« 重ね焼きの予定 | トップページ | 松割り木 »

2014年5月29日 (木)

真夏日の前に

 今日は真夏日に一歩手前の気温だったけれど、吹く風は爽やかで室内にいると快適でした。

 明日はもっと気温が上がるということなので、今日は朝から母屋の廻りの草刈をしました。このところの晴天と適度な雨で野菜が元気に育っているだけでなく草も元気です。

 自然の中で季節を感じながら暮らすのもなかなか大変ですよ。

 

 今日の陶芸仕事は昨日挽いた大きめのサラダボールの削り。轆轤挽きより削って仕上げる方が時間がかかります。

 網戸から入ってくる涼風を感じながらノンビリ削りました。OKです。

 ところで、落柿窯には贅沢にも力の異なる3台の電動轆轤があります。2台は主が陶芸を始めた30年近く前に購入したベルトドライブ方式、もう1台は比較的新しくてダイレクトドライブの轆轤です。

P1030339w800 力の強いベルトドライブの轆轤です。

 ターンテーブルは40センチあります。

 

 

P1030338w800
 力の弱いベルトの轆轤です。

 ターンテーブルは30センチ。小物を挽くとき使います。

P1030337w800
 

 新しい轆轤でダイレクトドライブ方式なので静かです。

 ターンテーブルは40センチです。この轆轤も結構力が強いです。

 椅子に腰をかけて使います。

 

 ベルトの2台はモーターの音が大きいですがダイレクトドライブの轆轤は音がしません。静かです。

 ターンテーブルは40センチと30センチを使っています。力の弱い轆轤が30センチで小物を挽くとき使います。

 40セントの方は大物(大皿、壺など)を挽くとき使います。

 古い2台は轆轤座に座って使いますが新しい轆轤は椅子に腰をかけて使いますので膝の悪い人でも使えます。

 明日は、陶芸教室に工房を明け渡す日です。メンバーはそれぞれにお好きな轆轤を使っているようです。

|

« 重ね焼きの予定 | トップページ | 松割り木 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。