« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

落柿窯個展の御案内

 落柿窯の個展まで後2週間ほどになりました。今日、前回の個展においでいただいた皆様方を中心にDMを発送しましたが、お手元に届かない方にはこのブログで御案内させていただきますので、よろしくお願いします。

P1010300w800


 備前落柿窯 岸野勇作陶展  ~華~

   場所 倉敷市 倉敷中央画廊(大原美術館南隣)

   会期  2015年12月15日(火)~20日(日)午前10時~午後6時(最終日は午後4時)

  今回の作陶展も前回と同様に窖窯の景色を楽しんでいただく作品を揃えました。
  なお、特別企画として、今回の作陶展には落柿窯の工房で遊んでいる陶芸教室と絵手紙教室の作品も併せて展示します。
  また、備前の土の感触を楽しんでいただきたく箸置きやアクセサリ-造りのワークショップも行いますのでお気軽にご参加ください。

  年末のお忙しい時期ではありますが、お時間が許せば是非お立ち寄りください。お待ちしています。

| | コメント (0)

陶芸教室の窯(結果を覗き見)

 先日焚いた陶芸教室の薪窯が外気温まで冷えていたので覗き見してみました。濃厚な焼けになっています。
 重ねた部分を見ると綺麗に抜けが出て緋襷がクッキリです。丁度良いところで火を止めたのが分かります。
窯出しは明後日とのことなのでそれまで全容はお預けです。

P1010301v800


| | コメント (0)

2015年11月29日 (日)

不注意で、、、

 今日は朝からあれこれとノンビリ主にしては動きのある日になりました。
 早朝から八幡様の掃除。その後、久しぶりに友人のIさんが玉葱の苗を持って来窯。いつものうどん屋さんで昼食の後、楽しい歓談。良い一日でした。

 ただ、陶芸教室の窯焚きの時使った薪ストーブの影響で素地の乾燥が急激に進んだようで仕上げたばかりの大皿が割れてしまいました。完全に主の不注意です。以前も同じことがあったのにもう忘れていたのでしょうね。そろそろボケてきたのかなぁ。

 気を取り直して、今日はこんな大皿を挽きました。これは慎重に乾かしますよ。

P1010287w800


 今日の作品はちょっと大きめの菓子鉢です。サイズは27センチほど。良い景色に焼上がっています。
 落柿窯作「輪花菓子鉢」。

P1010289w800


 このところの冷え込みで落葉が進みました。僅かに残された沙羅の紅葉が寂しげです。

P1010297w800


| | コメント (0)

2015年11月28日 (土)

轆轤挽き

 急な冷え込みで身体が付いていきません。その上、この冷え込みで治まっていた指のひび割れが再発です。
 特に、轆轤挽きは痛みとの闘い(?)です。ちょっと大げさすぎるかなぁ。。。
 今日も大皿を挽きました。サイズはやはり40せんちほど。もっと大きくしなければと思いながら手慣らし、、、といったところです。

P1010285w800

P1010282w800_2

 庭のドウダンツツジが僅かに紅葉しています。本来は真っ赤になるはずですが我が家ではこれが精一杯です。


| | コメント (0)

2015年11月27日 (金)

陶芸教室窯焚き

 今夜は冷え込んでいます。東の空には満月。絶好の窯焚き日和です。

P1010275w800

 この好条件の中、陶芸教室がこの秋2回目の窯を焚いています。今夜は冷え込んでいるため薪の温かさが嬉しい窯焚きになりました。11月初めの窯焚きは1000度を超えると暑くて汗ビッショリだったのにね。。。

  主はちょっとお手伝いして帰って来ました。

P1010270w800
 この温度の時丁度主が焚いていたのでパチリ。。。
P1010271w800


 まだまだこれからが本番。頑張ってください。窯焚きメンバーは、いつもの6人と特別参加のNさんを加えた7人です。

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

土の可塑性

 今日、ようやく一昨日轆轤挽きした大皿を削りました。
乾くに従って随分収縮しています。轆轤挽きした時は40センチほどあったサイズが削り終えて測ったら37,5センチになっていました。
 備前の土は可塑性が大きい土なので収縮しやすく歪みやすいのです。焼成時にちょっとしたことで歪んで駄目になったことがたびたびです。本当にデリケートな土です、そこがまた備前の土の魅力になっています。

P1010252w800


| | コメント (0)

備前の種壺

 今日は寒くなりました。本格的冬が来るのかと思いきや、この冬は暖冬の予報。気圧配置は秋のまま。どうなっているのでしょうね。

 ところで、今日の話題は保存容器としての備前について。。。
 備前焼は、水甕、葉茶壷、種壺などの保存容器が多く残されています。備前の水甕は水が腐らないと言われているように、この辺りの百姓家にはどこの家にも水甕がありました。茶壺も種壺も明らかに保存容器です。
 これらは備前焼の特質から見ても必然だったのでしょう。
 古備前の名品にもそれらが多く残っていることからも明らかです。

 今では備前焼を保存容器に使う人は少ないですが、塩壺など造る人は結構います。主も良く造りますが、特に種壺の形が好きで水指として造っています。

 落柿窯作「備前種壺」。

P1010262w800


| | コメント (0)

2015年11月25日 (水)

冷たい雨

 今日は、午後から冷たい雨になりました。北海道では40センチを超える積雪とか、、、本格的に雪のシーズンに入りましたね。
 全国的に気温が低くて最高気温は朝出たようですが、その後、ぐんぐん気温が下がっています。今まで温かった分身体がtついていきません。体調管理に気を付けましょう。。

 庭にレッドカーペットならぬピンクカーペットが出来ています。これも自然のめぐみでしょうね。。。

P1010248v800


 今日は、中断していた窯詰めの続きをしました。どうにか四列目までが詰まりました。来春の窯焚きを目標にゆっくり前に進みます。

P1010245w800


 今日は昨日轆轤挽きした大皿が乾きませんでした。従って、当然仕上げが出来ません。。。


 なので、、、落柿窯の大皿を紹介しておきます。
 落柿窯作「備前大皿」。サイズは四〇センチを少し切ります。

P1010249w800


| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

落柿窯の大皿

 今日は、この冬初めて北西の季節風が強く吹いています。テレビに映る札幌は二十数センチの積雪っで真っ白でした。富士山も完全に雪に覆われて綺麗な姿になっています。ようやく冬になりました。空も冬の雲です。
P1010243w800


 我が家の庭ではサザンカの花弁が散ってピンクのじゅうたんのようです。それに加えてピンクの椿も次々に咲いては落花しています。
P1010237w800

 今日は木立の間から洩れて来る木漏れ日が温かくて何故か心が和みます。
P1010244w800


 ところで、このところ大皿を挽く毎日ですが、落柿窯で焼く大皿はサイズがちょっと小さめ。、、、というのも窯の構造から棚板のサイズが45センチなのでそれ以上大きなものは焼けません。その為焼上がりは大きくても42~3センチほどになります。

 落柿窯作「備前大皿」。この皿のサイズは42センチです。

P1010242w800_2


 今日もこんな大皿を挽きました。

P1010238w800

| | コメント (0)

2015年11月23日 (月)

備前大平皿

 今日も大皿を挽きましたが平皿にするのは結構難しいです。平たくしたつもりでも乾いてくると立ち上がるし、平たくし過ぎると潰れるし、轆轤で大平皿を挽くのは技術が要ります。

 今日挽いた大皿も平皿にはなりませんでしたね。

P1010226w800


 前回の窯で焼いた大皿が結構平たく焼けています。これは偶然の賜物です。
 落柿窯作「備前大平皿」。サイズは40センチ弱。

P1010219w800


| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

大皿を挽く

 今日は穏やか日和でしたが明日は雨の予報です。この時期雨が多過ぎです。
 今日は、午前中所用でお出かけしていたので午後轆轤挽き。久しぶりに大皿を挽きました。
 今日の大皿は40センチ弱なので焼くと小さくなってしまいます。棚板のサイズを考えるともう10センチは大きくしないと駄目ですね。
 まあ、ノンビリやります。。。

P1010207w800


| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

N・Hさんの陶芸(轆轤挽き)

 今日は、午前中工房に薪ストーブを出して試験焚きしました。今年は温かい日が多くてまだまだストーブは不要ですが週末の陶芸教室の窯焚きに備えての準備です。ちゃんと燃えてくれました。

P1010186w800


 やはり薪の炎はいいですね。

 午後からNちゃんが陶芸体験に来窯。今日の体験は轆轤挽き。ほぼ2カ月ぶりの轆轤に悪戦苦闘(?)しながらもなんとか形になりましたよ。立派なものです。

P1010192w800


P1010193w800


P1010204w800


 Nちゃんの今日の成果です。手造りでアクセサリーも造りました。象嵌のペンダントまで出来ました。お疲れさまでした。
 Nちゃんは来週末の陶芸教室の窯焚きに特別参加です。今や強力な助っ人ですから頑張ってください。

| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

陶芸教室窯詰め(連続2回)

 今日の陶芸教室は穏やかな晴天に恵まれて先日の窯に続いて連続の窯詰めでした。

P1010172v800
 メンバーのみなさんはずいぶん手慣れて来ましたが今少しアドバイスがいるようです。
 それでもメンバーみんなで賑やかな窯詰めでした。昼食をはさんでしっかり詰まりましたよ。火入れは来週の陶芸教室の日になります。それまで作品は窯の中でゆっくりお休みしていますよ。

 今回も頑張ってください。

P1010175w800


| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

N・Hさんの陶芸

 今日は一日どんよりした曇り空。冬の空です。
 午前中、県道から落柿窯に入る道(農道)の補修をしました。結構車の通行が多い未舗装の道なので雨のたびに水溜まりが出来ます。その為、村に保管されている共用の山土を使わせてもらっての補修です。応急措置ですが当分は大丈夫でしょう。

P1010167w800
 こんな窪みが数か所に出来ていたので案外手間取りました。おかげで腰が痛いです。

P1010166w800


 ところで、今回の陶芸教室の窯焚きに特別参加したNちゃんの作品がまとまって焼けました。この春から土に触り始めてまだ半年ですが薪窯焚きは今回で3度目。作品も湯呑み、コーヒーカップからアクセサリー、ピエロ人形まで多種多様。どれも結構いけてます。才能ありますね。
 本人の了解なしにアップしますのでご覧ください。

P1010170w800


P1010171w800


P1010169w800


 主は、午後ぐい呑みを少し轆轤挽きして後は怠惰でした。

P1010165w800


| | コメント (0)

2015年11月18日 (水)

陶芸教室窯出し

 雨の一日です。良く降りますね。
 この雨の中で、先日薪窯を焚いた陶芸教室が窯出ししました。
 覗き見した通り良い窯になっていました。特に、落柿窯の個展に参加するために焼いた陶芸教室の看板は良い出来です。

 これです。

P1010146w800


 以下、メンバーの作品を一点ずつアップしておきます。

 先ず、Kiさんの作品。割山椒

P1010149w800_2

次は、Msさんの破れ桶花生け。

P1010150w800_2

これは、Mtさんの家紋。

P1010152w800_2


 次は、Kuさんの小壺。

P1010153w800_2


 これは、Iさんの丸鉢(サラダボール)

P1010156w800_2


 Toさんのアクセサリー

P1010157w800_2


 最後は、特別参加のNちゃんの焼酎盃とサザンカのブローチ。

P1010158w800_2


 今回の窯はとても良い結果だッたように思います。
 継続は力、、、といいますが、続けることの重要性を改めて感じた窯でしたね。


 

| | コメント (0)

2015年11月17日 (火)

サザンカ梅雨

 昼ごろから雨になりました。サザンカ梅雨の季節ですね。今回の雨もしっかり降る予報です。
 工房の床が湿って梅雨の時期と同じようになってしまいました。早くスッキリした青空になってほしいです。


P1010138w800
 庭はまるで里山状態。雑然としていますがこれはこれで結構落ち着けますよ。


P1010139w800


P1010137w800

 今日は、膝を庇いながら少し窯を詰めました。4列目の下から2段目です。雨で運ぶ素地が濡れるので今日はここまでです。

P1010142w800

| | コメント (0)

陶芸教室の窯

 今朝は曇り空で今にも雨が降りそうです。
 先日焚いた陶芸教室の薪窯が外気温まで冷えていたのでメンバーには内緒でこっそり覗いてみました。

P1010134v800


P1010135w800


| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

小春日和

 今日は、ぽかぽか陽気で小春日和の一日でした。
 サザンカが咲いて、柚子が黄色く色付いて、柿が真っ赤に熟して、、、とても良い季節です。

 そんな中、主は、膝関節痛のため病院の整形外科に行って来ました。
 1年半前、やはり個展の前に右手首を骨折して診察を受けたお医者さんの診察日に合わせての病院行きです。

 レントゲンの結果、、、診断は、老化の始まりとのこと。もうすこし進行した注射になるとのことですが、今はまだそんな状況には至っていないと言われてひとまず安心です。膝の筋肉を鍛えるように言われて帰宅しました。
 何はともあれ、このまま付き合うしかないようです。

 そんなこんなで今日の陶芸仕事は無しなので作品の紹介をします。

 落柿窯作「備前窯変徳利」。ちょっと大きめです。

P1010132v800


| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

ゆっくり仕事

 今日は、久しぶりに青空が広がって温かい一日でした。
 先日、アルミナコーティングした棚板が完全に乾いたので窯詰め再開です。、、、といっても牛歩の如くノロノロとですよ。
 今日は4列目の一番下を詰めました。これだけでほとんど半日。合間に昨日轆轤挽きしたぐい呑みを削ったりして、、、。

P1010117w800


P1010118w800


P1010119w800


 明日は膝の診察に午後から病院ですから仕事はまたまた中断です。
 夕方の散歩は夕陽が綺麗でした。

P1010123w800


| | コメント (0)

2015年11月14日 (土)

工房の水仙

 工房に今シーズンの初咲きの水仙が備前焼の花生けに挿してあります。
 昨日、絵手紙教室の先生が画題用にと持ってこられたものです。
 落柿窯の水仙はまだ蕾が付いていないのにこんなに早く日本水仙の花に会えるとは何んという幸せ。備前の一輪に良く似合うこともあって、主は日本水仙が大好きです。

P1010112v800


P1010114v800


| | コメント (0)

2015年11月13日 (金)

陶芸教室の窯焚き

 今日は本格的な雨になりました。この雨の中で陶芸教室が薪窯を焚いています。
 主も先程までお付き合いして今帰宅です。
 久しぶりに見る薪の炎はとても神秘的で綺麗でした。
 教室のメンバー6人と特別参加のNさんが加わって7人交代です。頑張ってください。

P1010106w800


| | コメント (0)

2015年11月12日 (木)

旧暦10月1日

 旧暦では今日から10月。いよいよ冬に向かいます。立冬を過ぎて冬至までどんどん日没が早まって、今日も夕方5時にはすでに夕陽が沈んで夕焼けが綺麗でした。
天気もサザンカ梅雨の時期になって晴れが長続きしません。明日にはもう雨の予報です。

R0010915w800


 夏の終わりごろから主は膝が痛くなって最近では正座が出来なくなりました。近々、病院に行こうと思っています。何故か、個展の前になると何らかのトラブルに見舞われます。前回の個展の前は右手首の骨折でした。

 ところで、このところ朝晩は少し冷え込むようになりました。熱々の呑み物が恋しいです。

 ちょっと大ぶりなこんな湯呑みを使うといいですよ。

落柿窯作備前湯呑み」。

P1020267v800
 お茶でもお酒でも何でも来い、、、です。使うほどに趣きが深まって、備前の使う楽しみが堪能できると思いますよ。

| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

備前の水指

 今日は久しぶりに快晴の夜明けでした。午前中は晴れ間の多い天気でしたが午後から曇り勝ちになって陽射しが少なくなりました。ちょっと肌寒さを覚えるこの季節らしい天気です。

 午後から一番で病院行きでしたが帰宅したらすでに日没。日が短くなりました。おかげで昨日轆轤挽きしたぐい呑みの仕上げが出来ません。。明日に持ち越しです。

 今日の検査結果ではまだ当分元気でいられるようです。ここまで命が持っているということは何らかの力で生かされているのでしょうから、その時が来るまで貪欲に生きてやろうと思います。よろしくお付き合いください。

 ところで、寒さが増してくると茶席は炉の季節です。水指もどっしりしたものが似合います。ようやく備前の出番が来ました。備前の茶道具はやはり炉が似合いますね。

 落柿窯作「備前水指」。

R0010914w800


 今日の写真はいつものSZ3を修理に出したのでGRⅡで写しました。単焦点のカメラなのでこんな写真は苦手です。悪しからず、、、。

| | コメント (0)

2015年11月10日 (火)

サザンカ

 サザンカ梅雨もようやく一段落。昼過ぎまで降っていた雨が上がって寒くなってきました。風も冷たい北風に変わっています。
 今回の雨で庭のサザンカの下はピンクの花弁で絨毯状態になりました。この季節にしか見られない景色です。綺麗です。暫くすると赤い花弁も加わって一層華やいできます。

P1020984w800


P1020987w800_2

 


今日は、空いた時間に少しぐい呑みを挽きました。それにしても、落柿窯の主はぐい呑みが下手ですねぇ。。。

P1020992w800

P1020995w800_2


| | コメント (0)

2015年11月 9日 (月)

棚板

 今日、窯詰めの続きをしようと思っていたら不覚にも棚板にアルミナのコーティングをするのを忘れていたのに気が付きました。
 てっきり終わっているものと思い込んでいたのですが、どうやら前回の窯出しの時、棚板を磨くだけでコーティングをしていなかったようです。
 早速、朝から作業開始したのですが、途中でアルミナが不足しているのにも気がついて陶材屋さんに駆け込む始末。歳ですかねえ。。。

 一日かけて約40枚をコーティングしました。乾くのを待ってノンビリ窯詰をします。

P1020973w800


P1020974w800

 ところで、今日はこの季節の雨にしては温かくて動くと汗ばむほど。やはり暖冬傾向ですね。

 こんなに温かいと熱燗で、、、というのもいまいちですがが、それでもこの先寒い日もあるはず。そんな日はこんな徳利でお酒をどうぞ。

 落柿窯作「備前瓢徳利」。注ぐ時、トクトクと良い音がしますよ

P1020980v800

| | コメント (0)

2015年11月 8日 (日)

立冬

 今日は立冬。雨が降ったり止んだりの鬱陶しい天気ですが比較的温かい立冬になりました。この冬を象徴しているかのようです。
 庭のサザンカの花弁の落花が盛んです。庭がピンクに染まってきました。廻りの田圃は、この時期らしく寒々しくなりました。季節は正確に進んでいきます。

P1020965w800


P1020964w800


P1020968w800

 庭のドウダンツツジが色付いて来ました。

P1020970w800


 茶室の前にあるモミジが色付くのは暫く先になります

P1020969w800


 ところで、今日はちょっと疲れ気味で窯詰めに使うこんな物を造りながらノンビリしていました。

P1020963w800


P1020944w800

 

| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

窯詰めー続き

 今日は朝から落柿窯の窯詰め。独りでノンビリやってます。今日一日かけてようやく一番奥の列(5列目)が詰まりました。落柿窯は5列しかない小さな窖窯です。

P1020952w800

 これで工房の棚に少し余裕が出来たのでまた作陶に戻ります。続きはいつになるか分かりません。ゆっくりゆっくり、、、これも暮らしの一部ですからノンビリです。

 

 明日はもう立冬。黄金の波が消えた田圃が寒々しく感じます。

P1020945w800


| | コメント (0)

2015年11月 6日 (金)

陶芸教室の窯詰め

  11月は陶芸教室の窯焚き月です。今日は、晴れたり曇ったりの天気でしたが温かくて絶好の窯詰め日和でした。
 陶芸教室のメンバー全員集合で薪窯を詰めました。11月中に2回の窯焚き予定ですから今日は1回目の窯詰めです。これまですでに20回を超えるほど薪窯を焚いているのでみんな手慣れたものでスムーズに作業が進みます。

P1020938v800


 良い窯詰めが出来ました、後は来週の窯焚きを待つだけです。

| | コメント (0)

2015年11月 5日 (木)

窯詰め

 今日は、温かさ通り越して暑いほどの気温でした。昼間はTシャツ一枚で十分でしたよ。

P1020932w800

 青空に秋の雲が浮かんで、、、ようやく重い腰をあげて今日から窯詰めを始めました。久しぶりの窯詰めで棚板の重さを思い出しましたよ。
 これからゆっくり時間をかけて詰めていきます。工房の素地の棚が空いた所で作品造りもしながらですからね。ノンビリ遣ります。

P1020929w800

 展示室にこんな景色の湯呑みがありました。窖窯の特徴がよくでています。

 落柿窯作「備前湯呑み」。

P1020931v800


| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

晩秋

 今日は終日快晴。抜けるような青空でした。明日以降、少し天気が崩れて週末には雨の予報です。これからは、、ひと雨ごとに冬に近づいていきます。今日がこの秋最後の快晴だったのかも知れませんね。

P1020919w800


P1020920w800_2


P1020927w800_2

 

 今日、100円ショップで個展に使う竹かごを買ってきました。この中に布を敷いて小さなものを並べます。ちょっと良い雰囲気が出そうです。

P1020924w800


 ところで、窯を詰める準備をしてもなかなか始められずにいます。工房の棚は素地で一杯。明日から重い腰を上げようか、、、。P1020926w800


| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

アカギレの季節

 今年もアカギレの季節がやってきました。寒くなるのは嫌いではないのですがアカギレだけは閉口します。。

 今日も片付けの最中に指がぱっくり割れて思わうイタ―、、、でした。

 絆創膏の手では轆轤が上手く挽けません。何んとかだましだまし遣るしかないですね。。

| | コメント (0)

晴れの特異日

 今日、11月3日は晴れの特異日。明け方まで降っていた雨が止んで日の出の頃には晴れて来ました。晴れの特異日の面目躍如といったところでしょうかね。日中は温かくて良かったですが陽が沈むとやはりこの季節は冷えて来ます。今日も散歩の途中で日が沈みました。

P1020913w800


 ところで、今日は姉の助けを借りて家の片付けでした。何せ久しぶりの本格的(?)な片付けなのでとても一日では終わりません。先日の台所に続いて今日は納戸に手を付けましたがとても一日では無理。半分ほどで中断です。後はまた日を改めてすることになります。忘れていた貴重なお宝などいろいろ出てきて面白いです。高校時代に買ったギターも弦が一本切れて出て来ましたよ。

 さて、今日の作品は、昨日窯の横で見つけた徳利です。一輪差しに丁度良いかな、、、。

 落柿窯作「備前徳利」。

P1020918v800

 

| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

窯詰め準備

 今日は昨夜来の雨が続いて寒い日になりました。午後からは雨が上がって散歩から帰るころには夕焼けが見えていたから明日はきっと晴れるでしょう。

P1020910w800


 11月に入ってそろそろ窯詰めの準備に取りかかろうと窯の廻りを片付けていたら湯呑みやぐい呑みがゴロゴロ。
 前回の窯出しからずっと放っておいたもののようです。水洗いしたら結構綺麗に焼けた物ばかり。何か得した感じです。

P1020898w800


P1020897w800


 その上、窯の傍にはこんな物まで転がっていました。遊びで造った屋形船の香炉です。船頭さんの腕が折れて竿も無い状態でしたが水洗いしたらこんなになりましたよ。

P1020903w800

 後はハートの蓋物が出てきたり擂鉢碗が出てきたりで面白かったです。こんなことをしていたらいつの間にか時間が経っていました。

P1020904w800


 窯の中の掃除は終わっているのでいつでも窯詰め可能です。P1020901w800


| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

今日から霜月

 今日から霜月。午後から陽射しが無くなり寒い日になりました。。この後、どうやら雨になりそうです。
 稲刈りが終わった田圃が一気に寒々しくなりました。季節の移ろいが見えます。

P1020895w800


 陽射しが有るうちにと薪ストーブの煙突を掃除しました。縦の煙突部分に煤が溜まっていてもう少しで頭から煤を被るところでした。間一髪免れて良かったです。

P1020894v800


 今日は、昨日轆轤挽きしておいた急須を仕上げました。予定通り左利き用です。
その後菓子器を挽いて今日の陶芸仕事は終わり。後はこまごま用事を済ませていたら一日が終わりです。

P1020892w800


P1020893w800


 

 明日は灯油を買いに行きましょうか。。。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »