« 右目トラブル | トップページ | 埦を挽く »

2014年5月 9日 (金)

器の基本形

 「器の基本形はワン(椀、碗、埦)である。」と教えられて来ました。

 たしかにワンの用途は広いですね。

 ここでは埦という字を使います。

 埦は、煮物、和え物、ミニサラダ、汁物、はたまた飯物にも使える程その用途は広いです。まさしく器の基本といえますね。

 埦の形は両方の掌を合わせて水を汲むまたは呑む時の形といわれます。このことからも器の基本形であることが分かります。

 高台は無い方が基本だと思いますが、歴史的にいろんな場面で高台が付くようになっています。

 今日の埦は高台のない多用碗です。

 落柿窯作「備前多用埦(小)」。

P1030175w800

|

« 右目トラブル | トップページ | 埦を挽く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。