« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

鴨の姿

 今朝の散歩で鴨の姿があまり見えませんでした。ほんの数羽がノンビリしていましたが、あの群れはどこへ行ったのかなぁ、、、。場所を移動したの、それとも渡ってしまったの、、、何れにしても、ちょっと寂しくなります。

P1000957w800


| | コメント (0)

Nさんの陶芸

 今日は春の様な温かさでした。
 午後からは曇りがちで少し肌寒くなりましたが、それでも穏やか天気です。
 午後、久しぶり(約2か月ぶり)にNさんが来窯。楽しい陶芸時間でした。
 工房は、紅梅が咲いて、藪椿が咲いて、若いNさんの来窯でまるで春でしたよ。
 今日は窖窯に詰めるNさんの小物作品制作。小鉢とヒラメの箸置きが完成です。

P1000973v800


P1000969w800


P1000971w800


| | コメント (0)

2016年1月30日 (土)

雨上がり

 今日は、雨が上がって終日曇り空。気温も比較的高くて春近しかと思うほどです。でも、まだ1月。このまま春にはならないでしょうね。
 昨日の温かい雨で紅梅が見頃です。しっとり潤った空気に混じって紅梅の香りが漂います。ほんの微かな香りですが何んともいい気分です。
 一枝手折って備前の花生けに挿しました。随分昔の作で「窯変旅枕花生け」です。

P1000953v800


| | コメント (0)

2016年1月29日 (金)

本降り

 久しぶりに雨量が多くなっています。とても1月に降る雨ではありません。春の雨です。雨の割りに気温も高目で寒さはありません。
 それでも、今日の陶芸教室は暖房を効かせていました。泥縄で轆轤挽きした素地の乾きを早めるためです。何んとか窯詰めできる数は揃いました。後は乾きを待つだけです。

P1000949w800


P1000948w800


| | コメント (0)

2016年1月28日 (木)

泥縄ー再び

 今日は温かい曇り空。夜から雨になりそうです。寒波が去って一気に春の天気に変わったのでしょうか。。。
 近くの川の鴨達はいつも群れていて渡りが近いのかもしれませんね。

P1000937w800


 今日は、いよいよ最前列の窯詰めに入りましたがやはり素地が足りません。一番下の段を詰めたところで急遽轆轤挽きを始めました。。またまた泥縄です。今週中には作品の数を揃えます。

P1000944w800
 そんなこんなで、今日の作品紹介は瓢徳利です。
 落柿窯作「備前瓢徳利」。

P1000945v800


| | コメント (0)

2016年1月27日 (水)

備前焼の狛犬

 昨日のニュースで話題になっていた神社に祭られている備前焼の狛犬の盗難については、この辺りの神社は随分前から軒並み被害を被っています。地元の八幡様の狛犬は随分前に無くなって、今では石造に変わっているし、散歩径にある八幡様の登り口の狛犬は一体が盗難に遭って台座だけが残っています。

 バブル期のころはなんでもお金になったようで、こんな罰あたりが横行していました。それが今でも続いているのでしょうね。日本人のモラルの欠如だけでは済まない問題。人間社会がある限り石川五右衛門が言うように盗人はいるのです。悲しいけれどこれが現実。盗品と分かっていても買う人がいる限りどうにもなりません。

P1000895v800

 台座だけが寂しく残されています。


P1000896v800


| | コメント (0)

今日の仕事

 両手がひび割れで傷テープだらけになっているのですが、今日は午前中薪窯のメンテナンス。午後から窯詰めしました。2列目終了です。明日からは最前列(1列目)にかかります。

P1000922w800


| | コメント (0)

寒波が去って春を待つ

 寒波が去って、今日は曇り空ながら春に近づいた様な温かさになっています。
 
 それでも春はまだ少し先。先日の寒波で主の指のひび割れがひどくなり痛くて轆轤が挽けません。両手で7か所のひび割れです。今、傷テープだらけ。温かい春が待たれます。

P1000926w800


P1000923w800


| | コメント (0)

2016年1月26日 (火)

寒波が抜けてもやはり冬

 今日は、終日曇り空でした。大寒波もようやく抜けで、今日は陽射しが無くても気温はあまり下がっていません。でも、やはり冬は冬。冷たさよりも寒さを感じます。

 今日は、午後から従妹の福田さん(女流陶芸家)のお手伝いを得て窯を詰めました。今日詰めたのは2列目の4段目。後は最上部を詰めれば2列目は終わりです。

P1000889w800

 今日の作品紹介は岩肌を想わせる三角花生け。自然桟切りが効果的に付きました。

 楽修窯咲く「備前花生け」。

P1000894v800

| | コメント (0)

2016年1月25日 (月)

落柿窯発季節の便り」

 今日の冷え込みは近年に無い程の低温でした。この季節の便りを発信しだして9年半になりますが、この間は比較的暖かくて近所の川面が凍ることはありませんでした。
 主が子供のころ、、、、50~60年前は川面が凍るのは当たり前で、小石を投げては遊んでいたものです。
それが、今朝は川面の所々が凍って鴨の居場所を占拠していました。これにはちょっと感動でした。冬はこうでなくては、、、と思う次第です。

P1000879w800


 しかし、この寒さも今日がピークのようで、明日からは次第に暖かさが戻るとのこと、、、この冬は早くも終わりでしょうかね。

 一方で紅梅が見ごろになってきました。春近しです。

P1000846w800

 紅梅を活ける花生けを探していたらこんな花生けがありました。随分以前、親しい作家さんの登り窯で焼いていただいたものです。
 落柿窯作「備前花生け」。

P1000868v800

| | コメント (0)

2016年1月24日 (日)

寒の満月

 今夜は満月です。澄んだ東の空に凛とした月が輝いています。綺麗というより神々しい姿です。この季節の月は空気が澄んでいることもあっていいですね。
 寒気が入って天気の崩れる恐れがあったので今夜の月が見られるかどうか心配でしたが、今スッキリ晴れた空に煌々と輝いています。最高の幸せ気分。でも寒い。。。

P1000872w800


 こんな夜には月見酒と洒落たいこところですが、下戸の主はどうしても美味い茶が飲みたくなるのです。

 今日は、スッキリした夜空に似合う拙の練り込み茶埦で茶を点てました。

P1000862w800


 それにしても、あまりに寒いので今夜はガラス越しに月見です。

| | コメント (0)

2016年1月23日 (土)

まるで泥縄

 今日は、午前中は不思議なほど穏やかな天気でしたが、午後になって時雨てきたと思ったら冷たい季節風が強まってぐんぐん冷えて来ました。天気予報の通り雪になるのでしょうか。。。

 今日も窯詰めの続きで2列目の下から3段目を詰め終わりました。詰めていて、やはり素地が足りません。3段目が終わったところで急遽ミニ花器を轆轤挽きしました。これを泥縄っていうんでしょうね。
明日、雪が降っているようなら一日休養日にします。

P1000849w800


P1000850w800


| | コメント (0)

2016年1月22日 (金)

寒の最中 春を待つ

 今日は、昨日に続いて穏やかな冬日和でした。週末からの強い寒波襲来の前に束の間の休息を頂いた感があります。
 陽だまりが嬉しい。紅梅の微かな香りが嬉しい。寒の最中に春を待ちます。

P1000839w800


P1000846w800


 今日は陶芸教室で落柿窯の窯焚きに向けて、今回の窯に詰める教室の作品造りでした。
 主は、今日も素地の追加製作で教室の合間に建水、菓子器を挽きましたよ。

P1000837v800


P1000838w800


 ところで、何んとか窯焚きメンバーが確保できたので窯焚き日程を2月15日火入れ、20日夕方終了に決めました。
 今回の窯焚きもいろんな方にお世話になると思います。みなさん、よろしく、、、です。

| | コメント (0)

2016年1月21日 (木)

窯詰めー続き

 今日は寒波も一段落。冷たい西風も治まって比較的暖かい日になりました。
 それでも今日は「大寒」。天気予報では週末にかけて一級の寒気が入るのと南岸低気圧が通過するのが重なって太平洋側でも大雪になるとのこと。充分気を付けましょう。

 今日の穏やかな天気を利用して窯詰めの続きをしました。ただノンビリなので、今日詰めたのは2列目の下2段目だけです。
 ゆっくりノンビリ楽しみながら月末までに詰め終わる予定です。
 窯に火が入るのは窯焚きメンバーの段取り次第ですが、2月の第2週目になると思います。

P1000824w800


 展示室にこんな徳利がありました。寒いのか首に赤いマフラーを巻いていますよ。

 落柿窯作「備前徳利」。

P1000825v800


| | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

窯詰め再開

 今日も厳しい寒さです。第一級の寒波襲来で普段は温かい瀬戸内でも今朝はうっすらと積雪でした。この寒さはもうしばらく続くようです。
 今朝の散歩は、所々雪の残る道を歩きながら真っ青な青空を眺めて気持ちが引き締まる思いでしたよ。

 この寒さの中でも鴨たちは群れて楽しそうだし、白鷺はやはり凛として気高い姿です。

P1000811w800


P1000809w800


P1000810w800


P1000812w800


P1000814v800


P1000805w800


 ところで、年明けから胃と大腸の内視鏡検査が続いて窯詰めが長く中断していたのですが、今日、ようやく再開しました。、、、といっても、まだ腸内細菌が完全に戻って無いようで、お腹のの状態がいまひとつということもあって再開初日は従妹(福田さん)の助けを借りで2列目の下を詰めました。明日からまたゆっくり進めます。

P1000819w800


| | コメント (0)

2016年1月19日 (火)

寒さの中で咲く

 大寒を前に本格的な寒波襲来です。勿論、気温はひとけた。時折、雪花が舞って思わず震えあがる寒さですが、何故か心はウキウキ。
 昔、雪の山に登っていたころが思い出されたりして、、、。

 こんな寒さの中でも紅梅はしっかりと花を咲かせています。思わず一枝手折って輪花の鉢に添えてみました。いい感じです。
 今週から来週にかけては強烈な寒波のようです。みなさんお気を付けください。

 P1000789w800
 落柿窯作「備前輪花鉢」。

P1000797w800


| | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

内視鏡検査

 今日は、一日入院で大腸の内視鏡検査をしてきました。幸いにもポリープも無く気になる所見も無かったのでひと安心です。それにしてもあの下剤には閉口しました。以前のり薬よりは飲む量は少なくて済みましたが最後には吐き気がして散々でした。あの薬がもっと飲みやすい物になればいいのにと毎回思います。

 そんなわけで、今日は朝7時に家を出て帰宅したのが午後7時。12時間の苦行でしたが何もなくて良かったです。

 昨夜は風雨が強く嵐でした。大寒を前に強い寒気が流れ込んで明日から本格的に寒くなるようです。みなさん体調管理を充分にしてこの寒さを乗り切りましょう。

 そんなこんなで、今日は花生けの紹介です。

 落柿窯作「備前竹節花生け」。梅の一輪でも活けて少しでも暖かさを呼びたいですね。

P1000775v800

 

| | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

冬の雨

 空気が湿りを帯びて来ました。そろそろ雨になりそうです。
 この時期に雨になるのは雪になる可能性が高くなります。まるで春先のようですね。事実、東京では雪の注意報が出されたようです。
 主は、明日、1日入院で大腸の内視鏡検査です。早朝出掛けることになるので雨が降っていると嫌でしね。

 今日は、午前中一輪差しを仕上げただけで後は明日の入院準備をしてました。検査で何も無ければ日帰りですが異常があればそのまま入院です。明日、ブログの更新が無ければ入院したのだと思ってください。よろしくです。

 ところで、先日は備前の運び水指を紹介しましたので、今日は置き水指をアップします。

 落柿窯作「備前水指」。

P1000745w800


| | コメント (0)

2016年1月16日 (土)

工房の花

 今日は終日快晴でした。高気圧が真上に来たのでしょう。どうやら明日から天気が崩れるようです。

 陽だまりではポカsぽかで、日向ぼっこでうつらうつらしてました。
 紅梅が咲いて、蝋梅が咲いて、水仙が咲いて、椿が咲いて、、、嬉しい季節です。
 工房に活けている水仙、蝋梅が香しい香りを漂わせています。紅梅の近くに行くと微かに梅の香りが。いいですね。

P1000761w800


P1000765w800


P1000767w800


P1000774w800


 これらの花を備前の花生けに活ける楽しみは最高です。

 落柿窯作「備前鶴首」。

P1000763v800


| | コメント (0)

2016年1月15日 (金)

小正月

 今日は小正月。松の内も今日までですね。かつては女正月とも呼ばれて、年末年始に多忙を極めた家の女たちがここにきてようやく休める時期だったようです。
今は昔で、もうそんな時代では無いけれど、今日で正月気分は完全に消え去りますね。
 小正月を祝って正月用の茶埦で茶を点てました。今年は、これでもうこの茶埦の出番はありません。

P1000752w800


 今日は絵手紙教室でした。工房は絵手紙教室のメンバーに空け渡して主はぼんやり見学してました。暖房のきいた工房は心地よくてうつらうつら、、、。こんな日もいいものです。

 今日の話題は水指。備前の水指は魅力的で桃山のころから名品が残されています。それらは備前の豪快さゆえにほとんどが置き水指。でも運びの水指しがあってもいいですよね。

 落柿窯作「備前細水指」。勿論、運びの水指です。

P1000749v800


| | コメント (0)

2016年1月14日 (木)

寒の紅梅

 冬らしい天気になっています。
 今日は、一日早い「どんど焼」をしました。正月のお飾り、古いお札などを一緒に畑ではやしました。明日は小正月です。

 寒の寒さの中でも紅梅は次々に咲いています。小さな枝を手折って瓢一輪に挿しました。。
 今日は、昨日轆轤挽きした筒花生けを仕上げた後、銘々皿を少し挽きました。来週初めの内視鏡検査が終わったら窯詰めを再開します。

P1000740v800

P1000685w800

P1000742w800


| | コメント (0)

2016年1月13日 (水)

片口

 やっと冬らしくなってきましたが陽射しは温かくて風がないと春のようです。

 天気予報では、今日から来週いっぱいはこの季節本来の寒さがやってくると言うので何故かほっとしますね。冬は冬らしいのが好き。季節感が無いのは気持ち悪いですから。。。

 今日は、姉が訪ねてくれたので姪を加えて夕方近くまで放していました。その後、筒花生けをちょっと挽いて今日の仕事は終わりです。

 ところで、、冬の定番である鍋料理に役立つ器が片口です。出汁を入れたお酒を入れたりして注ぎ分ける器とし雨@いてとても重宝します。大きさもいろいろですが、今日紹介する片口はちょっと小さめ。小家族に良いでしょう。

落柿窯作「備前片口」。

P1000712w800

 今日挽いた筒花生けです。


P1000710w800


 

 このところ、散歩の途中で見かける浅瀬で餌を狙うサギの姿に惹かれます。

P1000706w800


P1000701w800_2

| | コメント (0)

野生の姿

 少しだけ冬らしくなってきましたが、まだまだ温かい陽射しです。
 
 この冬、毎日の散歩の楽しみは近くの川に群れている鴨達と浅瀬で餌の小魚を狙うサギの姿。
 暖かい陽射しを受けて野生の営みを目の当たりにしての散歩は楽しいですよ。

P1000701w800


P1000621w800

P1000626w800


P1000622w800


P1000672w800_2


P1000679w800_2


P1000514w800


 最後はタンポポの綿毛を一つ。


P1000004w800

| | コメント (0)

2016年1月12日 (火)

花だより

 ようやく、この時期の気温になってきました。朝の快晴から冬の曇り空へ。陽射しかないとやはり寒いです。

 今日も朝からバタバタと。。。今日、ようやく年末の個展に来ていただいた方々にお礼状を出すことが出来ました。これで今回の個展行事は全て終了です。

 新年も今日は早くも12日。落柿窯の廻りを見廻すと季節の花が咲いていました。今日は、これらの写真をアップします。

P1000684w800


P1000696w800


P1000694w800


P1000686w800


P1000687w800


P1000691w800


P1000698w800

 最後に一枚だけ、落柿窯作「備前徳利」を。。。

P1000693v800


P1000685w800

| | コメント (2)

2016年1月11日 (月)

2016年1月11 日―福を招く

 今日は1月11日で1並び。暦には成人の日と並んで鏡開きとなっています。
 昔は、どんど焼の15日に合わせて鏡開きをして、お汁粉を楽しんでいたように思うのですが、、、。

 落柿窯のある村では、今日は公会堂に神主さんを招いて春の御日待神事が行われました。村に内より起こる悪事無く、外より入る災い無く、今年一年平穏であることを祈願しましたよ。

P1000656w800


P1000658w800

 主は、正月気分を払拭することもあって玄関のお飾りを外し、鏡餅も下げ、床の軸も変えました。この年末年始はずっと仕事をしていたので正月気分はとっくにありませんがね。。。
 床の軸は、宮本武蔵の「枯木鳴鵙図」にしました。勿論、講談社が発行した複製ですが主のお気に入りです。

P1000665v800
 時間の過ぎるのが急ですが、今年一年が平穏であることを願います。
 今日の備前焼は頂き物の備前焼の招き猫。福を招き寄せることができるでしょうか、、

P1000663v800


、。

| | コメント (0)

2016年1月10日 (日)

連休中日

 3連休も中日です。午前中は明日の御日待ち準備でバタバタしていました。結果、何んとか準備が出来ました。
 村で暮らすということは、古い風習や習慣、行事にも参加しなくてはなりませんから慣れないと結構大変です。その点 主はこの村で生まれt育ったのですから、おおよそのことは肌身に付いています。明日の御日待ちもその一つ。昔に比べると随分簡素化されました。大歓迎です。

 午後からは久しく逢っていなかった女流陶芸家が訪ねてくれました。10数年ぶりです。ほとんど変わってなくて元気でした。何よりです。彼女に今度の窯焚きの助っ人をお願いしたところ快く引き受けてくれました。これで窯が焚けます。ひと安心ですね。
 そんなこんなで今日は一日があっという間に過ぎて行きました。

P1000655v800


P1000654v800


| | コメント (0)

2016年1月 9日 (土)

窯詰め準備

 今日は少し寒くなっています。それでも陽射しは温かくて光の春を想わせます。畑ではブロッコリーが黄色い花を咲かせ、紅梅が次々に咲きだしました。今シーズンは冬が無いのでしょうか???

P1000635w800


P1000638w800


 


 世間では今日から3連休。落柿窯の主は明後日の村の行事(御日待ち)の当番でいろいろ準備で連休どころではありません。もともと落柿窯には暦など無いのと一緒ですからどうということはにですが、、、。。

 その上、今日から年末の個展で中断していた窯詰めの準備を始めましたからね。

P1000633w800

 村の行事と主の内視鏡検査が終わったら窯詰め作業を再開します。

| | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

梅一輪

 「梅一輪一輪ほどの暖かさ」(嵐雪)
 今年は、早くも紅梅が開花しました。ようやく寒さがやってきたのに合わせて初咲きです。
 本来はこれからが一年で一番寒い季節。この寒さの中で一輪の梅が微かに暖かさを運んでくれます。寒さの中でほっと心温まる瞬間です。自然の中で共に暮らす幸せですね。

P1000616w800


 今日は、陶芸教室と絵手紙教室合同の新年会でした。昨年はチーズフォンデューでしたが今年はカニ鍋です。カニ少し、野菜たっぷりの鍋でしたがとても美味しかったですよ。定番の雑炊も最高でした。ご馳走様でした。メンバーに感謝です。

P1000620w800

 夕方、メンバーが解散した後、昨日轆轤挽いた大きめのビアジョッキ風ビールカップを仕上げました。今度の大きさはOKでしょうか。。。

| | コメント (0)

2016年1月 7日 (木)

今日は七草

 早い物で、今日はもう1月7日。七草の日です。
 主は、七草粥の代わりに野菜たっぷりの雑炊を食べました。今夜も野菜鍋です。
 今日は、午後から少し寒さが戻って来たようです。この時期本来の寒さになるのでしょうか。天気予報では、寒さもほぼ一週間程度とか。この冬はアカギレに悩まされることが少なくてありがたいことです。

 今日もノンビリ仕事しました。昨日の検査で出来なかったぐい呑みの仕上げ、そして、頼まれているジョッキ風マグカップを挽いてみました。先日造ったマグカップは乾燥後思いの外小さくなったので挽きなおしたものです。今度は丁度になると思うのですか、、、。さて、、、、。

P1000608v800

 工房の花生けに、ほころび始めた紅梅を一輪、蝋梅を一輪、それにキンカンを一輪挿しました。蝋梅の香しい香りが漂います。
P1000601v800


| | コメント (0)

2016年1月 6日 (水)

内視鏡検査

 落柿窯の主は、以前から定期的に胃と大腸の内視鏡検査をしています。今日は、約2年半ぶりの胃の内視鏡検査でした。次は、18日に大腸の内視鏡検査を予定しています。
 今日の結果では気になる悪い所見は無かったのでひと安心です。大腸の検査も同じであることを願います。
 主は、この検査を始めてもう随分経ちますが最初はグレーゾーンがあったり検査自体がヘタクソできつかったりでいろいろ経験させてもらいました。まあ、これも生きていくための儀式の様なものですからこれからも続けていきます。

 今日は、家を出たのが朝7時過ぎ、帰宅したのが午後4時。検査だけでなくいつもの内科診療もあって時間ががかりました。さすがに疲れましたね。

 帰宅して、一昨日轆轤挽きした片口を仕上げるのがやっとでしたよ。どうにかギリギリの乾燥状態で仕上げが出来て良かったです。

P1000575w800


| | コメント (0)

2016年1月 5日 (火)

今日は一時雨

 年末から続いている穏やか天気も今日はちょっと一息。朝から曇り空でしたが、午後一時雨になりました。
 明日からようやくこの時期らしい気温に戻るようです。そういえば明日は「小寒」ですね。
 天気予報によれば、今度の寒さも長続きしないようで、相変わらず暖冬が続くようです。
 最近、寒さが身に応えだした主にとっては何よりありがたいことですが、この暖冬は経済にも庶民の生活にも大きな影響が出そうです。事実防寒具はいらないし、野菜は出来過ぎて安すぎるし、本当にこれでいいのかなあ。。。これ以上不景気になってほしくないですね。

ところで、近くで飼われている烏骨鶏のヒナがかわい過ぎで、、、今日も見に行って来ました。オーナーさんによると毎日ヒナが死ぬとのこと、自然界で生き延びるのは厳しいのです。頑張れ、、、ヒナ達。。。

P1000563w800


明日、主は胃の内視鏡検査なので、素地の仕上げが不明確なため今日の轆轤挽きは少しだけにしました。
そんなこんなで、、、今日の作品は茶埦です。

 落柿窯作「備前茶埦」。碗形のスッキリした姿が特徴でしょうか。。。

P1000567w800


 高台は土を見せていまづ。

P1000568w800


| | コメント (0)

2016年1月 4日 (月)

世間は仕事始め―片口を挽く

 今日、1月4日は世間では仕事始めの所が多いでしょうね。しかし、落柿窯は、年末年始もずっと同じで、仕事納めも仕事始めもなく、ずっと日常でした。

 今日は、市役所の窓口が開くのを待って午前中に行ってきたり、ホームセンターに行ったり、散歩したりでほとんど午前中を費やしてしまいました。
 ようやく、午後から轆轤挽きしていたぐい呑みを仕上げ、その後、片口を挽きました。
 後は、昨年支出した医療費の整理をしたのですが、昨年の医療費も20万円を超えていました。
 年金暮らしでこの金額はとてもきついのですが、医学のおかげで何んとか独り暮らしが出来ているのですから文句は言えません。近々、医療費控除の申告に税務署へ行ってきます。

 ところで、落柿窯の展示室に日本料理の盛り付けに良さそうな叩き長方皿があったのでアップします。以前アップしたことがあるかも、、、です。

 落柿窯作「備前叩き長方皿」。

P1000543w800


 これは今日轆轤挽きした片口です。

P1000546w800

 

| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

新しいご飯茶埦で

 今日は早くも1月3日。世間では明日が仕事始めです。
 お雑煮にも御節にも飽きたころですね。白いご飯が恋しくなっているとでしょう。
 新しい年から備前のご飯茶埦をお使いいただけると嬉しいですね。毎日使うお茶埦は使うほどにシットリ、艶やかに育っていきます。備前焼は育つ楽しみが味わえる数少ない焼き物です。

 落柿窯作「備前飯茶埦」。

P1000541w800


| | コメント (0)

2016年1月 2日 (土)

備前の尺皿

 新しい年も2日目。この年末年始は温か日和が続いています。こんな冬は珍しいけれど身体は楽で嬉しいですね。天気予報では来週もこんな天気が続くようです。
 世間はまだお正月ですが、落柿窯では年末年始もいつもの日常のままです。ノンビリ仕事をしていますよ。
 今日は、昨日轆轤挽きした菓子器を仕上げた後、ぐい呑みを少し挽きました。ゆっくりマイペースが一番合っていますからね。

P1000525w800


P1000527w800

 


 お正月料理もそろそろ終わりでしょうか? 落柿窯の展示室でこんな皿を見つけました。尺皿です。
 この皿に正月料理を盛ると似合うでしょうね。

 落柿窯作「備前尺皿」。

P1000524w800

| | コメント (0)

2016年1月 1日 (金)

仕事始め

 今日も冬とは思えない良い天気。落柿窯は今日が仕事始めです。、、、というより、ただメリハリが無いだけかも・・・ですが、、、。
 今日は、一昨日挽いた大皿を仕上げ、昨日挽いたビールカップも仕上げました。

P1000506w800


P1000507w800


 その後ちょっと時間があったので菓子器を挽きました。
 工房には正月飾りは何もありませんが、唯、竹節一輪に水仙が挿してあります。

P1000499v800

 この冬らしくない天気はいつまで続くのでしょうね。。。
P1000503w800

P1000490w800


| | コメント (0)

初日の出-2016年

 快晴の初日の出です。

P1000485w800


P1000487w800


| | コメント (0)

新年のご挨拶―2016年(平成28年)元旦

P1000481w800


 あけまして おめでとうございます。
 新しい年が皆さまにとって幸せな年になることを祈ります。
 落柿窯では、今年、約3年ぶりに窯に火が入ります。ご期待ください。
 今年もよろしくお願いします。。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »