« 夏の酒器 | トップページ | 左利き »

2011年6月23日 (木)

6,23ー沖縄慰霊の日

P1000707w800

 蒸し暑い真夏日の今日、66年目の「沖縄慰霊の日」を迎えた。戦後66年経っても未だ沖縄の犠牲は解決していない。基地の島沖縄を思うと心が痛む。

 いつも庶民が犠牲になる。沖縄はその最たるものだったけれど、今度の原発事故でもやはり庶民が一番に被爆の犠牲になっているように思えてならない。

 平和を祈りながら、この国が庶民を犠牲にしない国になることを祈るばかりだ。

 それにしてもこの蒸し暑さは何だ。昨日、今日と前線が東北まであがって太平洋高気圧が張り出している気圧配置だが、高気圧の縁を回って湿った暑い気流がどんどん流れ込んでいる。

 湿度が高いから汗が乾かない。熱中症になりやすい状況だから充分注意しよう。

 節電キャンペーンが展開される中、みんな魘されたように節電を叫んでいるけれど、昭和30年代と今の気候は明らかに違うから無理して昔に返ることはかえって危険だと思う。冷静に考えよう。

 さて、今日は工房も例外なく蒸し暑かった。このままだと仕事にならないから緩くエアコンをかけて扇風機で風を回した。これでずいぶん蒸し暑さが違う。

P1000704w800  今日の仕事の一つ目がこの宝瓶。

 今回造っている宝瓶では一番小さいが、一番格好が良い。

 作っているとだんだん手が馴れて良くなって来るのが普通だから、しばらく宝瓶を作っていこうと思っている。

P1000709w800  二つ目がこの片手急須。

 この急須もずいぶん小さい。

 おひとり様用よりもっと小さいと思う。

 湯飲みでは一杯にならないはず。煎茶碗2つか3つ分ほどだと思う。

 こんな小さな急須にたっぷりの茶葉を入れて冷水を注ぎ、ゆっくり抽出する水出し煎茶はとても美味い。

 これも夏の楽しみ方だ。

|

« 夏の酒器 | トップページ | 左利き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の酒器 | トップページ | 左利き »