日向が良かったですね。

P1010323w800


P1010320w800


P1010330w800


P1010332w800

 今日も仕上げの続きです。

 今日は、埦類を磨いて水洗いしました。

P1010304w800 綺麗に酸化焼成した景色が並びました。

 飯埦も抹茶埦もいい感じです。

P1010307w800

P1010315w800

| | コメント (0)

2016年3月16日 (水)

花盛り―サクランボの花

 今日は、もっぱら曇り空で陽射しがあまりなかった分、冷たい北風が余計に身に染みました。

 しかし、気が付けばいつの間にかサクランボの花が見頃です。

P1010297w800


P1010299w800


P1010300w800


 この花に負けないほど工房にも花がいっぱいです。今日は輪花豆皿(銘々皿)を磨いて水洗いしました。

 工房の机の上は花盛りです。

P1010302w800


P1010301w800

| | コメント (0)

マスコットになれるかな

僕、アレックスです。今日カットしてもらったよ。これで落柿窯のマスコットになれるかな。Image


Image_2


| | コメント (2)

2016年3月15日 (火)

春なのに寒い一日-仕上げ中

 今日は、快晴の青空が広がりましたが北風が冷たくてダウンコートが無いと身震いしました。でも、この寒さも今日までのようで、明日からは春の気温に戻るようです。

 落柿窯の作品仕上げは、このところの寒の戻りも手つだって牛歩のごとくです。

 今日は手造りの皿を少し仕上げただけで終了です。ほとんどの作品が磨いて水洗いすると綺麗な表情を見せてくれますから仕上げ作業も張り合いがありますね。

P1010276w800 工房の棚には展示前の作品が並んでいます。どれも窖窯の景色そのものです。

P1010277w800




| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

新作から―輪花鉢

 今日、水洗いした鉢の中の輪花鉢です。この鉢も緋襷と胡麻が良い景色を造りました。サイズは22センチほど。上がりは7.5センチ。さっきアップした丸鉢より一回り大きいサイズです。この輪花鉢も多用途に使える鉢なので食卓に一つあると重宝するはずです。

 落柿窯作「備前輪花鉢」。

P1010270w800


P1010271w800

| | コメント (0)

、新作から―丸鉢

 今日、水洗いして仕上げた鉢の中にこんな丸鉢がありました。胡麻と緋襷が綺麗です。

 サイズは18センチ。上がりは6センチほどです。サラダボールにも、煮物入れにも、スープボールにも、、、そのほか何にでも多用途に使える丸鉢です。

 落柿窯作「備前丸鉢」。

P1010267w800


P1010272w800

| | コメント (0)

仕上げー続き

 今日は午前中冷たい雨。午後から天気は回復したものの冷たい北風が強く吹いて気温が上がりませんでした。

 この寒さの中で仕上げを続けています。今日は、埦、鉢類の仕上げでしたがまだまだ埦、鉢類は多くて当分かかりますね。

 今日は、寒くてこれだけで止めました。磨いて水洗いすると景色がはっきり表れて綺麗です。

P1010265w800P1010266w800


| | コメント (0)

2016年3月13日 (日)

落柿窯のマスコット

僕、アレックスです。わけあって、先日から落柿窯さんでお世話になっています。お礼に、落柿窯さんのマスコットとして頑張るので応援してね。

 今は、この写真のように毛がボウボウだけど、もうすぐカットしてもらうので美男子になった僕に会いに来てくれたら嬉しいな。

P1010262w800

| | コメント (0)

新作からー徳利

 今日、作品の仕上げをしていてこんな徳利が目にとまりました。

 窖窯で酸化焼成した焼上がりのお手本の様な景色です。この景色は窖窯の酸化焼成でしか味わうことが出来ません。各人、好みはいろいろですが、主はこの景色が好きです。

 落柿窯のような小さな窯でも良い結果が出ると嬉しいですね。

落柿窯作「備前徳利」。

P1010260v800

| | コメント (0)

磨いて仕上げ

 今日は夕方から雨になりました。早朝は青空だったのに次第に曇って一日曇り空。

 このちょっと肌寒い日に水漏れ監査を終えた作品の仕上げにかかりました。

先ず、サンドペーパーで汚れを落とし、その後、綺麗に水洗いします。人によってはお化粧を施すこともありますが落柿窯では素肌のままですよ。

 備前焼は水との相性がッとても良いのでっ水洗いすると見違えるように輝いてきます。食器などは使う前に水を含ませることが大切です。壺や花生けは花を活けてなくても水を入れてくといいですね。。

 今日仕上げた作品は、、壺や花生けと言った所謂袋物でした。

P1010257w800

| | コメント (0)

2016年3月12日 (土)

新作からーー輪差し

 今回の窯でこんな一輪差しも出ました。
小さな花が似合います。
落柿窯作「備前一輪差し」

Image

 

| | コメント (0)

新作からー八角鉢

 今日はあまりに天気が良かったので県北までドライブしました。なので窯出し仕事はおやすみでした。

 そんなわけで、今日は新作の紹介だけです。

 落柿窯作「備前八角鉢」。サイズは20センチ×7.5センチです。窖窯らしい景色がいいですよ。多用鉢に使っていただきたいと思います。

P1010253w800

| | コメント (0)

時期外れの節分草ー田殿神社

 今日はあまりに良い天気なので県北まで行って来ました。目的は、最近知った県北のパン工房
「そらのいえ」のパンをゲットすること、それにあわよくば田殿神社の節分草が見れたらいいな、、、です。
 残念ながら節分そうは終わって微かに一輪、二輪が残るのみでした。約二週間遅かったようです。

 もう一つの目的の「そらのいえ」のパンはぎりぎりゲットできました。もちもちで美味しいパンです。
 往復時間はきついけれど他に目的があれば立ち寄るのも正解ですよ。

 田殿神社と周辺の藪椿です。

Img_2569w800Img_2565w800_2


Img_2572w800

| | コメント (0)

2016年3月11日 (金)

新作からービックリの景色

 今回の窯で唯一びっくりしたのがこの景色でした。よくもまあ無事に出てきてくれたものです。

 落柿窯作「備前鶴首徳利」。

P1010225v800


| | コメント (0)

新作から―花瓶

 今回の窯には大きめの壺や大皿は入っていませんでした。壺類ではこんな花瓶が入っていました。
 ちょっと机の上や棚に置くのに丁度良い大きさだと思いますね。口辺部から肩にかけて付いた胡麻が自然で落ち着いています。主としてはバラを入れてほしいと思っています。

 落柿窯作「v備前花瓶」。

P1010235v800


| | コメント (0)

水漏れ検査終了

  今日は、午前中、陶芸教室のメンバーの手を借りて水漏れ検査を終えました。後は磨いて水洗い、、、それで完成です。

 これからは独りでノンビリ遣りますよ。

 今日の新作紹介は、、、バーボンカップです。別にバーボン用で無くても思いのままに使っていただけたらいいですね。

落柿窯作「備前バーボンカップ」。まあるい氷がころっと入ります。

P1010241w800


| | コメント (0)

2016年3月10日 (木)

水漏れ検査大詰め

 水漏れ検査も大詰めです。後はぐい呑みを残すだけになりました。
 今日の検査対象は大小の鉢でした。今日の作品は水漏れが無くて何よりでした。

P1010219w800


 それにしても、今日は気温が上がらなくて寒かったです。特に午後から寒くなってきましたね。この寒さは後数日続くようなので体調管理をお忘れなきように、、、。

 さて、今日の新作紹介は菓子器です。

 落柿窯作「備前菓子器」。サイズは18センチ。上がりは5センチです。窖窯の酸化焼成らしい良い景色です。

P1010227w800


| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

大雨

 今日は朝から冷たい雨が降り続いています。午後からは雨脚も強くなり大雨になりました。寒の戻りの大雨です。

 こんな日にいつもの病院の診察予約で午後から出掛けて来ました。今日は、思いの外診察が早く終わったのでこの時間にこのブログを書いています。

 今日の窯出し作業は大雨と病院行きでお休みにしました。明日は雨も上がるようなので作業再開です。
 そんなわけで、今日は新作の紹介だけになりました。

 今日の作品は徳利です。窖窯の酸化焼成のお手本のような景色になっています。

 落柿窯作「備前徳利」。

P1010217v800


| | コメント (2)

2016年3月 8日 (火)

新作から―瓢徳利

 今日、2つ目の新作紹介はこの瓢徳利です。今回の窯は、この瓢徳利を含めて全てが良い景色に焼けました。
 主が下戸で無かったらこんな徳利で酒を酌み交わしたいものですが。。。

 落柿窯作「備前瓢徳利」。

 P1010216v800


| | コメント (0)

新作から―九寸皿

 今日は、薄曇りの天気でしたが、気温は相変わらず高めです。天気予報では、明日は雨になり、その後、寒の戻りとか、、、身体がついていきませんね。体調管理をしっかりしましょう。

 今日も午後から作品の水漏れ検査をしていました。今日の検査では急須のいくつかに水漏れがありました。これからしばらく検査の日々が続きます。その後磨いて仕上げですから、みなさんにお披露目するのはずっと先になりそうです。
 その代わりに毎日何点か紹介していきますので悪しからず、、、です。。。

 今日の新作は平皿です。縁を輪花にして緋襷を楔状にしました。

 落柿窯作「備前平皿」。サイズはほぼ九寸。正確には27,5センチ.


P1010215w800


| | コメント (0)

2016年3月 7日 (月)

新作から―平鉢

 今日、窯出しした作品の水漏れ検査の作業中にこんな平鉢が目にとまりましたので紹介します。
 サイズは22センチ×4センチ。丁度7寸平鉢ですね。

 落柿窯作「備前平鉢」。料理の器にも菓子器にも使えます。あなただったら何を盛りますか???

P1010210w800_2

| | コメント (0)

水漏れ検査

 今日は、春を通り越して初夏の陽気になりました。日向で仕事をしていたら汗ばんできましたよ。
 春を待ちこがれていたら、いつの間にか土筆が伸びて、スミレが咲いて、春まっ盛りです。

P1010213v800


P1010211w800


 今日も昨日に引き続いて水漏れ検査でした。今日の作品はカップ類です。検査すると、何故か水が漏れだすものがあって目視では見えなくても小さな傷があるようです。今日はカップ全ての検査は出来ませんでしたが2/3程は終わりました。
 カップ類を並べると窖窯の酸化焼成がよくわかります。

P1010207w800

| | コメント (0)

2016年3月 6日 (日)

新作からーアーモンド鉢

 食卓に置きたい備前焼の新作、アーモンド型鉢です。
 アーモンド型に変形した10センチほどの小鉢です。菜の花のお浸し、胡瓜とタこの酢の物など入れてください。

P1010205w800


| | コメント (0)

新作から―茶埦

 窯の正面にあった茶埦です。厚い胡麻が流れて景色を造りました。
 芸術的センスの無い主が鎬たのでこんな姿になりましたよ。

 落柿窯作「備前茶埦」。

P1010199w800


| | コメント (0)

新作からー埦

 今日は終日曇り空でした。今はまだ雨は降っていませんが今にも降りそうな空模様です。南からの生暖かい風が吹き込んで気温は高め。こんな天気は好きではありませんが、こんな日もあって自然は成り立っています。

 今日は壺や花生けと言った所謂袋物bの水漏れ検査をしました。小さな傷から水漏れする作品もあってどうしてもこの検査は欠かせません。次は、湯飲みやカップ類の水漏れ検査です。

、 ところで、今日の新作紹介は碗にしました。大、中、小のいろいろな埦や茶碗、飯埦など多彩ですが今日の紹介は多用埦です。

 落柿窯作¥備前埦」。大、中、小の四つ揃いです。

P1010201w800


P1010204w800


| | コメント (0)

新作から―ビールカップ

 このビールカップも窯の正面にありました。手付きのビールカップを御注文頂いて造ったのですが思いの外小さくなっています。
 注文くださった方がこれでOKしてくれたらいいのですが、、、、。

落柿窯作「備前ビールカップ」。

P1010186v800


、、。

| | コメント (0)

新作から-掛け花生け

 今回の窯の正面にあった掛け花生けです。強烈な胡麻が流れて見事な景色を造りました。願わくば白胡麻を期待したのですが叶いませんでした。

 落柿窯作「備前掛け花生け」。

P1010191v800


| | コメント (0)

2016年3月 5日 (土)

窖窯の窯変

 落柿窯のように酸化焼成する小さな窖窯では熾を溜めないので所謂窯変が出にくいですね。
 しかし、落柿窯では一部に窯変が出る場所があります。
 今回の窯でも窯変らしきものが出ました。その一つがこの徳利です。ただし、多少のくっつきがありますが。。。。

 落柿窯作「備前窯変徳利」。

P1010192v800


| | コメント (0)

新作から―片口(酒注)

 暖かい日が暮れました。今後、時には寒さが戻る日もあるのでしょうが、暖かい春にましぐら、、、には代わりありません。
 これから暫くの間、少しずつ新作を紹介していきたいと思います。

 今日手に取ったのは片口。下戸の主が造った酒注です。夏に向かって冷酒、氷酒を注ぐのに良いですよ。

 落柿窯作「備前片口(酒注)」大きさは片手に馴染むほどです。

P1010182w800


| | コメント (0)

啓蟄

 今日は啓蟄。そろそろ虫たちが動き出すころとされていますが、今年は温かくて、今日は春を通り越して初夏の陽気です。
 この陽気に誘われてか、今朝は気球が飛んでいました。いつもは北風に乗るのですが、今日は南風流されていつもと反対方向に飛んでましたよ。

P1010178w800

 今日は、昨日の窯出しが応えたのかちょっと身体がだるいので無理をせずワンちゃんと休息です。明日から作品の手入れを始めるつもり。急ぐ予定も無いのでノンビリやります。

 

  それでも、少しずつ新作を紹介していきますよ。
 今日は、目に付いた銘々皿にしました。食卓では香の物を入れてり和え物を盛ったりしてもいいのでは、、と思いますが如何でしょうか、、、。

 落柿窯作「備前銘々皿」。

P1010185w800

| | コメント (0)

2016年3月 4日 (金)

窯出し

 今日は、陶芸教室のメンバーと窯焚きをお願いしたスタッフの一人のお手伝いで窯を出しました。
 1列目から5列目までしっかり焼けています。後は、数日かけてゆっくり検品しながら磨いていきます。これが結構大変な作業なので皆さんにご披露するのは少し先になりそうです。

 今日は、ちょこっと器を取り出しての紹介です。
 このところのテーマである食卓に備前焼を、、、に合いそうな器です。

P1010177w800


 左の器は「備前叩き四方皿」でサイズは20センチほど。菓子器にも盛り皿にも使えます。
 下の器は「備前輪花平皿」。こちらは18センチほど。ちょっとお洒落な優しいお皿です。
P1010175w800


| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

桃の節句

 今日は「桃の節句」。快晴で暖かく穏やかで絶好の雛祭り日和でした。
 お雛様好きの主は食卓に小さなお雛様を飾りました。桃が無いので今盛りの白梅を添えて。
 食卓にお雛様は似合わないけれど備前の一輪差しに白梅を入れて食卓を飾る、、、良いですよ。これも食卓に備前を、、、のテーマに合うと思いますね。

P1010157w800


P1010159w800


P1010165v800

| | コメント (0)

2016年3月 2日 (水)

食卓に備前焼を―小鉢

 今日から春になりました。散歩をしていても寒さはありません。明日からはもっと気温が上がるようで啓蟄を前に早くも虫たちが活動を始めそうです。
 明日の桃の節句は絶好の日和になるでしょうね。
 先日から我が家で預っているワンちゃんとも随分仲良くなりました。散歩が楽しいですよ。

P1010151w800


 それはさておき、今日の食卓に置きたい備前焼は小鉢です。10センチほどの小鉢ですが多用途に使えて大変重宝しますよ。写真は主が普段使っている小鉢です。

 落柿窯作「備前小鉢」。

P1010150w800


| | コメント (2)

2016年3月 1日 (火)

食卓に備前焼をー米櫃

 昨日の嵐が去って春が近づいて来ました。今日はまだ北風が冷たいのですが、天気予報では明日から一気に春めくようです。
 冬と春もせめぎ合いようやく春に軍配が上がりそうですね。
 工房の前にある紅梅がそろそろ終わりです。最後の梅の香をたのしんでいます。

P1010143w800


 ところで、今日の食卓に置きたい備前焼は、米櫃。これは食卓に置くことはできませんが台所に置いていただきたいアイテムです。
 主も使っていますがお米の劣化をある程度遅らせることが出来ます。サイズは2キロから3キロ程度入る大きさですから少人数の家族には良いですよ。
 落柿窯作「備前米櫃」。

P1010145w800


| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »