« 季節の花 | トップページ | 飾板を削る »

2010年7月10日 (土)

蚊取り

 このところ随分蚊が増えた。特に落柿窯の庭には草木が多いから蚊も多い。ちょっと草を抜いただけでも蚊に刺される始末。

 工房で轆轤を廻していても油断ができない。思わず泥だらけの手を振り回すことになる。

 そこで、工房には持ち運びが簡単で何処にでも置ける電池式蚊取り器を置いた。

P1030462w800  先日、近くのホームセンターで購入した電池式蚊取り器。一日8時間の使用で150日持つという優れもの。

 電池で小さなファンが回転して薬剤を撒き散らす仕組みだ。

 この蚊取り器は、電池と薬剤が一体になっているから電池と薬剤を別々に交換する必要がない。セットになっているカートリッジを入れるだけだから不精な主でも何とかできる。

 工房はこれでよいが、母屋の庭の蚊もひどいから、今日は庭のお化け灯篭の火袋に蚊取り線香を置いてみた。

P1030456w800  これで少しは蚊が退治できると良いが、外だから煙は流れてしまうだろう。 

P1030459w800  主が子供の頃は網戸なんかなかったから蚊帳が大活躍していたけれど、今は蚊帳を吊ることなど全く無くなった。

 それでも昔に比べて蚊は多いように思う。

 今、外で夕涼みなどしようものなら蚊まみれになってしまうだろう。なんだか変だ。

|

« 季節の花 | トップページ | 飾板を削る »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。