« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

贈り物

 夕方、病院の診察から帰って落柿窯の廻りを見渡すとほとんどの田圃は収穫が終わってなんだか寒々しい風景が広がっていた。

 稲刈りが終わるとそろそろ晩秋。庭のサザンカが咲きだすころだか、今夏の猛暑で白いサザンカが枯れて全く花を付けていない。

今年は、赤く色づくモミジとこのサザンカが猛暑の犠牲になった。ちょっとかわいそうだが仕方ない。しばらく様子を見て駄目なら切ることにする。

P1010363w800


 ところで、このところ主のもとに嬉しい贈り物が良く届く。

 今日届いたのは八女の星野茶。高級茶だから自分で買うことはない。だから余計に嬉しい。美味いお茶を味わう幸せは何物にも代えがたい。感謝感謝。

P1010362w800


 お茶が美味い季節に・・・・今日紹介する茶埦はこれ。

 落柿窯作「備前茶埦」。

P1010357w800

| | コメント (0)

2013年10月30日 (水)

これからの季節にー茶埦

今日も爽やかな秋晴れ。

 以前から健康状態についていろいろ心配や不安が続いているけれど、歳を重ねるとはこういうことでもあるから、あまり気にせず目の前の懸案事項を一つ一つクリアして行くほかない。

 今日は眼科の診察日だった。目に関してもずっと心配が続いているのだが、今のところ大きな変化がみられないからこれも一つクリア、、ということだな。 

 明日はまた違う病院の診察日。新しい懸案事項が加わりそうだが、これもなんとかクリアできると思う。

 ところで、今朝は温かくて穏やかだったから久しぶりにじゃじゃ馬娘のシャワーに付き合った。埃にまみれていたボディーが輝きを取り戻すのは気持ちいい。小さい身体だが結構グラマラス。いいね~。

P1010347w800

 先日、ラジオでこれからがお茶が美味しい季節、、、といっていたが正にそうだと思う。

 新茶のころは香りばかりで味は良くない。夏を越すとお茶は熟成してきてずっと美味しくなる。

 毎日浴びるほどお茶を飲んでいると良くわかる。先日買って来た茶葉も旨味を増していた。

そんな、これからの季節に、こんな茶埦でお茶を楽しんでほしいと思う。

 落柿窯作「備前茶埦」。

P1010351w800

| | コメント (0)

2013年10月29日 (火)

細頸花器

 秋の七草と呼ばれる草花は可憐なものが多い。撫子もいいけれど特に桔梗は備前の花器に良く似合う。

 こんな細頸花器に秋の七草を入れたいと思う。

 落柿窯作「備前細頸花器」。これも個展に持っていく予定だ。

P1010342v800

| | コメント (0)

ちょっとティータイムを

 今日も秋晴れ、午前中からコンバインが忙しく動いている。

 落柿窯の廻りでは稲穂が立っている田圃はほとんど無くなった。遠くに少し見えるだけだ。

 爽やかな秋の昼下がり、主は腰痛の再発を恐れながらユルユル動いているけれど、まだまだ本格的には動けない。

 疲れてもいないのにちょっと一息の休憩ばかり。そんなティータイムにこんなティーセットは如何。鎬のマグカップに楕円皿を組み合わせて。。。。。

P1010345w800

| | コメント (0)

2013年10月28日 (月)

育てる器・育つ器

 今日も秋晴れの爽やかな天気。朝は寒いくらい冷え込んでいたな。 

 ようやく秋の雰囲気になった。

 廻りの田圃では今日も刈り入れが急ピッチで進んでいた.。もうしばらく晴天が続いてほしいと願う。

 さて、今日のテーマは、育てる器・育つ器。・・・・・勿論、備前焼の器のこと。

 ご存じのように、備前焼は釉薬をかけていないから使うに従って肌合いが変化してくる。ツルツルになったり、スベスベになったり、シットリしたりその変化は様々。使えば使うほど肌合いが良くなっていくから育てる喜びが味わえる焼き物だ。こんな焼きものは珍しい。

 日常で使う器が一番良く変わって楽しめると思う。

 こんな多用小鉢も丁度いいかも、、、です。

 落柿窯作「備前擂鉢型小鉢」。

P1010333w800

| | コメント (0)

2013年10月27日 (日)

秋本番

 今朝は、台風一過で秋晴れが約束された清々しい夜明けだった。

P1010316w800

 
午前中は田圃の湿りもあって、さすがにコンバインは動かなかったけれど、午後からは遅れていた刈入れを取り戻すかの様にあちこちの田圃でコンバインが唸りをあげていた。急ピッチで収穫作業が進んで行く。さすがに機械の威力はすごい。

P1010320w800

 今週中には全て刈入れが終わるだろう。

 夕方、青空の中をモーターパラグライダーが2機舞っていた。気持ちよさそう。今年もパラグライダーやバルーンの季節。

P1010325w800
P1010328w800
P1010330w800


 ところで、このところの台風の雨で畑の秋野菜が見る見る大きくなってきた。

 もう、ラディッシュ、水菜、菊菜、小松菜、葱は収穫OK。毎日新鮮野菜が手に入るようになったのが嬉しい。柚子も大きくなって来たし、そろそろ鍋が恋しい。

P1010321w800
P1010322w800

 そこで、落柿窯の主からの提案を一つ。

 鍋にはお酒がつきものだから、みんなで酒を酌み交わすアイテムとしてこんな器は如何。

 美味い冷酒を入れて青竹の柄杓を添える。各人好みに応じて勝手に好きなだけ酒杯に酒を注ぐ。。。。。。そんな器だ。

 落柿窯作「備前輪花深鉢」。勿論、多用鉢だからお酒以外に使っていいよ。

P1010318w800
 この鉢も個展に持っていきますよ。


| | コメント (0)

2013年10月26日 (土)

備前焼のどんぶり鉢

 台風が去って、この辺りではほとんど被害もいなくて良かったが、ただ、稲の刈り取りが遅れて倒れた稲穂が目立ってきた。このままだとちょっとヤバい。早く秋晴れにな~れ。。。。。

 ところで、台風が去ったのはいいが寒さがやって来た。今日は青空もなくて北風が冷たい。予報では、今夜はぐっと冷えるらしいから体調管理に気を付けたいと思う。

 こんな日には熱々のうどんなどが食いたくなる。鍋もいいしおでんもいい。

 ようやく備前の器が活躍する時期が来たのは何より嬉しいことだ。

 そこで、今日は備前焼ではあまり見かけない「どんぶり鉢」を紹介したいと思う。備前焼は熱伝導が大きいから熱々の食材には適さないと思われるかもしれないが、使ってみると案外使い勝手は良い。

 寒い季節だと少しぐらい熱さが伝わっても返って気持ち良いし温もりが嬉しいものだ。 

 落柿窯作「備前どんぶり鉢」。

P1010312w800

 

| | コメント (0)

2013年10月25日 (金)

新米の季節なのに

今日は、台風と寒冷渦の間で秋雨前線が活発化してずっと雨が降り続いている。
このままでは稲穂の状態が黄信号。せっかくの新米の季節なのにね。
勿論、新しい飯茶碗はスタンバイしているよ。あとは美味しいお米が収穫されるの待つのみ。
Image


Image_2


Image_3


| | コメント (0)

2013年10月24日 (木)

先人の心を求めて

 台風接近で鬱陶しい天気が続いている。人間は今までもこれからも自然の脅威といかに折り合いを付けていくかが重要なんだと思う。自然の中で暮らしていると事あるごとにそう感じる。

 このところ、主はまたしても腰痛がぶり返したようで身体に力が入らない。こんな時はどうしてもマイナス思考に陥ってしまいがちだが、人間が生きると言うことは山あり谷ありだから特にどうということもない。今はじっと身をひそめ先人たちの声に耳を傾けている。

 主は、今まで特定の師を持ってこなかった。主の師は、今まで関わりも持ってきた全ての人だし歴史に残って来た作品とそれを造った先人達の心といえる。

 足が前に出ないときには立ち止り、暫し佇んでいることも多い。そうしているうちに何時の間にやら足が前に出ていることに気付く。

 人生ってそんなもんだろう。。。。。

P1020419w800
P1080570w800

| | コメント (0)

2013年10月23日 (水)

ちょっと不気味

 今日は「霜降」。寒さが増して霜が降りる頃、、、とされているが、今、日本列島はそれどころでない。

 南海上に台風27号、28号が日本に近づいているし、北の大陸には寒冷渦ありこれも日本に近づいている。

 正にトリプルパンチ状態。

 このまま3つが近づいてくると、またしても大きな被害が出そうで怖い。自然の現象だから人の力ではどうにもならないけれど被害が出るのは願い下げだ。

 これから週末にかけて要注意。日本のどこでも被害が出る可能性があるらしいから神経を研ぎ澄まして危険から身を守りたいと思う。

| | コメント (0)

徳利の面白さ

今日は、天気予報通り雨。これから台風が過ぎるまで雨の予報だから稲刈りが遅れるなあ。
ところで、陶芸を始めて一番嬉しかったのは徳利が轆轤挽きできた時。徳利の形は無駄がなく単純で綺麗だと思う。
大きさも形も様々で呼び名も様々だが形の特徴が呼び名 なっているのが一般的だ。例えば丸徳利、肩つき徳利、蕪徳利、辣韮徳利、首が長いは鶴首徳利、鴨の形は鴨徳利、底が広くて舟に積んでも安定がいいのを舟徳利などなど、、、、、。
茶碗と違って決まりごとがない自由度がなんともいいね。
今日の写真は、、、大徳利、蕪徳利、それに普通の大きさの徳利を並べてみた。
Image


| | コメント (0)

2013年10月22日 (火)

青い備前焼

 嵐の前に束の間の晴れ間を利用して急ピッチで稲刈りが進んでいるけれど、早くも明日から天気が崩れる予報。

 天気の神様、お願いだからもう少し踏ん張ってくれないかな。

P1010277w800

 ところで、先日の備前焼まつりで感じたのは、最近、酸化焼成で焼いた明るい色合いが増えたこと。もうひとつは、青い色の備前焼き、、、、所謂青備前というやつ。 

 どちらも従来の備前焼の色合いとは少しばかり趣を異にするから新鮮でいい。

落柿窯の様な小さな窖窯で酸化焼成しても窯の場所によってはこんな青い色が出る。面白いねぇ~。。。。。これだから止められません。

P1010282w800



| | コメント (0)

2013年10月21日 (月)

玩具選び

 今日は、「備前焼まつり」の期間中とは全く違って汗ばむほどの晴天。

 祭りが今日、明日だったら人出も随分違ったと思うが、天気だけはどうにもならない。また来年に期待だね。

 ところで、主の作品選びもいよいよ大詰め。こんな芋徳利も加えようと思う。

P1010271v800

 さて、祭りにとってはありがたくない雨も畑の野菜たちにとってはありがたい雨のようで、このところの雨で野菜が随分育ってきた。すでにラディッシュ、水菜は食卓に上っているし、そろそろ菊菜も葱もOKかな。

 これから田舎暮らしのありがたさが身にしみる時だ。獲れとれの野菜は甘くて美味いよ。

P1010274w800

 先日の検査で特に悪い所見が無かったことに気を良くして、今日は新しい玩具を選んできた。またまた主の道楽の虫が。。。。。

 それがこれ。

P1010276w800

 何時入るかわからないけれど、ちょっと楽しみ。

| | コメント (0)

2013年10月20日 (日)

備前焼まつりー去年と今年

  今年も「備前焼まつり」が終わった。

 今年は、昨年の暑いくらいの晴天と違って雨にたたられた祭りとなった。

 ブログの写真を見ると、昨年も小西陶蔵さんのギャラリーにお邪魔して展示を見せていただいている。

  「備前焼まつり」の終わりにあたって、昨年と今年の写真を比べて「備前焼まつり」の記事を終えたいと思う。

 どちらも陶蔵さんのギャラリーの展示だ。

 先ず、今年の写真から。。。

P1010242w800
P1010250w800

P1010251w800


 次は昨年の展示。

P1060044w800
P1060039w800

 毎年このギャラリーを訪ねるのが「備前焼まつり」で一番の楽しみ。

 来年もまた期待していようと思う。


| | コメント (0)

備前焼まつりー2日目は雨

 「備前焼まつり」2日目はあいにくの雨。一日中冷たい雨が降ったり止んだり。

 主は、今日も見に行って報告しようと思っていたが、雨の中を出る気になれず一日のんびりしていた。

 今年のお祭りは天候に恵まれずちょっと残念だったけれど、こればかりはどうしようもないこと。参加された作家さんの労をねぎらいたいと思う。お疲れ様でした。

 主は、今日一日のんびりしたおかげで検査疲れも取れたようだから明日からまた復活しようと思う。

 そんなわけで、今日はのんびりと雨の音を聞きながら久しぶりに茶を楽しんだ。

P1010268w800

 

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

備前焼まつりー写真追加(その2)

P1010231w800


P1010240v800


P1010241w800


P1010251w800

P1010248w800


P1010252v800


P1010263w800

P1010260w800



| | コメント (0)

「備前焼まつり」初日ー写真追加

 今日撮って来た写真を追加します。御覧ください。

P1010226w800


P1010229w800


P1010233w800


P1010234w800

P1010236w800


P1010244w800

P1010261w800


P1010265w800


P1010259w800





| | コメント (0)

備前焼まつり・・・ちょっとだけ

 今日は朝から雨で「備前焼まつり」への影響が心配されたが、開催時刻には雨は上がって曇りながら丁度よい気温になった。

 主は、昨日までの入院検査疲れが取れず今年のま祭りには行けないかと思っていたのだが、FBで祭りに出店している若い友人の笑顔を見たら矢も楯もたまらず午後から出掛けてしまった。

 しかし、やはり身体に力が入らない。仕方なく友人の顔を見ながらひと廻りして早々に引き揚げて帰ってきた。

 今日、印象に残った写真をいくつかアップしたいが友人の写真が中心であることをお断りしておきたい。。。

P1010267w800


P1010228w800


P1010232w800


P1010238w800

P1010256w800


P1010224w800

P1010255w800

P1010250w800


P1010253w800


P1010254w800


P1010242w800

P1010258w800


 今日、ちょっと無理をして出掛けたのは友人に会うこともあったが、小西陶蔵さんのギャラリーで展示を見せていただくことが一番の目的だった。

 今日、無理しても行ってよかったと思う。明日も祭りは開催されているから是非行っていただきたいと思う。

 焼き物だけでなく美味しい食べ物もあるし珍しい発見も多々ある。祭り好きにとってはたまらないよ。

 ただ、天気だけが心配。これだけはどうにもならないからね。テルテル坊主にお願いするしかない。


| | コメント (0)

2013年10月18日 (金)

無事帰還

 昨日からの一泊二日の検査入院から無事帰宅した。ちょっと気になっていた検査だったが問題になるような所見は無かったのでひとまず安心したところだ。

 今回の病院は、建て替えられてほぼ1年の新築だからとても綺麗で設備も良い。

 主が入った個室もシンプルでよかった。ちょっと写真を出しておこう。

 御覧の通り部屋もトイレも綺麗だった。P1010217w800_3P1010218w800_3


 


 ところで、明日から「備前焼まつり」が赤穂線伊部駅を中心に開催されるけれど、どうも天気が今一つのようで心配される。

 主は、明日の体調を見て行くか否かを決めるけど、どうか雨になってくれないことを祈りたい。せっかくの年に一度のお祭りだもの。。。。。 

 多分、今夜は前夜祭、、、、賑やかだと思う。

 主は、夕方帰宅して夕食をとったが、どう見ても病院食の方が良い。今夜の主の夕食は、、、インスタントのハヤシライス。残念なり。

 ただ、使った器は、この備前焼の9寸皿。これだけが唯一の贅沢だ。

P1010221w800







| | コメント (2)

2013年10月16日 (水)

野にある備前

 今日は朝から台風の吹き返しの風が強く吹いていたが、夕方になって次第に収まって来た。

 この台風もやはり大きな被害をもたらしてしまった。被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げたい。

 今日の吹き返しの風は冷たくて一気に秋が進んだように思う。しかし、陽射しは明るくて空は雲が多いものの青空が高かった。

 陽だまりの中で、久しぶりに備前の壺を野に連れ出して置いてみた。どういうわけか、備前の壺は床の間よりは自然の中に置く方がよく似合う。

P1010214w800


 明日朝から1泊2日の検査入院。行ってきます。

 従って明日のブログはお休みですよ。

| | コメント (2)

2013年10月15日 (火)

鍋に使う器ー備前焼

 今日は台風26号の外側の雲がかかって朝から冷たい雨。気温も低くて肌寒い。思わずダウンのベストを引っ張り出した。

 台風26号は四国沖を東日本方面に向けて進んでいる。進路にあたる地方は要警戒。

 このところ急に気温が低くなって、おでんや鍋が恋しくなった。しかし、畑の野菜はこれから育つから自前の材料調達は今少し待たねばならない。

 鍋の材料を盛る備前の器は大皿が定番だけれど、野菜以外の具材は長方皿に盛るのもいいと思う。

 具材が無くなるに従って皿の景色が現れるのは大皿と同じだ。

 どちらも、落柿窯作「備前叩き長方皿」の景色。。。。。

P1010208w800_2

P1010210w800


| | コメント (0)

2013年10月14日 (月)

「備前焼まつり」まで後5日

 今年の「備前焼まつり」は、10月19,20日だから後5日に迫った。

 知り合いの作家さんもネット上で宣伝しているから心待ちにしておられる方も多いと思う。今年はどんな祭りになるか楽しみだが、主は、祭り直前に検査入院することになっているから行けるか否かは分からない。体調が良ければ行くけどね。

P1010207w800
 この山の麓に広がる焼き物の里では準備に追われていることだろう。祭りに出店する作家さんは準備にてんやわんやだろうな。

 ところで、またしても台風が接近中。今度の26号は大型で強い台風のようだから被害が心配される。特に、この辺りは稲の刈入直前だから被害が無いことを祈りたい。

 主は、今日、収穫前の田圃の畦草を刈った。腰の具合もいいようでひと安心。涼しくなっても動くと汗ばんでくるが、夏のべっとり汗とは違って心地良い汗だった。

 後は秋風を全身に受けてのんびりした体育の日だったよ。

 個展の作品選びもそろそろ終盤になった。こんな作品も持って行こうと思う。

P1010204w800

| | コメント (0)

2013年10月13日 (日)

秋の花を活ける

P1010198w800

 今日は、早朝から八幡様の掃除だったからちょっと早起きした。今朝は寒いくらいな晴天。澄んだ空気が心地よかった。

 昼間も北から吹いてくる風が部屋を吹き抜けるとじっとしていたら寒い程。思わず上着をはおった。

 いつもは日が高くなって起きだすから、今日の様に日の出前から起きていると昼寝をしてしまう。こんなに良い天気に家でくすぶっているのはもったいないが、何せ身体がついていかないから仕方ない。

 自作の竹節一輪に野を花を活けて工房に置いた。青空が抜けるように高い。良い季節になった。

P1010203v800


| | コメント (0)

2013年10月12日 (土)

秋風

 今日は、昨日までの蒸し暑さが消えて心地よい秋風が吹き抜けている。Tシャツだけでは寒いほど。

 蒸し暑さが無いだけでこんなにも心地良いのかと驚くが、これがこの時期本来のもの。ようやく良い季節が来た。 

 今年は何故か柿の生りが悪い。所謂、柿の裏年???か。その変わりに畑の隅にあるザクロが良い。こんなに良い年も珍しい。秋風に大きな実が揺れている。

P1010194w800
P1010196w800
 ザクロの上空は秋の青空。

 天気予報によれば、今夜から気温が低くなるらしい。・・・・とはいってもそれがこの時期本来の気温だが、今までの暑さからの急激な変化は体調管理が難しい。気を付けたいものだ。

 涼しいくなると、何故か備前の温かい緋色が際立ってくる。やはり備前の景色は魅力的だ。

P1010178w800




| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

残暑も最後か???

 今日は、1日中秋雨前線の影響で鬱陶しい天気が続いた。乾きかけていた畑には恵みの雨になった。野菜も草もぐんぐん伸びると思う。

 この雨でどうやら残暑も治まる様子。明日から爽やかな晴天の予報だが、南の海上にはまたまた台風があって、その中の26号が日本列島をうかがっている様子だ。

 来週17日には入院検査だからこの日に当たらなければいいのだが、何か間が悪そう。影響が無いことを祈りたい。

 さて、今日は午後から恒例の絵手紙教室に工房を明け渡した。その前に午前中陶芸教室のメンバーが集まってくれて作品の荷造りを進めてくれた。おかげで随分はかどった。残りはあとわずか。どうやら今月中には終えることができそう。メンバーに感謝感謝。

 午後からの絵手紙教室が終わった後、恒例になっている工房に残してくれる絵手紙の作品は、今日はこの2枚。画題はザクロとパプリカの様。

P1010174v800

P1010175v800


 ところで、作品の荷造りで後に残ったのは壺や大皿など大物ばかり。

 用意しているコンテナに入るかなぁ。尺ほどのこんな大きさだったら余裕なのだけどね。

 落柿窯作「備前輪花大皿」。

P1010173w800


 

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

コレクションアイテム

 今日も蒸し暑い日だった。季節の変わり目は体調管理が難しいのに、こんな天候が続くと余計参ってしまう。

 それでも、これが地球の自然そのものの姿だから地球上に生きるためには順応していくしかないのが現実だ。人間は今までもそうしてきたし、これからもそうして生きていくはず。不平不満が言えるのも生きていればこそ。まあいいか。。。。。 

 ところで、備前焼の愛好家にはいろんな人がいてそれぞれご自分の好きな分野の作品をコレクションしておられる。

 徳利の人、ぐい呑みの人、壺の人、花器の人、泡瓶の人等々様々。これらの作品は皆結構高額だからおいそれとは購入できないことが多い。

 そこで、今日の提案は、コレクションアイテムとして「箸置き」は如何かな。

 箸置きは安価だし形がいろいろあって楽しい。食卓に使わなくても飾りとして置いておくだけでも絵になる。季節感のある物をいろいろコレクションすると思いの外楽しめると思うよ。

P1010156w800

P1010157w800

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

10月9日・真夏日

 台風が去って、本来なら台風一過の爽やかな晴天が広がるところだが、今日の暑さは何だ????? 今日は真夏日だよ。10月9日の気温ではないね。

P1010154w800

 台風一過の瀬戸内。これで暑ささえなければ言うことなしなんだが、、、今日は真夏日。

P1010155w800
 雲の様子は、あたかも天に昇る龍のごとし。

 こんな暑さの中での作業は思いの外疲れがたまる。

 今日もゆるゆると作品選び。水滴の水漏れを再度確認したり、どんぶ鉢を磨いたり・・・・それでも少しずつは前に進んでいるよ。

P1010151w800
P1010153w800






| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

台風24号

 強い台風24号が九州北部に接近中。このエリアには今夜から明日の午前中が最接近らしい。

 たわわに実った稲穂に被害が出ないことを祈るばかりだ。

P1010134w800


 今朝は腰の具合がいいようなのでアヒルさんと山羊のナナちゃんに会いに行ってきた。どちらも元気一杯。台風の被害が無ければよいが。。。。。

P1010130w800

P1010132w800


 退職以来、家から出る事がが少なくなって世間とのかかわりが減っている。かといって自分を深く見つめているわけではない。ただユルユルと生きているというのが正解かもしれない。多分、主の人生はこのままユルユルと過ぎていくのだろう。

 今度の個展は、そんな主が生きた証しになるやも知れない。今日も展示室で作品を物色した。

 今日はこんな窖窯の景色の作品が見つかった。

P1010143w800
P1010147w800

P1010142w800

P1010148w800





| | コメント (0)

2013年10月 7日 (月)

嵐の前

P1010129w800
 

 強い台風24号が近づいている。この辺りには明後日が最接近らしい。

 いつぞやの林檎台風の様な被害が心配されるコースだ。そう言えば、あの台風の最中窯を焚いていたのを思い出した。

 焚いても焚いても温度が上がらず粘りに粘って焚いた記憶がある。結果は上々だった。懐かしい思い出だが、今度の台風は被害が無いことを祈りたい。

 今日は、嵐の前に夏の暑さだったけれど、空は良く晴れて涼しい風がキンモクセイの香りを運んでいた。

P1010125w800

 夕方になると雲が増えて台風接近が分かる空に変わって来ている。

 

 主の腰の具合もずいぶん良くなって来た。でも、まだ無理はできない。少し動くとやはりずしんと応える。最近、いろんなアクシデントからの回復が遅い。歳の所為にはしたくないけれどやはり歳のせいだろう。

 

 腰の具合がよくなってきたところで作品選びを進めている。今日は大皿や大鉢を選び出した。その中にはこんな扁鉢もあるよ。

P1010122w800



| | コメント (2)

2013年10月 6日 (日)

ティーポット

 今日は良く晴れて暑いくらいの日和。昨日中止になった保育園の運動会も秋晴れの下で無事開催されたらしい。良かったね。

 昨日の雨は、畑の野菜たちにとっては恵みの雨だったから今朝畑を見ると野菜たちは元気いっぱいで一気に伸びている。でもね、元気になったのは草も一緒だから一日で畑一面草だらけ。まあ、これもいつものことだ。

P1010105w800


 さて、今日の話題は備前の急須。

 備前の急須といえば横手急須が主流だが、これだと所謂ティーポットとして使うにはちょっと似つかわしくないように思われる。

 そこで後ろ手にしてみたのだが、これだとティーポットらしくなったのではないかな。

古くは、繊細な後ろ手の急須も備前で作られていたが、今ではあまり見なくなった。

 落柿窯作「備前ティーポット」。結構豪快にドボドボお茶が出る。

P1010103w800

| | コメント (0)

2013年10月 5日 (土)

柿の季節

 今日は恵みの雨。しかし、近くの幼稚園の運動会は明日に順延になったらしい。園児たちがちょっとかわいそうかな。

 この雨は畑にとって待望の雨だから野菜たちは喜んでいると思う。当分水遣りの心配はなくなったね。

 ところで、今日は腰を痛めて以来ほぼ一週間ぶりに車でスーパーに行った。車に乗っても大丈夫なまでに回復したようでひと安心。

 いつの間にか柿の季節になっていて、スーパーの特売売り場には柿が並んでいたので早速購入した。

 柿の季節は医者いらず・・・といわれるほど柿は栄養価が高い。主も柿が好物だからこの季節は嬉しい。我が家の柿が実るのはもう少し先になる。

P1010097w800


 さあ、これで作品選びを加速できるかな。こんな作品も候補の一つ。

 落柿窯作「備前広口壺」。綺麗な白ゴマが掛かっている。

P1010094w800

| | コメント (0)

2013年10月 4日 (金)

備前鶴首

 腰痛5日目。いまだ完全復活には至っていない。

 長く立っていたり、椅子から立ち上がったり、起きあがったりの時には筋が痛むし、腰に何かが張りついているような感覚がある。

 今までもこんな症状が出たことがあるから無理は禁物だということは分かっていても、老人の独り暮らしでは何かと不自由でつい無理をしてしまう。まあ、我慢するしかないな。

 ところで、今日は、いつもの陶芸教室の日だったから、教室のメンバーにお手伝い頂いて今までの選び出していた作品の梱包をした。

 一人ではとても大変な作業も人がいるとはかどる。しかし、作品の選び出し作業は当分続きそうだな。

 

 それはともかく、主が陶芸を初めて以来目標にしている一つに「備前鶴首」を造ることがある。今まで作って来た鶴首の中で、これは、、、と思われるものをいくつか選び出して展示したいと思っている。

 落柿窯作「備前鶴首」。。。。。

P1010086v800

 

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

カリンの実が落ちる秋

P1010078w800

 腰を押さえて庭に出たら今年もカリンの実が落ちていた。 昨年はもっとたくさん生っていたが、今年はどうやらこの2つだけのようだ。夏の暑さの影響かな。

 廻りを自然に囲まれての暮らしは、初秋から晩秋にかけていろんな秋を楽しみながらのんびりと時間が過ぎていく。いいもんだ。

 できれば、こんな器に一杯の秋を盛りたいと思う。 

 落柿窯作「備前輪花大鉢」。

P1010084w800

| | コメント (0)

2013年10月 2日 (水)

キンモクセイの香り

 腰痛3日目。少し回復の兆し。今は我慢の時。

 10月になってキンモクセイの香りが強まって来た。

P1010076w800


 水路の水が止まった田圃の畦でサギが餌を探している風景も凛としてカッコ良いね。

P1010068w800

 陶芸仕事は当分できないけれど、いろいろ気がかりなことがあって何もできないということは結構つらいもんだ。

 ただいま窖窯の景色を物色中。こんなのもある名なぁ。

P1010070w800
P1010073w800

| | コメント (0)

2013年10月 1日 (火)

当分休養

昨日からのギックリ腰の様な腰痛で今日は一日中寝てました。
復活には少し時間がかかりそうです。
陶芸仕事は腰が命、、、のところがあるので腰が痛いと仕事になりません。
この痛みは夏の疲れを癒すチャンスを神が与えてくれたのだと思いゆっくり休養することにします。

Image


| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »