« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

満開の桜を独り占め

 温か陽気に誘われて近くにある桜の名所に行ってきました。今日は月曜日ということもあって人影はまばら。

 ほぼ満開の桜を独り占め。三つ葉ツツジも丁度見ごろで、この上ない贅沢なひと時を過ごすことができました。。。

Img_1949w800

Img_1956w800

Img_1957w800

Img_1959w800

Img_1961w800

Img_1964w800

Img_1947w800

 ところで、土曜日に綺麗になった庭に椿の落花が一つ二つと増えて庭の風情が良くなってきました。

 落花の間に初咲き花器を置いて記念写真を一枚。これもやきもの屋ならではの遊びです。

P1020835v800

| | コメント (0)

2014年3月30日 (日)

ユキヤナギ

 雨上がり。

 ナホちゃんの畑に隣接しているお隣の畑でユキヤナギが見ごろに。

 この花にはどんな花器が合うでしょうか???

 この花がしっくりくる素敵な花器を造ってみたくなってきました。

P1020826w800

P1010086v800

| | コメント (0)

想いは遥か

 雨上がりの牛窓へ行って来ました。

 甥夫婦が帰省していて、今日帰るというので姉と4人で昼食会。雨上がりの牛窓は雲が切れて小豆島の山並が見えていましたよ。

 お料理はいつものお刺身。今日のお刺身はべラタ(あなごの稚魚)が加わっていて春バージョンでした。

いつもながら美味しかったですよ。ご馳走様でした。

P1020817w800

P1020814w800

 

 話は変わるのですが、現在まで落柿窯がこだわってきた窖窯の酸化焼成の景色は2月の初個展で見ていただきました。

 今後もこの方向で仕事を続けていくか、ちょっと方向転換するか、、、右手首の骨折が癒える間考えて来ましたがまだ結論が出ていません。

 もう少し悩みながら仕事を始めようと思います。明日の診察で轆轤の許可が出るといいなぁ。

 ところで、窖窯による酸化焼成はようやくここまで来ました。

 落柿窯作「備前徳利」。

P1020831w800

P1020829w800

| | コメント (0)

2014年3月29日 (土)

庭にも春が

 今日は、時折晴れ間が出るもののほぼ曇り空でした。

 半年ぶり?にシルバーさんに来ていただいて落ち葉と草に覆われた母屋と窯の廻りを掃除。おかげで庭にも春が来ました。シルバーさんに感謝です。

P1020801w800

P1020803w800_2

 

 庭が綺麗になるといろんな発見があります。一番は、雨垂れ石の中で咲いている野生のスミレを見つけたことでしょうか。昨年は白いスミレでしたが今年は紫です。自然の不思議さと神秘は自然からの贈り物でしょうね。

P1020793w800

 ところで、掃除が終わってシルバーさんが引き揚げた後、綺麗になった庭石にピンクの椿が一輪落花していました。ちょっと良い風情だったので自作の蕪徳利を横に置いて写してみました。結構イケテルと思いませんか。。。

P1020811w800

| | コメント (0)

2014年3月28日 (金)

山桜を活けたい

 

 故障で修理に出していたiPhone 5sが帰って来ました。、、、といっても修理完了ではなく新しい製品と交換でした。

 今日は、朝から初期設定とデーター移行の作業に四苦八苦でした。それでも、Appleとauにサポートをしてもらってどうにか無事終了。使えるようになりました。

P1020792w800

 これが無かった5日間、それほど不自由を感じなかったのは外に通信手段があったからでしょうね。ちょっと不便だったのはEメールのやり取りができなかったことぐらいです。

 今回のことで改めて「便利は不便」だということを教えられた気がします。

 ところで、あちこちから桜の便りが届いています。

 「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」とか言いますが、出来れば山桜の一枝をこんな花器に活けたいと思います。

P1020788w800

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

春の湯呑み―京焼き

 今日は、春本番の陽気になって車で出かけると暑いくらいでした。

 午後、いつもの病院に行ってきました。病院のコブシは昨日の雨で散りかけていました。青空にコブシが良く映えていましたよ。

P1020781w800

 

 夕方近くに成ってようやく帰宅。春の陽気に誘われたわけでもないのですが、思い立ってほぼ一年ぶりに京焼きの春の湯呑みを出しました。

 京焼きはいいですね。とても繊細で上品。こんなやきものも素敵です。主にはとても造れませんが。。。

 一つは、賀善さんのお花の絵、もうひとつは瑞昭さんのらかん絵です。それに炭山陶芸村で造られた蝶の絵。どれも主のお気に入りですが、特に蝶湯呑みを良く使っています。

P1020784w800

P1020785v800

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

陶芸ブログ

 今日、このブロブのアクセス数を見てびっくり。2006年6月、このサイトを開設して以来7年9ヶ月でアクセス数が37万件を超えました。作品集のアクセス数を加えると優に40万件を超えています。

 こんな拙いブログにお付き合い頂いている方々に心から感謝です。

 始めたきっかけは、独り暮らしの主の安否情報でした。今でもその役割は大きいものがあります。このブログが突然途絶えたら主に異変があった時だと思ってください。その意味でももう止められなくなってしまいました。

 もうひとつの役割は、自然とともに土を捏ねて暮らす主の日記代わりです。これからもこんな暮らしが続くでしょう。

 自然の中で土を捏ねやきものを造りながらノンビリ生きていきたいと思います。

 今お借りしているサイト、ココログの無料限度まで後3割ちょっとです。これが一杯に成るとどこかに引っ越すかも知れません。その時はお知らせしますので、それまでここでお付き合いください。

 そういうわけで、これからもよろしくです。

 さて、今日はお気に入りの春の煎茶碗をアップします。春の煎茶碗はやはりメダカ絵がいいですね。

 この煎茶碗に落柿窯作の泡瓶を合わせてみました。

P1020759w800

| | コメント (0)

2014年3月25日 (火)

手造り泡瓶

 備前焼の手造り作品といえば、一番はデコ。それに続いては泡瓶だと思う。

 手造りの泡瓶は轆轤挽きしたものとはやはり趣きが違う。

 落柿窯にあるいくつかの手造り泡瓶でただいま勉強中です。

P1020750w800

P1020748w800

P1020746w800

P1020739w800

P1020741w800

| | コメント (0)

2014年3月24日 (月)

花生けの勉強

 今日もぽかぽか陽気でした。本格的な春に成ったようです。

 個展が終わって、手首を骨折していたこともあって随分長くグウタラしていましたが手首の調子も良さそうなのでそろそろ始動しなくてはと思っているところです。

 今日は眼科の診察でした。長く眼科のお世話になっています。一時は失明の危機もあったのですがなんとか胡麻化してここまで来ました。

 今日の診察では、現状は落ち着いているとのことなのでひとまず安心です。

 眼科に行く前、ナホちゃんの畑に新しいミニ耕耘機が来ました。ホンダ製のガスを燃料にする優れものです。見ると玩具の様ですが、これが結構力があって使いやすいし気に入りました。お値段はちょっと高めですが良い買い物だと思います。

P1020725w800

 これで野菜栽培がますます楽しくなるのでは、、、と思います。

 ところで、今日は、花生けのお勉強でした。我が家にある花生けを引っ張り出して眺めながら撫で回してています。

 今日の花生けはこれ。あの有名な金重陶陽さんの内弟子だった西川政美さんの作です。さすが奇才と謳われた人の作だけあって迫力ありますね。土もいいです。先日、西川政美さんとお友達だった方が徳利と花生けを見せてくれましたが上手い轆轤です。

P1020731v800

 落柿窯の主も精進あるのみです。改めて思います。

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

春なのに嫌なこと

 今日はとても穏やかで良い日和でした。

 でもね、昨夜から嫌なことがありました。昨年11月20日ごろに機種変更したiPhone5sが昨夜から動きません。

 今朝、Apple のサポートが始まるのを待って電話をかけサポートしてもらいましたが戻りません。修理することに成りました。

P1020719w800

 実は、今年初めから動きが可笑しくてつい10日程前にも動かなくなってサポートを受けました。その時は回復したのですが、今回は駄目でした。

 機械物は当たり外れがあるのが常ですが、それが自分に廻ってくるとやはり嫌ですね。せめてもの救いは対応してくれた係の人が親切だったことです。さすが最近のサポート担当は優秀ですね。もうすぐ回収に来ます。早く治ればいいのですが、今となってスマホが無いと不便です。ショップに行けば代替機を貸してもらえるようですがそれも面倒。しばらく携帯の無かった時代にかえります。

 考えてみるまでもなく、こんな田舎にいてもすでに文明に毒されているようです。

 気分を変えて、今日は家庭で使う器の中で、皿に限って言えば一番使い勝手の良い7寸皿をアップしておきます。

 落柿窯作「備前7寸皿」。

P1020714w800

 食卓にいろんな景色の7寸皿が並ぶと楽しいですよ。

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

ようやく春ですね

 今日は朝から良い天気で気温も上がり車に乗っていると暑いくらいでした。

 朝の青空の中を気球が飛んでいたけれど穏やか過ぎて苦労していたようです。。

 今日、姉がリハビリ病院を退院しました。手術から約ひと月での帰宅です。

  手術した病院に2週間、リハビリ病院に転院して2週間です。医学の進歩には驚かされることばかり。退院おめでとう。

 さて、本格的な春に成って落柿窯の庭では椿が次々に咲きだしました。椿好きにとってはたまらない季節です。

Img_1938w800

Img_1940w800

Img_1936w800

Img_1935w800

Img_1933w800

 これからまだ数種が咲くので楽しみが続きます。

 今日、お供えに立派なイチゴを頂きました。早速、自作の備前の器にのせてお供えしました。器と良く合っています。備前の器は万能ですね。

 落柿窯作「備前7寸皿」。

P1020705w800

 

 

| | コメント (0)

2014年3月21日 (金)

春の嵐再び

 今日も春の嵐に成った。このブログでは先週木曜日に「春の嵐???」のタイトルで記事を書いているから、ほぼ一週間でまた天気が荒れたことになる。

 今回の低気圧はとても発達してまるで台風。北国では大荒れのようで大変な雪に成っている。お見舞い申し上げたい。

 この辺りは、さすがに「晴れの国」だけあって春の嵐でも比較的穏やか。ありがたことです。

明日からは春の陽気になるようなので、姉の退院の日に当たってで良かったです。

 ところで、展示室でこんな銘々皿を見つけました。少し大きめですが裏・表どちらも使える優れもの(?)です。

 落柿窯作「備前銘々皿」。

P1020702w800 こちらが表です。

 花器を載せるとこんな感じになります。 

P1020698w800

 

 緋襷も派手さが無くて上品ですね。

 この面は水菓でものせられると思いますから夏向きかな。

 

 こちらが裏です。

P1020701w800 この景色も面白いです。ただ平面なので転がる菓子や氷菓はのせないでください。

 その時の気分や菓子の種類によって使えば楽しいと思うのですが、、、如何ですか。

P1020700w800_2

| | コメント (0)

2014年3月20日 (木)

コーヒーカップ

 今日は冷たい雨。お彼岸は毎年寒いのが当たり前。

 「毎年よ 彼岸の入りに 寒いのは」、、子規の御母堂様がつぶやかれたとか。 

 今年の彼岸の入りは温かかったのに、やはりこのままで終わるはずもなく、今日から明日にかけて寒の戻りになっています。

 それでも、この辺りの冷え込みは大したことは無いから安心です。明後日からは本格的に春の気温に成るようなので後少しの我慢、我慢。

 雨の中で庭の藪ツバキが見ごろです。落柿窯の庭には2本の藪ツバキがあります。一本は赤でもう一本は白。どちらもいい花ですが、主の好みはやはり昔ながらの赤ですね。

P1020685w800

P1020690w800

P1020687w800

 春の雨はしっとりしていて嫌いではないのですが、今日は何故かちょっと身体がだるいです。個展からの激動のひと月の疲れが今頃出てきているのかも知れません。こんな日は特にゆっくりしています。

 美味いお茶も疲れを取ってくれますが、香り高いコーヒーもいいものです。

 今日は、コーヒー好きにお勧めのコーヒーカップの紹介にしました。

 落柿窯作「備前コーヒーカップ」

P1020695w800

P1020693w800

| | コメント (0)

2014年3月19日 (水)

春麗・・・でもね、、、

 今日は温かくて春麗。でも、黄砂 花粉、PM2.5の襲来でのんきに構えてはいられない状況です。対策が必要なレベルの様です。

 ようやく春めいてきた御蔭で、近くの道端ではサクランボの花が満開に成りました。日本ミツバチの羽音も聞こえますよ。春ですね。

P1020670w800

 

P1020669w800

 野原には早くもタンポポの綿毛が出現しました。西洋タンポポの生命力の強さは脅威です。

P1020676w800

P1020675w800

 今日は、工房から素麺鉢を持ってきました。見込が緋襷で真っ赤です。素麺が良く似合いますよ。

P1020677w800

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

渡邊琢磨展

 今日は、午後から予定していた渡邊琢磨展を見に行ってきました。

 琢磨君は、今が旬の備前の若手作家さんです。主とは随分古いお付き合いで大変お世話にもなってきました。

 今回展覧している作品は、彼の新しい感性から生まれたものばかり。

 どこか懐かしいものがあったり、意表を突くものがあったり、グローバルな題材を感じさせてくれるものがあったりでとても充実しています。

 もう少しすればお彼岸の連休もあることですから、春の美観地区を散策がてら画廊にも足をお運びください。

 会場は、倉敷中央画廊。会期は3月30日まで。、、、です。

 時間を忘れて楽しめる作品ばかりです。お勧めですよ。

 写真をスマホで撮ってきたらこのブログに上手くアップできません。主のFBをご覧ください。綺麗な写真が見られます。

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

備前焼の用途

 今日も春の陽気。

 昨夜は、「如月の望月」で思いがけず美しい月を眺めることができました。月好きにとってははちょっと幸せ気分でしたね。

 今日は、午前中iPhone 5Sに入っていた不要の有料コンテンツを解除してもらいにショップまで行ってきた後、お彼岸を控えてお墓の掃除に行きました。

 昔はこの時期に成ると石塔の周りは土筆畑だったけれど、今では綺麗に整備されて土筆の姿はありません。

 これで、お彼岸にはお花と線香を持って墓参りが出来ます。

 

 夕方には曇って夜には雨になるとか、、、。これでまた季節が進みますね。

 西洋では「3月の風と4月の雨が5月の花を咲かす、、、」とか言いますから春の風も雨も必要な自然現象です。

 

 ところで、このところ春向きの器をアップしていますが、今日もまた春向きのマグカップです。

 備前焼の器は使い方フリーですから別にビールを飲まなくてもいいんです。主ならこのカップをカリカリに凍らせてアイスコーヒー用に使いますね。

 コーヒー色との相性もいいし、氷の音も爽やかですよ。

P1020667w800

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

春の茶埦

 今日は、南西の温かい風が吹いて気温が上がった。こんなに急に気温が上がると、どうも身体がついていかない。午後、麦畑を探して少し歩いた。

P1020656w800

 ただそれだけなのに、なんだか身体がだるい。明日から少しずつ歩く距離を延ばして行こうと思う。

 麦畑の霞んだ空の上で雲雀の声がする。ようやく春が来たようだ。

 山羊さんのお腹も大きくなってきた。子山羊の誕生が待たれる。楽しみ。。。

P1020659w800

 展示室から春の茶埦を探して持ってきた。春は心が沸き立つ季節ですね。

 落柿窯作「備前茶埦」。

P1020662w800

| | コメント (0)

2014年3月15日 (土)

備前焼の色

 今日の陽射しは春でしたが、まだ風は冷たくて「春は名のみの・・・」の感がありました。

 天気予報では、明日から一気に気温が上がるようなので今晩だけの辛抱です。

 畑では花を食する野菜が満開、、、いよいよ春ですね。

P1020644w800

 ところで、春になると備前焼の器もスッキリがいいと思います。備前焼は黒っぽいというイメージを捨ててこんな湯呑み使って欲しいと思います。如何でしょうか。。。

P1020655v800

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

お礼状

 初個展が終わって早くもひと月が経ちました。ようやく、今日、個展においでいただいた皆様にお礼状を出すことができました。お礼のご挨拶が遅れて申し訳なく思います。

 今後とも落柿窯をよろしくお願いします。

P1020634v800_4

 ところで、今日も陽射しは春のようでも冷たい北風が強く吹いて寒い一日でした。何時になったら春になるのでしょう。

 天気予報では、来週からは桜の咲く頃の気温になるようだから期待しています。でも、こう寒いと晩酌にはまだまだ熱燗がいいようです。

P1020624v800

| | コメント (0)

2014年3月13日 (木)

春の嵐???

 春を呼ぶ雨に成りました。本格的な降りです。今は、雨は止んでいますが風が強くなっています。

ところによっては春一番に成ったかもしれません。

 主は一日中家にいました。手首の具合が今一つで、ゆっくり慣らしていますが、まだ力仕事は無理の様です。少し腫れもあります。

 そんなこんなで、今日もいろいろお手本を眺めて過ごしました。

先ず一つは、この徳利です。

P1020608w800 常々主がお手本にしてきた作家さんのものです。

 轆轤の切れが抜群ですね。

P1020612v800 なかなか近づくことができません。

 もうひとつがこの掛け花入です。同じ作家さんの作品です。

P1020617w800 今は故人に成られましたが、生前は大変親しくしていただきました。

 これらの作品は全て頂いたものです。

P1020618w800_2 まだまだお元気で頑張って頂きたかったと思います。残念です。

 これらの作品以外にもいくつかが主の手元に残されました。事あるごとにお手本に成っています。P1020614w800_2

 また機会があれば紹介させていただきます。

  そろそろ春が来てほしいですね。天気予報では、来週から春の陽気になるとか、、、 春よ来い・・・早く来い。。。

P1020620w800

P1020621w800_2

 

| | コメント (0)

2014年3月12日 (水)

まだ轆轤は無理かな???

 3月10日に固定が外れた右手首の状態は徐々に回復しているけれど、ヒビはまだ治っていないので無理に強い力をかけることができません。轆轤はしばらくお預けです。

 やはり筋が固くなっているようで動かすと痛いです。ゆっくり慣らすしかないですね。

 今日、10日に購入したエアコンが来ました。これで少しは快適になるかな。次は工房のエアコンの番です。

 工房のエアコンを工事の人に見てもらったら1994年モデルの霧ヶ峰でした。まだ動いていますが電気を大食いしているのだと思います。夏の冷房時期には変えた方が良いかも、、、ですね。 

 これが今日取り付けた霧ヶ峰です。量販店モデルのベーシックなやつですがこれで充分です。

P1020601w800 今夜から快適に眠れることを期待しています。

P1020602w800 工房にはもっと大きいモデルが必要でしょう。

 40キロ以上を考えることに成りそうです。

 

 

 

  今日の工房の花はこれです。一輪差しはやはり魅力的ですね。

P1020599v800_2

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

水指様

 

 ご縁があって、我が家に長逗留されている水指様がいらっしゃる。結構なお歳だと思われすが、主はこの吾人の素性を知りません。

 瀬戸の出身のようでもあり、唐津出身のようでもあるのですが。。。。。

 ここに写真をアップしておきますので、この吾人の素性をご存じの方はご一報頂けたらありがたく思います。

 大きさもあって置水指様でしょうか。この水指様を使えるときが来ると嬉しいのですが、、、わかりませんね。

P1020585v800

 

P1020593w800

P1020592w800

| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

水滴

 今夜は久しぶりに金城次郎さんの水滴を出して眺めている。

 大らかで優しい。魚が嗤っている。思わず沖縄の海に眠る友を想った。

 この水滴は、かつてこの友から頂いたものだ。

P1020583w800

| | コメント (0)

忙しい日

 今日はまだ寒気に中にあります。北風がビュービュー吹いて雪花が散って、時折晴れ間は出るものの時雨ていました。

 そんな日に、膝関節の手術をした姉が岡山医療センターを退院して家の近くにある病院に転院しました。しばらくリハビリ入院です。

 この後、主は、地元の市民病院で手首の診察を受けました。X線写真ではまだヒビが見えていますが固定は外してもらえました。今後は少しずつリハビリです。7週間も固定していると手首の筋が固くなって動かすと痛いです。ゆっくりやります。

 この前に、近くの電気量販店でエアコンを買いました。この寒さの前から自分の部屋のエアコンが壊れていたのです。

 20年以上使って来たので寿命でしょう。もう一台の同じ機種はまだ動いていますが調子はいまいちなのでその内買い替えでしょうね。

 今回購入した機種は霧ヶ峰のベーシックモデルです。主は、何故か昔からこのブランドが好きなんもんでね。そういえば工房も25,6年前の霧ヶ峰です。今もまだノントラブルで動いていますよ。

  ベーシックモデルなので機能は少ないですがこれで充分。使わない機能にお金をかけたくないので。。。ニューモデルだし、この機種はお買い得でしたよ。 

 明後日には取り付けに来てくれるようです。

 そんなこんなで、今日は朝早くから動いた所為か、ちょっと疲れ気味です。

P1020581w800

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

輪花の鉢

 午前中春めいていた天気が午後から冬へ逆戻り。冷たい北風が強くなって寒くなりました。

 冬と春がせめぎ合って少しずつ春に向かっているのが良くわかります。

 「三寒四温」とは上手い言葉ですね。

 落柿窯作の輪花の鉢に白梅を添えました。春を感じて頂けるでしょうか???

 落柿窯作「備前輪花鉢」。サイズは、30センチ×7センチ。

P1020579w800

| | コメント (0)

藪椿を活ける

 今日は、寒さが緩んで春の陽射しが降っています。畑の隅では白梅が見頃に成りました。春本番も近いようです。

 右手首の骨折からもう7週間に成りますが、まだ固定が外れません。明日の診察で外してもらえればいいのですが。。。。?

  こんな状態では仕事ができないのでぶらぶらするばかりです。

 今日は、庭の藪椿を一輪手折って活けてみました。藪椿はいいですね。

P1020575w800

P1020572w800

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

春の菓子器

 今回の寒の戻りもようやく出口が見えてきたように思います。

 今日の午前中はとても温かくて春日和でした。午後から寒くなってきましたが昨日とは違っています。明日はもっと温かさが増すと良いですね。

  ところで、お茶はは季節感が豊かです。お道具も添える菓子も勿論お料理もです。そこにオモテナシの心が現れます。

 落柿窯の展示室にこんな菓子器がありました。春の菓子器にどうでしょうか。

 落柿窯作「備前菓子器(鉢)」。

 サイズは21センチ×6センチですから使いやすい大きさだと思います。

 菓子器でなくても盛り鉢としても使えます。

P1020553w800

| | コメント (0)

2014年3月 7日 (金)

終の棲家を造る

 やきもん屋を始めてからずっと思って来たこと、、、それは自分で終の棲家を造ることです。それがやきもん屋としての主の一番の願い。

 今までいろいろ造ってみましたがなかなかお気に入りができないでいます。

 終の棲家ですから気に入ったものでないと嫌だし、棲み心地の良いものでなくては到底入る気に成りませんからね。

 今、これはなら、、と思っているものがこれです。

 今後、もっと良いものができたらそれにします。さて、どうなることやら?????

 あんまりノンビリ構えている時間も無いdすからね。

P1020545v800

| | コメント (0)

2014年3月 6日 (木)

春の水指

 天気予報の通り厳しい寒の戻り。

 晴れ。曇り、時雨、おまけに雪までちらつく寒さです。こんな寒の戻りは別に珍しいことではないのですが、春モードに成りつつあった身体にはちょっと厳しいかも。。。

でも、時折見せる陽射しは・・・ 春ですよ・・・。

 この寒さは一週間ほど続くらしいから体調管理に気をを付けましょう。

 ところで、春の茶席で使うお道具は明るいものがいいですね。炉から風炉に変わるころにはすでに初夏ですから、水指はこんなスッキリしたものがいいのではないかと思います。

 落柿窯作「備前竹節水指」。

P1020527w800

 

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

寒の戻り

 今日は、雨上がりの北風が冷たくて気温も上がらない。明日からしばらくは寒の戻りで寒い日が続くようだ。、、、そうは言っても3月に入っているし、東大寺二月堂の修二会もたけなわだから寒さも長続きはしないはずですよ。御水取りが終われば本格的に春に成るでしょう。

 今日の北風で咲き始めた椿も寒そうです。花粉が散って花弁についています。

P1020502w800

 こんな寒い日に、寄りにも寄って夏茶埦など持ってこなくても良いのだけれど 、そこはそれ気まぐれな主のこととて、なにとぞお許し願いたい。

 落柿窯作「備前夏茶埦」。

P1020526w800

 見事に胡麻が良いい景色を造ってくれました。ただ、少し小振りですから女性に良いか、、、と思います。

如何でしょうか???

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

割れた作品の行方

 今日はちょっと寒かったけれど、午前中は陽射しがあって穏やかだった。

 午後、ナホちゃんの畑にジャガイモを植えた。勿論昨年から始めた逆さ植え。

 P1020515w800 ジャガイモを半分に切って、切り口を上にして土の上に並べるだけ。

  後はもみ殻を被せて黒マルチをかければ終わりです。

P1020518w800

 

 

 さて、今日の話題は 、割れたり傷が入ったりした作品の行方についてです。

 本来なら傷の作品は表に出せません。全て処分することに成ります。

 でも、せっかく生まれてきた作品ですから何か有効利用できないかと考えた末、一つは庭に転がして観賞用に、もう一つは、備前焼の特性を活かしてメダカ鉢に入れています。メダカ鉢に入れておくと水が汚れません。いつまでも綺麗です。ゴミは備前焼が吸着してくれるようです。

 我が家のメダカ鉢には備前焼の欠片が一杯入っています。 結果、水はいつも澄んでいます。

P1020507w800

| | コメント (2)

2014年3月 3日 (月)

備前焼で雛祭り

 P1020486w800

  今日、3月3日は雛祭り。

 でも、主が子供のころは、落柿窯がある里辺りでは月遅れの雛祭りだったように思う。

 子供たちは、雛飾りがあるお家に上がり込んでお料理を荒して廻るのが楽しい遊びだった。今ではそんな習慣は全く無くなって味気ない。

 これも時代かなぁ。。。。

 ところで、今朝、落柿窯の工房に飾ったお雛様はこれ。

 雛人形も花器も酒器も備前焼。お料理を盛る器にも備前焼を使えば楽しいと思う。

P1020495w800

P1020500w800_5

| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

輪花鉢

 今日は午後から曇り空。気温は比較的高いようで寒さはない。

 先日来の温かい雨で庭の椿が次々に咲きだしました。

 満開に成った紅梅は早くも散り始めましたが、替わって白梅が見ごろを迎えます。

 今日は姉の様子見は休んでゆっくりくつろいでいます。おかげで花を見る余裕があります。

 展示室から輪花の鉢を持ち出して侘び助と合わせてみました。備前は花器でなくてもツバキが良く似合います。

P1020481w800

P1020474w800

P1020478w800

| | コメント (0)

2014年3月 1日 (土)

椿一輪

 今日も春の雨に成った。どうやら気圧配置も春模様に変わったようだ。これからはひと雨ごとに春めいてくるだろう。

 しっとりと潤うのは嬉しいけれど、春の雨は草の生長を促すからあっという間に緑に覆われると思う。草刈が頭をよぎる。。。

  P1020462v800

  庭の侘び助を一輪手折って備前の一輪差しに入れた。備前の一輪差しはいいね。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »