« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

リハビリ中

 退院から3日、リハビリが続いています。
 入院中はトイレとシャワー以外はほとんどベッドの上だったので極端に足の筋肉が落ちています。
 工房と母屋の行き来、それに畑に行く程度なのに脹脛がパンパンになってしまいました。
 40歳を過ぎたころ、やはり目のトラブルで2か月ほど入院したことがありますがこんなに衰えはありませんでした。
 その時は、退院から3ヶ月足らずで北アルプスに登っていたのですから。。。それに比べると今回はたった9日間の入院だったのにこの差はいったい何でしょうね。やはり年齢のせいでしょうか???
 まあ、あせらずリハビリして早い復帰を目指します。
 肝心の右目の調子は順調に回復しているようで随分見えるようになりました。明日は、退院後初めての診察に言って来ます。天気も良さそうで良かったです。

P1040114w800


 こんな具合ですから当分は仕事に成りません。陶芸の話題はもっぱら作品の紹介だけになりそうですから悪しからず、、、です。

 今日紹介する作品は、これからの季節に使われる筒茶埦にしました。これといって特徴のない茶埦ですが使い易いですよ。
 落柿窯作「備前筒茶埦」。

P1040118v800


| | コメント (0)

2014年9月29日 (月)

新米が食べたい

 今日も陽射しは強いものの秋らしい爽やかな晴天でした。
 ナホちゃんが畑に来ていたので主も退院後初めて畑に出てみました。
 畑の秋野菜は、ナホちゃんが頑張って種蒔きしたおかげで大根も菊菜も小蕪もみんな順調に芽吹いています。 
 お隣の畑ではコスモスが満開です。いい季節ですね。

 ナホちゃんの今日の仕事は白菜と葱の苗の植え付け、それに芽吹いてきたジャガイモの芽出しでした。
 主はといえば秋の陽射しを浴びてノンビリ見学です。やはり娑婆はいいですね。

P1040116w800


P1040117w800


 

 ところで、スーパーのお米売り場には新米がずらりと並んでいます。米好きの主は新米大好きですが、我が家の米櫃には昨年度米がまだタップリあるのでなかなか新米にありつけそうにありません。

 新米にありつけたみなさんには、この際、飯埦を新調していただきたいと思いますので、今日は、落柿窯の飯埦を紹介します。
 備前の飯埦は、昔から中風予防とされていますから、お年寄りにプレゼントするのもいいですよ。それに、備前の飯埦は毎日使っていると良く育ってくれます。つまり、素晴らしく変化してくれるのです。騙されたと思って一度使ってみてください。実感しますよ。。

 落柿窯作「備前飯埦」。


P1040110w800


| | コメント (0)

2014年9月28日 (日)

心が痛い

 昨日噴火した御嶽山では多くの犠牲者が出ているようでとても心が痛みます。
 無謀な登山をしたわけではなく、紅葉の綺麗なこの季節の晴天を選んで登っただけなのに突然の噴火という事態に遭遇した不運は何んとも言い様がありません。

 主もこの山が好きで、この季節に何度も登っています。
 1979年の噴火の前に登った時と、その後登った時とは登山道が違っていたのを覚えています。それからも何度か木曽側から飛側へと越えました。いつもいい旅でした。ただ、この山は生きているんだということを忘れたことはありません。
 今回の出来事は本当に悲しいです。一人でも多くの登山者が救助されることを祈るばかりです。

 さて、話題を変えて、、、主は10日足らずの入院で鈍った身体のリハビリ中です。目の具合も身体の調子も元通りになるのにはもう少し時間が要りそうです。

 そんなわけで、今日も作品紹介に留めます。
 今日の作品は大きな扁徳利です。以前紹介したことがあるかも知れませんが再度アップしす。

 落柿窯作「備前扁徳利」。

P1040104v800


| | コメント (0)

2014年9月27日 (土)

