« 落柿窯発季節の便り」 | トップページ | 寒波が去って春を待つ »

2016年1月26日 (火)

寒波が抜けてもやはり冬

 今日は、終日曇り空でした。大寒波もようやく抜けで、今日は陽射しが無くても気温はあまり下がっていません。でも、やはり冬は冬。冷たさよりも寒さを感じます。

 今日は、午後から従妹の福田さん(女流陶芸家)のお手伝いを得て窯を詰めました。今日詰めたのは2列目の4段目。後は最上部を詰めれば2列目は終わりです。

P1000889w800

 今日の作品紹介は岩肌を想わせる三角花生け。自然桟切りが効果的に付きました。

 楽修窯咲く「備前花生け」。

P1000894v800

|

« 落柿窯発季節の便り」 | トップページ | 寒波が去って春を待つ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。