« 寒の戻り | トップページ | 備前小鉢 »

2016年2月25日 (木)

白胡麻

 今日は穏やかな晴天になりました。このまま春に直行してもらいたいですね。そんな中、何日か遅れて窯焚き疲れが出ています。残った割り木を積み替えたり、2日続けて街に出たりしたせいでしょうかね。
 昨日から散歩を再開しましたがまだ軽快に歩けないでいます。来週には窯出しか控えています。それまでには疲れも取れるでしょう。

P1010117w800


 窯の温度はようやくここまで下がりました。
しかし、この温度だと作品はまだ素手では持てないはずです。
 やはり窯出しは桃の節句からにします。


 


 ところで、先日見せていただいた「森陶岳大窯展」には白胡麻の作品が何点かありました。
 落柿窯のような5メートル程の小窯でも時には白い胡麻が付くことがあります。胡麻の厚さは全く違いますが、、、。

 落柿窯作「備前花生け」。

P1010113v800


|

« 寒の戻り | トップページ | 備前小鉢 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。