乾杯ー退院しました

 今日、無事に退院しました。
 遠くからわざわざお見舞いに来てくださった方もあって感謝感謝です。おかげで手術も大成功、その後の経過も順調です。
それにしても医学の進歩はすごいですね。今回も医学の進歩に救われました。所謂高度医療で目の奥の手術が可能になっていたとは驚きです。
 病院では可愛い看護師さんに囲まれて夢のような入院生活でした。病院食も満足で、独り暮らしの老人の日々の食事がいかに粗食であるか思い知りました。

 当分はゆっくり養生して早い復活を目指しますのでよろしくお願いします。

 たった9日間の入院でしたが、帰宅してみるとキンモクセイが満開でした。秋が駆け足で過ぎていくようです。

 今夜は、桃太郎葡萄をつまみながら独りワインで退院祝いをします。

 御心配をおかけした皆さまに心から感謝です。ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いします。

P1040101w800


| | コメント (4)

2014年9月18日 (木)

お休みのお知らせ

 かねてからお知らせしていた通り、右目の手術のため明日入院しますので、当分このブログをお休みします。

 退院したらすぐに再会しますのでよろしくお願いします。
 そんなに長期の入院にはならないはずです。多分1~2週間でしょう。
 10月は地域の秋祭りや備前焼まつりもあるので早く回復するよう頑張ります。
 随分涼しくなりましたから、みなさんお体ご自愛ください。

P1080325w800

 

| | コメント (3)

2014年9月17日 (水)

備前焼の皿

 ここ何年か食器ブームが続いています。毎日の食卓で使う食器は料理の引き立て役です。器の中でもお皿はメインで使いますから気にいった物を使いたいですね。
 
 100均に行くと一杯食器が並んでいますが、やはり100円はそれだけの魅力しかありません。
 焼き物屋さんでお気に入りの器を探す楽しみは器好きにとっては幸せな時間になるはずです。

 ところで、最近は備前でも食器が中心になっています。普段から気軽に備前焼に馴染むのには喜ばしい傾向です。
 みなさん備前焼の食器を使いましょう。湯呑みも飯埦もいいですよ。

 今日は、普段使いのお皿をいくつか紹介します。

 落柿窯作「備前皿」。丸皿は7寸弱の使いやづい大きさです。

 先ずは白い皿です

P1040084w800_2


 次は、仄かに赤い皿です。

P1040085w800_2


 もう一枚は、30センチほどの木の葉皿です。季節のサンマが余裕で乗りますよ。

P1040086w800

| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

備前花生け

 今日は暑い晴天でした。
 暑さの中でナホちゃんがジャガイモを植え大根の種を蒔きました。明日からも当分種蒔きが続きますが、今回は申し訳ないけれどお手伝いできません。
 明日はいつもの病院で診察、金曜日に入院です。退院したらサツマイモ掘りはお手伝いできると思います。種蒔き大変ですが頑張ってください。

 ところで、これから秋の七草の季節に入ります。秋の七草は食用の春の七草と違って花が咲くものばかりですから当然備前の花生けの出番です。
 ちなみに秋の七草は、萩、ススキ(尾花)、桔梗、撫子、葛、藤袴、女郎花。どの花も備前の花生けに入れたいものばかりです。

 そんなわけで、今夜の作品は花生けにしました。

 落柿窯作「備前花生け」。ちょっと変わった形です。


P1040098v800

| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

敬老の日

 今日は敬老の日。
 老人社会の日本では、最近お年寄りが大切にされていないように思います。若い人もお年寄りも楽しく暮らせる社会になるといいですね。

 ところで、今日はお年寄りに何かプレゼントをしましたか。
 主は、今朝なっちゃんから嬉しいプレゼントを頂きました。なっちゃんありがとう。いつもながらの温かい心遣いに感謝です。
 プレゼントがまだの方は、これからでもこんな備前焼のお湯呑みは如何でしょう。喜ばれますよ。

 落柿窯作「備前湯呑み」。

P1040091w800


| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

秋の夜長に、、、

 今日も爽やかな秋の晴天が広がりました。
 このところ随分日の入りが早くなっています。それに伴って夜の過ごし方が変わりますね。
 本を読むもよし、音楽を聴くもよしですが、月を眺めながら、虫の音を聞きながら独りお酒を楽しむのが酒呑みにとっては一番かも知れませんね。
 下戸の主は推測するだけですが、こんな酒器セットを使うといいですよ。

 落柿窯作備前徳利&ぐい呑み」。

P1040080w800


| | コメント (0)

2014年9月13日 (土)

秋色の器

 今日は、終日澄んだ秋の空でした。いい季節になりましたね。

 このところ毎日のように秋の果物を頂きます。何種類かの葡萄や梨。中には初めて目にする果物もあります。ありがたいことです。感謝、感謝。
 
 ところで、備前焼は秋色が良く似合います。特に葡萄や栗はまさに備前の色です。
 試しに葡萄と比べてみました。葡萄色のカップです。

 落柿窯作「備前ビールカップ」。

P1040078w800


| | コメント (0)

2014年9月12日 (金)

懐かしい形

 愈々秋の気配が濃厚になって来ました。陽射しも風も心地よくて畑仕事で汗をかいても夏のべとべとはありません。

 主の入院まで後一週間になりました。それまでに秋野菜の種蒔き準備をしておきたくて今日もナホちゃんと畑に出ていました。おかげで一応整地が終わり種蒔きができる状態になりました。後はナホちゃんにお任せです。
 大根、白菜、キャベツ、水菜、菊菜、蕪、葱等々、いつもの通りでしょうね。この秋はジャガイモにも挑戦する様ですよ。ナホちゃん頑張れ、、、です。

 さて、今日の話題は、昭和の懐かしい形にしました。
 昭和30年代ころまではどこの家庭でも燃料は炭でした。その炭も貴重で竈の残り炭は密閉された炭壺に入れて消し炭にし次に再び使っていました。
 今日紹介するのは、この炭壺をイメージした水指です。

 落柿窯作「備前炭壺水指」。昭和30年代以前を御存じの方は懐かしいのではないでしょうか。。。

P1040073w800


| | コメント (0)

2014年9月11日 (木)

残しておきたい作品

 今日は、日の出前に強い雨が降りましたが、その後は晴れて秋の気配です。
 日向ではまだ暑いですが、陰に入ると爽やかで汗もすぐに乾きます。蝉の声が消えて虫の音ばかりに成りました。トンボの姿も多く見られます。
 いつの間にか彼岸花も咲き出しています。季節は正直ですね。

 
 ところで、このところいろいろ作品を紹介していますが、その中でずっと残しておきたい作品がいくつかあります。
 昨日の窯変花生けもその一つですが、今日紹介する耳付き窯変花生けも同じです。
 主が見よう見真似で陶芸を初めてから30年ほど経ちますが、こんな花生けができたのはこれ一つだけ。
 この作品も随分前に友人の登り窯で焼いていただいたものです。

 落柿窯作「備前耳付き窯変花」。

P1040064v800


 裏面はこんな景色です。表も裏もいいです。

P1040069v800



| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

心構え

 今日は入院前の診察に岡大病院眼科へ行って来ました。
 診察の後、今回の手術について詳しい説明を受けて何んとか理解できたと思います。
 とても繊細な手術で高度医療に入るようです。それにしても、こんな手術が可能になったことに驚くと共に医学のの進歩に感謝です。
 これで入院・手術の心構えができました。
 後はお医者さんにお任せですね。
 岡大病院の医療は最高水準にあるだけに患者さんが多くて大変です。待ち時間が長くて疲れました。今夜は早めにに休みましょうか。。。

 さて、話題は変わって、今日の作品紹介は備前の窯変花生けにしました。
 備前の窯変は外に類を見ない特殊なもので魅力的です。一目見ただけで虜に成る人が多く垂涎の的ですが、数が限られるだけに高価でなかなか手に入らないのが実情です。

 今日の花生けは、随分前に友達の登り窯に入れていただいた作品です。窯変の上にかかった豪快な胡麻垂れが魅力です。

P1040061v800


 向きを変えれば強い花から可憐な花まで活けられますよ。

 

| | コメント (2)

2014年9月 9日 (火)

今宵の月はスーパームーン

Img_2043w800


 今宵の月はスーパームーン。美しい満月が東の空に昇ってきました。
 カーテンも窓も全開で冷気と月のエネルギーを入れながら美しく輝く月を眺めています。月の運気を頂けるでしょうか。

 主は、後10日で入院します。それまでに少しでも秋野菜の種蒔き準備をしたいと思い、今日は、夏野菜を整理した空きスペースにトラクターを入れました。ナホちゃんも頑張っています。

 さて、今宵は美しい月を眺めながら花生けの紹介です。
 秋の花がタップリ入りますよ。
 落柿窯作「備前花生け」。

P1040056v800

 反対側の景色はこれです。

P1040057v800


| | コメント (0)

2014年9月 8日 (月)

名月を取り込む

 今夜は、中秋の名月。
 今、まさに美しい月を眺めながらこのブログを書いています。
 良く晴れた東の空に美しい月が昇りました。
 「名月をとってくれろと泣く子かな」(一茶)
 日本人は月が好きです。美しい月を何んとか取り込めないかといろいろ苦心して、盥に水を張ったり池に映る月を眺めたりしてきました。
 著名な写真家は荒涼たるヒマラヤ山脈を被写体にしても、どこかに月が入っていたりします。
 利休さんが造った茶室「待庵」は月を愛でる茶室のようで、月をを眺められるように窓を配置してあります。

 落柿窯には月を取り込んだように見える景色の壺があります。何年か前偶然生まれた壺です。毎年この季節に登場していますが、今年もまた持ってきました。
 
P1040043w800

 こちらは今夜の月です


Img_2042w800

 


                               

 


 


 今夜は、ウサギの月見団子と季節の果物を供えています。ススキは探しても見つかりませんでした。

P1040040w800


P1040051w800

 
 

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

野の花を活ける

 久しぶりの良い天気に誘われて少しぶらぶらしました。
 山羊さんの顔を見たり稲の穂を見たりしてノンビリでした。
 田圃では稲穂が出たところで、これからがこの辺りでは稲花粉の季節の様です。花粉症の方は御用心あれ、、、ですね。

P1040029w800


P1040030w800


 


 


 

   田圃の畦道を歩くと可憐な野の花に出合います。今日も一枝摘んできて備前のミニ花器に活けました。これから散歩が楽しくなりますね。
 それにしても備前の花生けは最高です。

P1040024v800


| | コメント (2)

2014年9月 6日 (土)

激しい雷雨

 今日も大気の状態が不安定で、夕方から激しい雷雨になりました。。
 スマホに入る大雨情報では、時間雨量で93ミリになっていたから心配でしたが、激しい雨は時間が短くて被害はありませんでした。
 今も雨が降っていますが激しくはありません。
 一番激しかった時は突風を伴って家が揺れました。まるで台風です。

 今年はこんな天候が多いですね。地球は生きているということでしょうか。。。
 この雨でようやく乾きかけていた畑がぬかるんでしまいました。トラクターを入れるのはちょっと無理ですね。これで草を燃やすのがまた先に延びてしまいました。
 秋野菜の準備なのに、、、仕方ないですね。

 さて、今日紹介する砂糖や塩を入れる蓋物の写真を撮ろうとしたら急に空が暗くなり雷雨に成りましたのでこんなバックに成ってしまいました。

 落柿窯作「備前砂糖&塩壺」。食卓に一つ置いておくと便利ですよ。
 大きさは拳程です。

 P1040019v800


| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

形見の作品

 今朝は激しい雷雨で目が覚めました。短い時間だってけれど、時間雨量では50ミリを超えるほどでした。こんな雨が続くと恐怖ですね。
 その後は天気が回復して青空になりましたが蒸し暑さが戻りました。
 そんなこんなで、今日の陶芸教室はやはりエアコンのお世話に成りましたよ。エアコンもこれが最後でしょうか。。。 
 ところで、今年の中秋の名月は9月8日。月見団子を盛るのに久しぶりに故高原敏先生作の菓子器を出してみました。
 先生が御存命のころには大変親しくしていただいていましたから、この器も何かの折に頂いたものです。今となっては高原先生の形見に成ってしまいました。
 
 今年の中秋の名月にはこの器を使って名月を愛でようと思っています。

P1040012w800


<P1040014w800_2

 

| | コメント (0)

2014年9月 4日 (木)

瓢げた物

 今日は、曇り時々晴れ、一時雨と、めまぐるしく変わる天気でしたが、朝から蒸し暑くて閉口しています。
 ちょっと身体がだるくて午前中の買い物以外は夕方まで昼寝。。

 話は変わりますが、数寄者の間で言われる表現に「瓢げた」という言葉があります。
 この言葉を広辞苑で引いてみると、「おどける、ふざける、、、」と出て来ます。多分、きっちりしてなくて遊び心がいっぱいで面白いということでしょうね。

 茶席では、瓢げた道具は一期一会の緊張感をほぐすため一役買うことになることから好まれるのでしょう。
 瓢げた作品はなかなかできません。ヘラ目一つにも、耳一つにも瓢げた雰囲気を出すのは難しいですね。
 落柿窯作のこの花生けはちょっと瓢げているとは思いませんか。

 落柿窯作「備前花生け」。

Img_2034v800


| | コメント (0)

2014年9月 3日 (水)

伊勢大神楽―山本勘太夫社中

 実りの秋を迎える前に、今年も伊勢大神楽-山本勘太夫社中ーが廻って来ました。
 今年は、いつもより一日遅れの今日でした。
 昨年は、生憎の雨で窯場の前の狭い場所で舞っていただきましたが、今年は運よく晴天に恵まれて狭いながらも庭先での舞いになりました。やはりこちらの方がいいですね。
 許可を得て写真を撮らせていただいたので何枚かアップします。
 主は右目の手術の無事を願って頭をパクリしていただいたのでこれで安心です。
Img_2010w800


Img_2012w800


Img_2015w800


Img_2020w800


Img_2021w800


Img_2023w800


Img_2026w800


Img_2028w800


Img_2030w800_2


Img_2031w800


Img_2032w800


| | コメント (0)

2014年9月 2日 (火)

アクシデント

 このところ、主は陶芸仕事をおっぽり出して草刈りなどの百姓仕事ばかりしています。
 今日も朝からトラクターの整備をしていたら急に蜂に襲われて4か所も刺されてしまいました。こめかみ、腕、手の甲、耳です。
 慌ててく薬を塗って冷やしたら幸い軽くて済んだので良かったです。
 今は丁度蜂の活動期ですから注意が必要ですね。主は、現在目のトラブルで小さい物が見えにくいので油断してしまいました。反省です。

 ところで、朝夕気温が下がりだして随分過ごし易くなりましたね。温かいお茶が美味しくなりました。ちょっと菓子をつまみながらのお茶はいいものです。、
 そんなお茶の友に成る菓子を盛る菓子器を紹介します。
 サイズは23センチ×5センチです。駄菓子を盛って使うのにピッタリですよ。

 落柿窯作「備前菓子器」。

P1040010w800


P1040005w800


| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

ちょっと大きめ

 今日は防災の日。
 自然災害は様々で、先日の広島の土砂災害は他人ごとではありません。この辺りも「まさ土」の山は多いです。

 人間は自然の中でどう生きるか、、、、真剣に謙虚に考えたいと思います。

 さて、今日の話題はちょっと大きめの皿です。普段使いには6寸ほどの皿が一番使いやすいですが、料理によっては7寸、8寸の皿を使うのも楽しいと思いますよ。
 今日は、シンプルな8寸皿の紹介です。
 この皿は臥せて焼いているので見込みに景色はありません。単色なので料理の色合いを邪魔することがありません。
 トマトを置いてみましたが、御覧のようにトマトの色が生きています。

 落柿窯作「備前8寸皿」。

P1040003w800


| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »