« 備前焼の雛人形 | トップページ | 寒の戻り »

2016年2月23日 (火)

神の仕業???

 今日、森陶岳大窯展を見て来ました。
 85メートルというとてつもない大窯から出てきた作品が並んでいました。
 陶岳さんは「大窯には神が宿る」と言われていますが落柿窯のような小さな窯にもそれなりに神は宿るようです。
 先日の窯にも神が宿ってくれたでしょうか???それは窯出しまで分かりませんが、以前の窯で出たこんな作品があります。小窯でもそれなりに神の御加護はあるようです。

 落柿窯作「備前7寸皿」。

P1010090w800_2


P1010091w800_2


P1010092w800_2


P1010093w800_2


 眠りについている冷まし窯の温度はまだ100度を超えています。ゆっくり目覚めるのを待っています。

P1010096w800


P1010094w800_2

 ようやく残った割り木を積み終えました。次の窯焚きに使います。

P1010097w800_2

|

« 備前焼の雛人形 | トップページ | 寒の戻り »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。