« 初日の出は雲の向こう | トップページ | ついに携帯からアイフォンへ »

2012年1月 1日 (日)

元旦から轆轤

 元旦は暇。初詣に行くでなし、いつもごろごろするばかりだから、今年の元旦は少し動くことにした。

 初日の出を拝んで、大福茶を楽しんだ後、お雑煮をいただいた。

P1020929w800 餅好きの主は、雑煮が何よりうれしい正月料理。

 澄まし汁に餅、青野菜、にんじん、蒲鉾だけのシンプル雑煮だ。

 元旦は三食これで行く。

 雑煮の後、母屋と工房のカレンダーを2012年版に変えた。

P1020927v800 落柿窯のカレンダーはいただき物ばかりだが、特に、このカレンダーと下の写真のカレンダーがお気に入り。

P1020924v800_2 左の物は沖縄の版画家ボク年ネンさんの版画カレンダー。

 夏花ちゃんからのプレゼントだ。

 右の物は陶芸用品のお店でいつもいただく深井和子さんの詩画集カレンダー。

 どちらもカレンダーの枠を超えているように思う。

 午後、轆轤を回して鉢を挽いた。

P1020938w800_2 尺ほどの輪花鉢。

 特に何を造ろうというのでもなくて、想いのままに轆轤を回したらこんなのが出来た。

P1020939w800_2 もう一枚は少し浅めの輪花鉢。

 今年も趣くままに仕事することになりそうだ。

|

« 初日の出は雲の向こう | トップページ | ついに携帯からアイフォンへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初日の出は雲の向こう | トップページ | ついに携帯からアイフォンへ »