« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

新しいカメラ

 今日は台風崩れの低気圧が秋雨前線を刺激して雨が降ったり止んだりの鬱陶しい天気。

 午前中はまだ晴れ間があったのでカメラ屋さんに行った。

 先日修理に出したLUMIX FX66が無料修理の対象外で修理費の見積が結構高い。これなら新しいカメラが買える・・・・ということでコンパクトデジカメを買って来た。

 ブログを始めて以来、毎日写真付きで記事をアップしてきたからカメラを相当酷使していることもあってか、はたまた使い方が荒いのか、これでもう4台目のカメラになる。

 今度のカメラも LUMIX だが、今度のはSZ3という廉価版。それでも1600万画素以上で10倍ズームという優れもの。この性能で1万円を切るこの値段は安いと思うよ。 

R0010895w800


 早速写してみたのがこの写真3枚。遜色なく良く写る。

P1000004w800
P1000005w800
P1000011w800

 明日は、海辺の町に行く予定があるから、外で写してみようと思う。

| | コメント (2)

2013年8月30日 (金)

快気祝い

 今日は大雨が接近中で雨が降ったり止んだりの鬱陶しい天気だったが、陶芸教室のメンバーで姉の快気祝いを兼ねて焼肉パーティー。

 頂き物の近江牛と新鮮野菜が最高でした。ご馳走様でした。

 さて、今日も個展用の作品選びがゆるゆると続いているが、期日に余裕があると思うと全く牛歩の如く進まない。

 こんな作品も候補にいれようかな。。。。。

Image_2

Image_3

 

| | コメント (0)

2013年8月29日 (木)

傷それとも景色?

    台風15号の接近で天気が崩れて来た。明日から大雨の予報。要注意だと言ってもなかなか難しいのが現実です。

    ここ数日でムラサキシキブが急に色づいてきた。もう秋なんだね。

Image

    ところで朔日アップした練り込み徳利の肩に亀裂が入っているのだが、これは傷、それとも土の景色?

    さて、どう考えればいいのかな?

Image_2

 

| | コメント (0)

2013年8月28日 (水)

眼科の診察日

    今日は眼科の診察日。2ヶ月ぶりの診察だったが特に変化は無く落ち着いているとの事。一安心です。
   
    ところで、このところ夜なべ仕事で出品目録を作成中。何とか形になって来た。後は作品を梱包して、待つつだけですが、その他準備することが多いなあ。全てが初めての事ばかりなので右往左往しています。

    こんな作品も候補にいれようかな。。。。。

Image

Image_2

 

| | コメント (0)

2013年8月27日 (火)

秋近し

   
    ようやく秋が近づいて来たようだ。
   今日は、陽射しはきつかったけれど吹く風は爽やかで秋が近いことがわかる。
   
    朝の陽射しの中で埃を被ったじゃじゃ馬娘の化粧直しをしてから伸びて来た草を刈った。これで、この夏何度目の草刈りか数えきれない。これで今日はもうクタクタ。

   午後からのんびりと作品の選び出しをしたけれど、結局作品が多すぎて選びきれないから途中でやめた。まあ、時間はたっぷりあるからゆっくりやろうと思う。

    こんな作品も候補にいれようかな。。。。。

Image

Image_2

 

| | コメント (0)

2013年8月26日 (月)

作品の選び出し

    今日はよく晴れてカラッとした暑さ。今朝は涼しい目覚めだった。

    昼になっても風は爽やか。でも残暑はまだなだ続きそうだからもうしばらくは暑さに耐えねばならないね。
    
    先日から、そろそろ始動、、、と思っているのだが,なかなか思うようにはいかないもので、まだグズグズしている。

    それでも、来年2月の初個展に向けてようやく作品の選び出しを始めた。この作業もなかなか大変だな。何せ初めての事だからね。

Image

Image_2

 

| | コメント (2)

2013年8月25日 (日)

秋の気配

 前線が南下して雨が上がった。今は青空。北からの爽やかsな風が吹いている。猛暑が嘘のような秋の気配だ。

 この雨で一気に草が延びだす。また草刈りが始まる。

 工房の前にあるムラサキシキブも色付き始めた。まだまだ残暑は厳しかろうがようやく暑さの出口が見えた。

Img_1805_1w800

 展示室に今回の激しかった雨を想わせる流れ胡麻の壺がある。

 落柿窯作「備前流れ胡麻壺」。

R0010892w800

| | コメント (0)

2013年8月24日 (土)

雨音を聞きながら

     今日は一日中雨が降ったり止んだり。カラカラだった大地が十分に潤った。しかし、島根県では水害や山崩れが発生している。被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げたい。
     こんな雨の日に雨音を聞きながら主は名品の鑑賞。
     久しぶりに金重陶陽造の手造泡瓶を見た。何とも味わい深い泡瓶だ。作品の裏に陶陽造とあるから晩年の作か?。。。。。

Image

 

| | コメント (0)

2013年8月23日 (金)

手持無沙汰

 雨乞いが必要な程雨が降っていないこの地方でも、ようやく今夜は雨が期待できそうな雲行き。しかし、雨になるかどうかは半信半疑だけれどね。

 今日は、夏休みが終わってひさしぶりに陶芸教室が始まった。メンバー一人が旅行中で欠席したけれど外のメンバーは変わらず元気。

 その為、主は手持無沙汰。手持無沙汰は主だけでなく展示室の作品たちも同じこと。みんな大人しく嫁入りを待っているよ。

R0010876w800
R0010881w800
R0010882w800
R0010879w800





| | コメント (0)

2013年8月22日 (木)

ほっこり

    ようやく天気の変わり目になったようだ。今日は相変わらずの猛暑だったが曇りがちの天気だった。今は遠くで雷の音も聞こえている。
    そろそろ陶芸仕事をはじめよう。
   ほっこりと温かい作品を作っていきたいですね。

Image

 

| | コメント (0)

2013年8月21日 (水)

備前の器

R0010865w800

 岡山の夏の定番、葡萄が届いた。自家栽培している従弟が毎年届けてくれる。

 今年はピオーネ、オーロラブラック、藤稔それに巨峰。早速、冷やして備前の器へ。

 器は、落柿窯作の「備前擂鉢」。備前の器に盛ると何故か一層美味しそうにう見えるから不思議だね。   ご馳走様でした。感謝。感謝。

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

秋の気配

R0010860w800
 連日の猛暑にアップ・アップしているけれど、吹き抜けていく風はやはり秋の気配。

 厳しい残暑の中で忍びよる秋の気配を集めてみた。

R0010861w800


R0010854w800


R0010853w800


R0010855w800


  猛暑の中で長く休んでいた陶芸仕事もソロソロ始動しなければ、、、と思う。

  今日の作品は、これぞ窖窯・・・と言える景色の徳利。

  陶芸始動への良い刺激になるね。落柿窯作「備前徳利」。

R0010859w800

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

久しぶりにGR

 毎日使っているLUMIXに不具合が出たので修理に出した。代わりにGRⅡを引っ張り出して使うことにした。

 このカメラはGRの2世代目で購入してからもうずいぶん経っている。今は4世代目が出ているようで画素数も1600万画素を越えているようだがこの2世代は1000万画素。

 しかし、画素数に関係なくこの2世代目はとてもよく写る。主はこれで充分だ。久しぶりに引っ張り出したので使い方を忘れているのが自分でも嫌だね。

 これから当分はこのカメラのお世話になるから、試しにちょっと木の葉皿を写してみたら良く映り過ぎてアラがまるみえ。嫌だね。

R0010847w800

| | コメント (0)

2013年8月18日 (日)

夏の備前焼~ビアマグ~

 夏の備前焼の定番は、何といってもビアマグ。

 今まで、備前焼のビアマグの使い方については度々言ってきたから今更と思うけれど、今日は実際の写真を添えておきたい。

 夏に使うビアマグはキンキンに凍らすこと、、、、、これが基本。

 先ず、凍る前のビアマグはこれ。

 何れも落柿窯作のビアマグ。

P1090780w800

 同じ作品ではないけれど、常時、工房の冷凍室に入っているビアマグがこれ。

P1090784w800
 この状態で使うのが基本。

 ビールの泡が細かくてず~と消えないで残る。勿論ビールの味が良くなるのは言うまでもない。

| | コメント (0)

2013年8月17日 (土)

夏の備前焼

 夏に使う備前焼の一つに、酒宴に使う氷酒用片口をお勧めしたい。

 写真の片口に氷とお酒を満たして注ぎ分ける。昔、和食の店で見て以来、なぜか心に残っている形。

 落柿窯作「備前片口」。

P1090774w800

反対側はこんな景色。

P1090777w800


| | コメント (0)

2013年8月16日 (金)

これは何?

P1090767w800

 

 ゴーヤの横にあるこれはなぁに?、、、、、 ナホちゃんの畑で摘んだ。不思議な形。形はまるで茄子。色はトマト。

 実は、これは「イタリアントマト」らしい。

 主は、今までrこんなトマトを栽培したことが無いからさっそく味見。

 結論からいえば、味はトマトそのものだった。ただし、皮も果肉も柔らかい。珍しいけれど、主は普通のトマトがいい。

 

 猛暑は相変わらず。今朝も早朝から刈り残していた草を刈った。日の出の時刻はまだ暑さもマシだし、今日は時間も短かったから疲れは少ないけれど、やはり汗でびっしょり。後はシャワーを浴びてゆっくりしていた一日だった。

 さて、今日の作品は、、、やはり茶埦。

 落柿窯作「備前茶埦」。綺麗な胡麻がついている。

P1090772w800




| | コメント (0)

2013年8月15日 (木)

終戦の日ー戦争忘れまじ

 今日は終戦記念日。

 主は、もの心ついたころから、従軍していた父親から子守歌代わりに戦争の話を聞いて育った。それゆえ戦争がどんなものかが血肉になっているように思う。

 人を殺す、理不尽に人が死ぬ、殺さねば殺される。これが戦争の姿。絶対に嫌だ。戦争は絶対に嫌だ。ただそれだけ。

 今もなお、世界のあちこちで戦争が起こっている。多くの人が死ぬ。心が痛い。

 今日は人類の平和を静かに祈りたいと思う。

 ところで、今日の診察で少しばかり厄介なことが出てきた。これから秋にかけてちょっと気ぜわしくなるかな、、、。でも元気ですからご安心を。

 今日は写真が何もないから、仕方なく見込が赤い茶埦をアップすることにしたよ。

 落柿窯作「備前茶埦」。

P1090760w800

| | コメント (2)

2013年8月14日 (水)

素地に描く

 猛暑日にほとほとうんざりの毎日。こんなに暑いと行動が鈍って怠惰な主が余計に怠惰になっている。

 毎日、エアコンの中で高校野球を眺めている。こんな日々を続けるのは心身ともによろしくないのは分かっていても実際身体が動かない。 

 それでも明日は予約診療の日だから午後から病院に行かねば・・・。

 ところで、今日、本棚の隅で面白いものを見つけた。

 たしか、主が陶芸を始めたころ、職場の先輩女性が主が轆轤挽きしたミニ徳利の素地に絵付けしてくれたものだ。

 あれからすでに30年は経っているはずだから、今まで割れずに残っていたのは奇跡に近い。薄く轆轤挽きしていたらきっと割れていたと思うが、轆轤が挽けだしたばかりのころだから厚手だ。だから割れなかったのだろう。

 このミニ徳利を焼きたいと思うが、この絵は普通の絵具で描いてあるから焼くと消えると思う。このまま置いておいた方が良さそうだね。

P1090758w800

| | コメント (0)

2013年8月13日 (火)

涼しさのイメージ

 今年のお盆は猛暑。日の出の時刻に墓参りした。この時間だと結構爽やかで墓地の横を流れる河も涼しげだ。

P1090727w800 最近、どこのお家も墓石が立派になって一段高くなっている我が家の五輪塔が遠くからでは分からなくなってしまった。

 我が家の墓は、30年以上前に古い墓石を整理して五輪塔に変えた。

 当時はこれが珍しかったけれど、今では多くのお家が大きな墓石とともに五輪塔も設置しておられる。

P1090728w800 墓地に近い吉井川河川敷。

 上流に無意味なダムができて水量が減った。それでもゆったりと流れる川はいい。

 これでダムが無ければもっといいのに、、、と思う。

 暑い季節に備前焼の話題はやや不利だが、それでも備前焼で海を感じることもできるし谷川の滝の流れを感じることもできる。イメージを膨らませて頂きたい。

 先ずは海。サザエと漁に使う網の錘の蓋置き。

P1090733w800
 次は谷川。岩肌を流れ落ちる滝をイメージできないかな。。。、。

P1090739w800
 おまけは、自生している白ユリで爽やかさを感じてほしい。

P1090742w800









| | コメント (0)

2013年8月12日 (月)

最高気温

 今日、日本の最高気温が更新された。41度だそうな。高知県四万十市。記録更新でもあまり喜べないだろうな。

 連日の猛暑に、ここは砂漠か?・・・・・といいたくなる。

 こんな暑さの中で、早朝やはり草刈り。昨日と今日で気になっていた草刈を終えた。どうにかお盆に間に合った。明日は早朝に墓参りをすまそうと思う。

 連日の暑さに、やはり山が恋しい。

 「山を想えば人恋し、人を想えば山恋し」・・・山も人も恋しいけれど、今は何もない。

 かつて、ある人が残していった山と風の香炉を前にして想いにふけるだけ。

 

P1090708w800 

    P1090706w800





P1090705w800

| | コメント (2)

2013年8月11日 (日)

夏バテか???

 連日の猛暑にやられたのか、もともとの体力不足のせいなのか分からないが、主は少々夏バテ気味。

 食欲がないわけではないのだが食は進まない。こんな時は無理をせずおとなしくしているに限る。・・・ということで、今日もエアコンの中でゴロゴロ。

 それでも草だけは待っていてくれないから、今朝は6時から草刈。ほぼ1時間でノックアウト。明日も朝日が昇る前から草刈だ。

 こんなに暑いと外に出る気も起らない。

 昔、あんなに通い詰めた北アルプスにもとんとご無沙汰。仕方ないから昔の山の写真を眺めながら少しの涼を味わっている。 

 白馬大池上部から浅間山を望む、7月。

P1090716w800
 高山植物の女王コマクサ。白馬蓮華岳斜面、7月。

P1090725w800
 高山植物は摘むことができないけれど、できれば一輪こんな壺に入れてみたいという衝動にも駆られるね。

 落柿窯作「備前長首徳利」。

P1090715w800



| | コメント (0)

2013年8月10日 (土)

殺人的猛暑

P1090703w800

 今日の昼間の室内温度はこれ。全ての窓は解放されていたのに。この温度では外の木陰の方がましだよ。当然エアコンのお世話になった。

 この暑さはますます強まるようだから、なんとかして命を守る行動をとる必要があるね

 こんな暑さではとても集中できないから陶芸仕事は休んだまま。変わりに草刈や枯れた庭木の剪定をしている。これも暑すぎ。それでも自然は待ったなしだからやるしかない。

 ところで、今日は膝の手術をした姉の靴を探しに靴と中敷きの専門店「異邦人」に行ってきた。足を計測してピッタリの中敷きを造って合わせてくれる。靴は勿論中敷きがいいから歩くのが楽だし足の矯正にもなるようだ。

 さすが専門店だけのことはあるね。

 以前は京阪神にしかお店が無かったが1年ほど前から岡山駅前にお店がオープンしたから気軽に立ち寄れるようになった。

 良い靴を探している人にはお勧めですよ。特に歩き方が悪い人は是非行ってみることを勧めたい。

 姉も足に合った靴を見つけることができたからリハビリも楽になると思う。

P1090704v800 

 歩き方も指導してくれるし、後のメンテナンスも責任を持ってしてくれるから安心だ。

 靴はほとんどがスポーツ用品の有名ブランドばかりだからこれも安心できると思う。

 靴が合っていない人や歩き方の悪い人は悩みが解決するかも。。。

| | コメント (0)

2013年8月 9日 (金)

忘れてはいけない

 今日は「長崎原爆の日」。68年前の悲惨な状況を忘れてはならない。

 それでも、今日の工房では笑い声の中で絵手紙教室。この平和を大切にしなければならないと思う。

 ノーモア・ヒロシマ、ナガサキ。ノーモア・ヒバクシャ。ノーモア・フクシマ。

 核のない世界になるように心から祈りたいが、今日の式典で長崎市長が批判したように、このところの日本政府の動きが心に引っかかって不安が消えない。

 さて、話は変わるけれど、今日の工房は絵手紙教室。今日の題材は葡萄と赤唐辛子。こんな絵手紙とともに題材も残されていた。

P1090686w800
P1090683w800

P1090690v800


 ところで、今、茶室の軸は朝顔。この軸を掛けると秀吉と利休の逸話が想い起こされるね。

P1090694w800


| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

命の水

 猛暑の日々が戻って、暑さにはめっぽう弱い主はダウン寸前。気になる仕事は山積みだけれど身体が言うことを効かない。

 こんな時は無理せず・・・・がもっとうだから午後からエアコンの中で横になっていた。

 こんな主のぐうたらな身体にはスポーツドリンクよりも美味い緑茶が何よりの命の水だ。

 夕食後ゆっくりと美味いお茶をいれた。

 少しでも涼しげに萩絵の茶碗と水鳥絵の銘々皿を用意して。茶碗は京焼き、銘々皿は有田焼。

 ちょっと生き返ったように思う。ご馳走様。

P1090676w800

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

猛暑の立秋

 今日は立秋だってさ、、、、、でも猛暑だよ。

 猛暑の立秋でも季節は歩みを進めているようで、工房脇のムラサキシキブには青い実がびっしり。この実が色付くころには涼しくなっているかなぁ。

P1090674w800
 畑ではゴーヤ、トマトが毎日収穫できる。トマトは雨で割れているものが多いし、良く熟れた実にはカナブンが寄ってきて密を吸っている。

 ジャンボカボチャにも沢山の実がついている。このカボチャは奥手だから収穫はもう少し先になるが、実の数は多そう。

Img_0270w800
 

 今日は友人が来窯。昼前から夕方まで楽しく会話が弾んだが、夜、その友人から昔の職場の先輩の訃報が届いた。肺癌だったという。

 ご冥福を祈りたい。  ー合掌ー

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

祈りの季節

 今日は68回目の「ヒロシマ原爆の日」。今年もまた祈りの季節かやって来た。

 あれからもう68年か、、、、、いまだに人類の英知が結集できないのはなぜ?????。悲しいです。

 ノーモア・ヒロシマ、ナガサキ。ノーモア・ヒバクシャ。ノーモア・フクシマ。祈り続けたいと思う。

 さて、今日からまた猛暑が戻った。これからしばらくは太平洋高気圧の上にチベット高気圧が重なって猛暑が続くという。

 みなさん、健康管理には充分注意してください。

 暑中お見舞い申し上げます。。。。。です。

 ナホちゃんの畑では、トマト、ゴーヤが日々熟れて収穫量が増えている。

夕方、夕食用にイエローアコをいくつか摘んできた。完熟で甘いけれど、このところの急な雨で割れているものが目立つのがちょっと残念。

P1090663w800


 ところで、暑さの中でお茶を飲むことを勧めたい。水分補給と食中毒予防。お勧めですよ。

 そのために、こんな茶器セットは如何かな???

P1090671w800

| | コメント (0)

2013年8月 5日 (月)

京焼きの宝瓶

 ちょっとお洒落な京焼きの宝瓶。デザインも変わっれいる。

 宝瓶といえば備前か萩が一般的だが、京焼きでもこんな宝瓶が造られているようだ。

 宝瓶を使うのはこの辺りが多いから東の窯業地ではあまり見ることが無い。ほとんどが横手急須か後ろ手急須だと思う。

 この辺りでは古くから宝瓶が使われてきたから馴染み深いけれど、東の方に行くと宝瓶って何?、、、と聞かれることが多い。

P1090660w800

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

泡瓶=宝瓶

 昨日、シルバーさんに庭の草取りをしてもらった後、ちょっと雨が降って庭に潤いが戻って落ち着いてきた。これで草が生えなければいいのだが、現実はそんなに甘くない。まあ、せめてお盆まではこのままでいてほしいが・・・どうかなぁ~。。。

P1090654w800


 それはともかくとして、今日は一人用宝瓶を持ってきた。主のように独りでお茶をすするにはこの大きさで充分。写真のメダカ茶碗に丁度一杯の大きさだ。

 古い時代には、宝瓶は泡瓶と表示さてれていたようで、今でも時々みかけることがある。なぜ泡なのかわからないが、その方がいいようにも思う。

 落柿窯作「備前おひとり様用宝瓶」。茶碗はメダカ絵。40年ほど前、主が住んでいた商店街のお茶屋さんで購入したもの。いくつか壊れて今は2つが残るだけ。高台内に「一風」と名があるが、陶業地は不明。

P1090659w800

| | コメント (0)

2013年8月 3日 (土)

カラスウリ

 今日は、朝からシルバーさんが母屋の廻りと工房の廻り、それに窯場の廻りの草取りに来てくれた。

 蒸し暑さの中で、5人で4時間かけて無事終了。熱中症にならなくて良かった。これでお盆にご先祖様を迎えられる。

 ところで、今年も工房前の茂みの中でカラスウリが咲きだした。カラスウリは秋に赤い実をつけるはずだが、ここのカラスウリはいまだ赤い実を見たことが無い。今年は見ることができるかな。

P1090648w800
P1090647w800
 さて、今日も蒸し暑さに負けて仕事にならなかった。明日はまた草刈りが待っているし、何時になったら仕事が始まるのか自分でもわからない。しかし、作品は、工房にも展示室にも窯場にも、はたまた母屋にも溢れている。なんとかお嫁に行ってほしいもんだね。

P1090652w800


| | コメント (0)

2013年8月 2日 (金)

蓋物ー夏野菜シリーズ

夏野菜シリーズの蓋物を造っている。備前は湿気に強いから砂糖や塩を入れる器に使うと良いと思う。

 形は、茄子、瓜、カボチャが中心。

P1090644w800_2
 ところで、今日は陶芸教室の日だったが、タイミング良く親類2軒から同時に岡山名産の清水白桃が届いた。

 早速、教室のメンバーで頂いたが、甘くて瑞々しい。それぞれの桃は味に特徴があって、どちらも美味しく頂きましたよ。ご馳走様。

 これらの桃は、少し傷があって出荷できない所謂「食べ料」。完品は高価でとても買えない。家庭で食するのはこれで充分。

P1090645w800_2

 ところで、今日はこのほかにも、メロンあり、スイカあり、スイスのお菓子ありの充実ぶりでお腹一杯。素晴らしい1日でした。

 このところの暑さで主の食欲はずいぶん落ちている。朝はゴーヤジュースを主体に、食パン半分、林檎半分、バナナ半分・・・だけ。昼も夜も食欲が出ない。こんな時に、今日はお腹いっぱいになった。久しぶり。これにも感謝。

P1090641w800




| | コメント (0)

futamono

| | コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

佐藤開運堂

 茶葉が残り少なくなったので、いつものお茶屋さんに行ってきた。岡山市東区西大寺にある「佐藤開運堂」さん。

 このお店の茶葉は美味い。商品の回転が速いのか、いつも新鮮な茶葉が手に入る。・・・といっても主が買うのはいつも「雁が音天下一」。これがまた安くて美味いんだよ。

 今日は許しをもらって店内を写してきたから紹介したい。店内は、お茶と一緒に備前焼を中心に焼き物が所狭しと置かれて販売されている。

 結構、面白い作品や珍しい作品があるから楽しめるよ。それにいつも美味いお茶をご馳走してくれるし、店主と焼き物談義に花が咲くから時間を忘れてしまうほど。今日も楽しいひと時を過ごした。感謝。

P1090639w800
P1090634w800
P1090637w800
P1090640w800



| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »